人生にゲームをプラスするメディア

実写映画「忍者じゃじゃ丸くん」に本物の忍者が!?匠馬敏郎、脇崎智史、清水一哉が出演決定

株式会社ギルドは、懐かしのファミコンソフトを実写化した本格アクション映画「忍者じゃじゃ丸くん」の第4弾キャストを発表しました。

その他 全般
制作快調!実写映画「忍者じゃじゃ丸くん」
  • 制作快調!実写映画「忍者じゃじゃ丸くん」
  • 匠馬敏郎(「アレクサンダー龍」役)
  • 脇崎智史(「ぽろり」役)
  • 清水一哉(「忍びの里の御館」役)
株式会社ギルドは、懐かしのファミコンソフトを実写化した本格アクション映画「忍者じゃじゃ丸くん」の第4弾キャストを発表しました。

2014年11月に発表され話題となったファミコンソフト『忍者じゃじゃ丸くん』の実写映画化。本格アクション映画を制作するために、主要キャストは昨年9月に500名を超えるアクションオーディションが行われ、アクションシーンのクオリティを高めるためにクラウドファンディングを実施するなど意欲的に作品制作が進んでいます。


第4弾キャストとして、「TOKYO TRIBE」「忍者虎影」でアクション監督を務める匠馬敏郎さん、テレビドラマや映画で活躍する脇崎智史さん、世界で活躍する俳優・清水一哉さんの3名が発表されました。

◆映画「忍者じゃじゃ丸くん」新キャスト


■匠馬敏郎(「アレクサンダー龍」役)

「じゃじゃ丸」が憧れるヒーロー「アレクサンダー龍」を演じるのは海外のメディアにも注目されている本物の“忍者”匠馬敏郎さん。近年では映画やドラマのアクション監督をこなすなど“忍者”の枠を越えた活動も行っており、園子温監督「TOKYO TRIBE」や、西村善廣監督「忍者虎影」にアクション監督として参加するなど、映画人としても活躍しています。

■脇崎智史(「ぽろり」役)

「じゃじゃ丸」の世話係「ぽろり」を演じるのは、俳優の脇崎智史さん。「ULTARASEVEN X」や「新撰組PEACEMAKER」に出演しているほか、近年では本格時代劇映画「蠢動 -しゅんどう-」で主演を果たしてします。

■清水一哉(「忍びの里の御館」役)

“忍びの里”の「御館」を演じるのは倉田プロモーションでアクションを学び、その活動を香港、韓国、アメリカなど世界に広げる本格アクション俳優・清水一哉さん。ジャッキー・チェンやジャン・クロード・ヴァンダムとも交流があり、そのアクションの腕は世界標準。俳優業のほかでは、「ウルトラマン」シリーズのスーツアクター、ドラマや映画のアクション監督、「世界の果てまでイッテQ」では内村光良さんが香港アクションを披露したカレンダープロジェクトに参加するなど幅広い活躍を見せています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

日本を代表するアクション俳優の出演が続々と決定している実写版「忍者じゃじゃ丸くん」。「Motion Gallery」のクラウドファンディングプロジェクトはまだまだ実施中ですので、興味がある方はぜひ応援してみてください。

(C)2013劇場版「忍者じゃじゃ丸くん」製作委員会
(C)CLARICE GAMES
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】スイッチ本体の高騰・品薄に関心集中─『あつまれ どうぶつの森』カブ取引やイースターのたまごなどに迫る特集も話題に

    【週刊インサイド】スイッチ本体の高騰・品薄に関心集中─『あつまれ どうぶつの森』カブ取引やイースターのたまごなどに迫る特集も話題に

  2. ゲーム19XX~20XX第17回:『FFVII』発売の年にして、数々の革命的作品が登場した1997年のゲームに注目!

  3. 舞元啓介主催「にじさんじ最強雀士決定戦」が4月12日開催決定!優勝ライバーは誰だ【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る