人生にゲームをプラスするメディア

モバイルゲームがAAAタイトルを凌駕!Googleから「2014年に最も検索されたゲーム TOP5」が発表

Googleより、「2014年に最も検索されたゲーム」TOP5が発表されました。AAAからインディーまで、人気ゲームタイトルが多数登場した2014年を振り返る統計情報も公開されています。

その他 全般
Googleより、「2014年に最も検索されたゲーム」TOP5が発表されました。AAAからインディーまで、人気ゲームタイトルが多数登場した2014年を振り返る統計情報も公開されています。

Googleが発表した「Years in Serch 検索で振り返る2014」では、ワールドカップ ブラジル大会やファレル・ウィリアムス、セルフィー(自撮り)やエボラウィルスなど、2014年で多く検索されたワードを多数紹介されています。ポップカルチャージャンルの中では最も検索されたゲームタイトル達が挙げられており、3位はBungie開発の大作シューター『Destiny』、2位となったのはお手軽パズルゲーム『2048』、そして1位には『Flappy Bird』が君臨しています。

Googleによれば、『Flappy Bird』の人気がピークに達していた頃には『Destiny』を倍以上になるトレンド力を誇っていたとのこと。タップのみというシンプル操作であるにも関わらず、『Flappy Bird』の攻略法を検索するユーザーも多数見られていたようです。

そして上位3タイトルに続くのは『Fifa 15』『Titanfall』の2タイトル。モバイル向けゲームが人気タイトル達を追い抜く結果となりましたが、モバイルゲームジャンルに比べ、カードゲームの検索数が最も多かったことも伝えられています。また、「子ども向け ゲーム」や「男子向け ゲーム」と言った検索ワードよりも「女子向け ゲーム」の検索数が増加していた模様です。
《subimago》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ゲームの都」を目指してー”オモシロイ”を創造する仙台市発のビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

    「ゲームの都」を目指してー”オモシロイ”を創造する仙台市発のビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

  2. 生き残るのは誰だ…!?大型VTuber企画『THE MENTAL JUDGE』第二弾が9月29日に開催決定

    生き残るのは誰だ…!?大型VTuber企画『THE MENTAL JUDGE』第二弾が9月29日に開催決定

  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」新作短編が発表―10月31日発売「ザ・スニーカーLEGEND」に掲載

    「涼宮ハルヒの憂鬱」新作短編が発表―10月31日発売「ザ・スニーカーLEGEND」に掲載

  4. 30万人まで後一歩!歴代最高の来場者数だったTGS2018、何が一番よかった?【読者アンケート】

  5. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  8. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る