人生にゲームをプラスするメディア

「東方Project」のPS Vita展開が正式始動!まずはテーマが配信され、後に二次創作ゲームも

ソニー PSV

「東方Project」のPS Vita展開が正式始動!まずはテーマが配信され、後に二次創作ゲームも
  • 「東方Project」のPS Vita展開が正式始動!まずはテーマが配信され、後に二次創作ゲームも
  • 「東方Project」のPS Vita展開が正式始動!まずはテーマが配信され、後に二次創作ゲームも
  • 「東方Project」のPS Vita展開が正式始動!まずはテーマが配信され、後に二次創作ゲームも
  • 「東方Project」のPS Vita展開が正式始動!まずはテーマが配信され、後に二次創作ゲームも
  • 「東方Project」のPS Vita展開が正式始動!まずはテーマが配信され、後に二次創作ゲームも
  • 「東方Project」のPS Vita展開が正式始動!まずはテーマが配信され、後に二次創作ゲームも
  • 「東方Project」のPS Vita展開が正式始動!まずはテーマが配信され、後に二次創作ゲームも
  • 「東方Project」のPS Vita展開が正式始動!まずはテーマが配信され、後に二次創作ゲームも
メディアスケープは、"Play,Doujin!"プロジェクトの正式始動を発表しました。また、その活動の一環として、「東方Project」のPS Vita向けテーマを配信します。

"Play,Doujin!"プロジェクトは、「東方Project」のファン創作タイトルも含めたさまざまな同人ゲームをPlayStationプラットフォーム向けにパブリッシュするという企画です。

今回は、「東方Project」の世界観を表現したPS Vita向けテーマが12月18日より配信されることが発表。配信されるのは「幻想郷四季・冬」と、サークルCUBETYPEの同名作品をベースとした「幻想の輪舞」の2種類となります。

■幻想郷四季・冬 価格:432円(税込)12月18日配信


「東方 Project」の舞台「幻想郷」をモチーフとしたPS Vita向けカスタムテーマ。「東方Project」ジャンルで活躍している同人サークルの協力により、季節折々のキャラクターが描かれています。また、今後に「春」「夏」「秋」などのテーマを1年に渡りリリースする予定とのこと。

●イラスト参加
・高菜しんの(サークル「GP-KID」、スタート画面担当)
・一葉モカ(サークル「ショコラテ」、ホーム画面担当)
・さとうきび(サークル「栗米湯」、ホーム画面担当)
・里村響(サークル「まりおねっと装甲猟兵」、ホーム画面担当)
・葉庭(サークル「葉庭の出店」、ホーム画面担当)
・みずきひとし(サークル「STUDIOはまち組」、ホーム画面担当)
・茜屋(サークル「茜屋ぐーたら店」、アイコン担当)

●楽曲参加
・Rin(サークル「クロネコラウンジ」)

■幻想の輪舞(ロンド) 価格:432円(税込)12月18日配信


サークル「CUBETYPE」の同名ゲームをベースにした PS Vita向けカスタムテーマ。作品に登場するキャラクターを大きく配置しており、キャラクターを楽しめるデザインでありつつ実用性を兼ね揃えているとのこと。また、ホーム画面BGMも専用のものが収録されています。

◆"Play,Doujin!"参加サークル


さらに、"Play,Doujin!"プロジェクトの参加サークルへ、新たに「CUBETYPE」が加わったことも発表されました。「CUBETYPE」は、前述のタイトル『幻想の輪舞』や3Dグラフィックを駆使した東方創作ゲームをリリースしており、ハイエンドな東方創作ゲームもPlayStationプラットフォーム上で展開する予定とのこと。

なお、12月18日版の参加サークル一覧は以下のようになります。

■AQUA STYLE(アクアスタイル)

発売予定タイトル:『不思議の幻想郷』(仮題)
プラットフォーム:PS Vita
ジャンル:ローグライク / 東方二次創作


ランダム生成の迷路を踏破するローグライクゲーム。5年経った今でも続編が出ているAQUA STYLEの看板タイトルで、2009年にシリーズ第1作が頒布されてから多くのファンに愛されているとのこと。

■苺坊主(いちごぼうず)

発売予定タイトル:『東方蒼神縁起』(仮題)
プラットフォーム:PS Vita
ジャンル:RPG / 東方二次創作


陣形・スキル割り振りなどの要素を備えたRPG。愛らしく美しいグラフィックによって表現される東方の世界観も見所とのこと。

■領域ZERO(りょういきゼロ)

発売予定タイトル:『東方スカイアリーナ祭』(仮題)
プラットフォーム:未定
ジャンル:3Dハイテンションスペルバトルアクション / 東方二次創作


空中を華麗に飛びながら弾を撃ち合い斬り結ぶ高速バトルアクション。最大4人での対戦プレイが可能で、BGMの展開とキャラクター性能が同期するシステム「テンションシステム」が搭載されています。

■CUBETYPE(キューブタイプ)

発売予定タイトル:『幻想の輪舞』(仮題)
プラットフォーム:PS4
ジャンル:弾幕アクション


「こっちもボス、あっちもボスの弾幕バトル」をコンセプトにした見下ろし画面の弾幕アクション。通常攻撃・近接攻撃・スペルカードで戦略を組み戦う内容になっており、PC版ではふたり対戦やネットワークでのオンライン対戦に対応しているとのこと。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

    PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  4. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  5. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  6. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  7. 『モンハン:ワールド』魔獣「ベヒーモス」に挑め!無料大型アップデート第4弾配信開始

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  10. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

アクセスランキングをもっと見る