人生にゲームをプラスするメディア

【消滅都市攻略】ドラマチックストーリーとランゲームが一度に楽しめる『消滅都市』で謎を追え(第1回)

SKIPできない、したくない、いやむしろ禁止したいストーリーが展開されるドラマアクションRPG『消滅都市』。攻略連載1回目は、その魅力に迫ります。

モバイル・スマートフォン iPhone
主人公の運び屋タクヤと謎の少女ユキ
  • 主人公の運び屋タクヤと謎の少女ユキ
  • スクーターをかっ飛ばすランゲーム
  • 臨場感溢れるミニストーリー
  • バトルでは、紫や青などの「スフィア」を集めていく
  • 芸能人の「タマシイ」
  • 個性豊かな「タマシイ」たちでチームを組む
SKIPできない、したくない、いやむしろ禁止したいストーリーが展開されるドラマアクションRPG『消滅都市』。攻略連載1回目は、その魅力に迫ります。

『消滅都市』の良さと言えば、ストーリーです。消滅した都市の謎をめぐるストーリーはハラハラドキドキで気になるし、BGMは切ないしで、心にグイグイ来る仕様となっておりますよ! そんなストーリーにプラスされているのが、スピーディーなランゲーム。このランゲームが、しっかりと主人公の設定が活かされたものになっているのです。ストーリーにドキドキワクワクしながら、スピーディーなランゲームが楽しめるなんて生きてて良かった! なのです。



◆『消滅都市』の世界



主人公の運び屋タクヤと謎の少女ユキ


とある都市が消滅した世界で、主人公の運び屋タクヤ(CV:杉田智和)は謎の少女ユキ(CV:花澤香菜)と出会います。依頼によって、ユキと共に突如消えた都市を目指すことになったタクヤは、個性豊かなキャラクターたちと数々の困難を乗り越えていくことになります。


スクーターをかっ飛ばすランゲーム


そして、数々の困難の大本になっているのが「謎の組織」です。タクヤとユキの邪魔をする「謎の組織」とのバトルは、ランゲーム。そうです、そうなんです。タクヤの運び屋という職業が、これでもかと活かされているんです。ユキを乗せて、スクーターをかっ飛ばすタクヤが格好良すぎるバトルになっています。

臨場感溢れるミニストーリー


バトル中には、臨場感溢れるミニストーリーが挟まれます。このミニストーリーには、『消滅都市』をよりドラマチックなものにする効果が! ランゲームの間に、熱いミニストーリーを入れ込んでくるとはやるな! という感じです。

◆『消滅都市』のバトル



バトルでは、紫や青などの「スフィア」を集めていく


バトルとなるランゲームは、タップとスワイプで操作するシンプルなもの。敵は、主に謎の組織が呼び出した「タマシイ」と呼ばれるキャラクターです。障害物を避け、攻撃をするために必要な「スフィア」というアイテムを集めながら、「タマシイ」と戦っていきます。

芸能人の「タマシイ」

個性豊かな「タマシイ」たちでチームを組む


バトルでは、こちらも「タマシイ」をセットして、チームを組みます。この「タマシイ」は、御曹司だったり、芸能人だったりと、個性豊かな奴らばかりです。スクーターを走らせながらタイミング良く、面白くておかしなタマシイたちのスキルをぶっ放したりと戦略性もアリ。バトル中には、スフィアを集めるアイテムやスクーターをダメージから守ってくれるアイテムなども出現します。

テンションの上がるBGMとともに、スクーターを操作していると、気分はタクヤそのもの。「やってやるぜ!」と熱く燃えながら、プレイできます。そして、スクーターの操作テクニックを上げるために、何度もチャレンジしてしまいます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


心揺さぶるストーリーとBGMに、スクーターが疾走するバトルが楽しめる『消滅都市』。次回からは、攻略がスタートしますよっ。

『消滅都市』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。



(C) Wright Flyer Studios

byさかまきうさろーる
ファミコンのA/Bボタンが四角だった頃からのゲーム好き。最近はAndroidにご執心。のんびりライターとして活動しながら、ゲームをプレイ中。ときどきすれ違いを求めて、3DS片手に福岡を徘徊しています。
Twitter:@sakaroll
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. イオンが『ポケモン GO』から撤退、2月末で全てのジムを消去ー2016年12月から続いたコラボに幕

    イオンが『ポケモン GO』から撤退、2月末で全てのジムを消去ー2016年12月から続いたコラボに幕

  2. 田村ゆかりさん演じる博多弁マリィが「いえーい!」―『ポケモンマスターズ EX』ガラル地方より「ダンデ」と「マリィ」が登場

    田村ゆかりさん演じる博多弁マリィが「いえーい!」―『ポケモンマスターズ EX』ガラル地方より「ダンデ」と「マリィ」が登場

  3. 『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

    『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

  4. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  5. 圧倒的な3Dグラフィックで魅せる『ウマ娘 プリティーダービー』プレイレポートーウマ娘のレースとライブのギャップにメロメロになりそう

  6. 『ヴァルキリーアナトミア ‐ジ・オリジン‐』4月27日(火)にサービス終了―3月22日にエンディングシナリオを追加

  7. 『ウマ娘 プリティーダービー』個別の配信ガイドラインが公開!―トレーナーは2018年発信の“モチーフ元の競走馬へのリスペクト”も忘れるなかれ

  8. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  9. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  10. 『アズレン』衝撃グッズ「樫野の等身大おっぱいマウスパッド」が1893個を売り上げる!反対から読むと「サンキューパイ」になる奇跡まで…

アクセスランキングをもっと見る