人生にゲームをプラスするメディア

iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは

『零 濡烏ノ巫女』のゲームデザインや『レイトン教授と悪魔の箱』のシナリオなど、様々なタイトルに関わり幅広く活躍する24Frameの新作です。

モバイル・スマートフォン iPhone
iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは
  • iOSアプリ『サバイバールPG』から滲み出てる狂気、「新たなゲーム実況体験」とは


24Frameが、iOSアプリ『サバイバールPG』をリリースしました。

『零 濡烏ノ巫女』のゲームデザインや『レイトン教授と悪魔の箱』のシナリオなど、様々なタイトルに関わり幅広く活躍する24Frame。その実績や経験を活かし、「現代的な刺激のあるゲームデザインを持ったゲームを作りたい」との考えから制作に臨んだのが、『サバイバールPG』です。

本作は「ゲーム実況」をゲーム性として取り入れた個性的なタイトルとなっており、実況に関わるシステム(その一部を特許出願中)を用いた技術的な角度からも、独自のプレイ感覚を味わえる一作となっています。

絶海の孤島を舞台に、他のプレイヤーや巨大なボスと壮絶な戦いを繰り広げ、生き延びたサバイバル日数を競う本作。しかもボスとのバトルは、闘う自分の晴れ姿が世界に向けて自動的に実況されます。



「新たなゲーム実況体験」を味わえる、ユニークさと斬新さを併せ持つ『サバイバールPG』。その魅力を実感するには、まず体験してみるのが一番の近道かもしれません。気になる方は、早速始めてみてはいかがでしょうか。

◆おはなしと出るモノ


陸の孤島に閉じ込められた主人公は、ヒツジ教官と呼ばれる男に謎の首輪をつけられ、生き残りを賭けたサバイバルゲームを強要される。

スミツキと呼ばれる原住民とは?
かつて存在したというニンゲンとは?
島からの脱出を目指して、1000日生き残れるか!?

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『サバイバールPG』は配信中で、基本無料のアイテム課金制です。

(C)24Frame ALL RIGHTS RESERVED.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アークザラッド R』2周年記念、開発者特別座談会・前編―トリビュート・アレクの真相、「トキワタリノ方舟」と第6章に秘められた関連性は?

    『アークザラッド R』2周年記念、開発者特別座談会・前編―トリビュート・アレクの真相、「トキワタリノ方舟」と第6章に秘められた関連性は?

  2. シリーズ10周年記念!『ビーナスイレブンびびっど!』キャラクター衣装デザインコンテストが開催決定―インサイドちゃんも審査員に

    シリーズ10周年記念!『ビーナスイレブンびびっど!』キャラクター衣装デザインコンテストが開催決定―インサイドちゃんも審査員に

  3. 落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【西日本編】

    落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【西日本編】

  4. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  5. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  6. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  7. 落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【東日本編】

  8. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  9. 『ラクガキ キングダム』絵を描けるだけじゃない!リプレイ性の高い育成シナリオやバトルにもハマったCBTプレイレポ

  10. 「ふしぎなアメ」や貴重なポケモン大量獲得のチャンス!8月16日のメイクアップイベントで後悔しない為に準備しておくべきこと【ポケモンGO 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る