人生にゲームをプラスするメディア

ほぼ日から『どうぶつの森』開発チームがデザインしたハラマキと、『MOTHER』ハラマキの新デザインが登場

ほぼ日刊イトイ新聞は、『とびだせ どうぶつの森』と『MOTHER』のハラマキを発表しました。

その他 全般
どうぶつの森(とたけけ)
  • どうぶつの森(とたけけ)
  • どうぶつの森(もりのせいかつ)
  • MOTHER(Teleport Crash)
  • MOTHER(SMAAAASH!!)
ほぼ日刊イトイ新聞は、『とびだせ どうぶつの森』と『MOTHER』のハラマキを発表しました。

ほぼ日刊イトイ新聞のハラマキは、2001年から作り続けてられているハラマキです。その新作として、『とびだせ どうぶつの森』の開発チームがデザインしたハラマキが登場します。

デザインは、商品のパッケージなどをデザインするチームが担当。ハラマキのデザインを依頼され、嬉しかったという開発チームからは、たくさんのデザイン案が届けられ、ハラマキにはその中から2種類が選ばれました。因みに、ゲームの開発を手がけるチームが商品のデザインをすることは、非常にめずらしいことです。

また、『MOTHER』をモチーフにしたハラマキにも、新デザインが追加されます。

◆『とびだせ どうぶつの森』シリーズ ハラマキ


■どうぶつの森(とたけけ)


■どうぶつの森(もりのせいかつ)

◆『MOTHER』シリーズ ハラマキ



■MOTHER(Teleport Crash)


■MOTHER(SMAAAASH!!)


◆販売方法


期間は12月17日11時からで、ほぼ日刊イトイ新聞(http://www.1101.com/store/haramaki/2014_winter/index.html)にて数量限定で販売。価格はF/S/XSサイズが各3,672円(税込)で、子供用のCサイズが3,132円(税込)です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

今年の冬は、『とびだせ どうぶつの森』と『MOTHER』のハラマキを巻いて、寒さを吹き飛ばしましょう。

(C)2012 Nintendo
(C)1994 Nintendo/APE inc.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

    「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

  2. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

  3. 『メタルギアソリッド』がボードゲーム化!E3 2019でプレイお披露目予定

  4. 『スマブラSP』や『ポケモン ピカ・ブイ』にも使える! ペイパルの“500円クーポン”でDLソフトをお得にゲット

アクセスランキングをもっと見る