人生にゲームをプラスするメディア

兵器となった少年少女で日本を奪還するSRPG『V.D.』サービス開始…土田俊郎と下村陽子を起用

PCゲーム オンラインゲーム

V.D.-バニッシュメント・デイ-
  • V.D.-バニッシュメント・デイ-
  • 兵器となった少年少女で日本を奪還するSRPG『V.D.』サービス開始…土田俊郎と下村陽子を起用
  • 兵器となった少年少女で日本を奪還するSRPG『V.D.』サービス開始…土田俊郎と下村陽子を起用
  • 兵器となった少年少女で日本を奪還するSRPG『V.D.』サービス開始…土田俊郎と下村陽子を起用
  • 兵器となった少年少女で日本を奪還するSRPG『V.D.』サービス開始…土田俊郎と下村陽子を起用
  • 兵器となった少年少女で日本を奪還するSRPG『V.D.』サービス開始…土田俊郎と下村陽子を起用
  • 兵器となった少年少女で日本を奪還するSRPG『V.D.』サービス開始…土田俊郎と下村陽子を起用
  • 兵器となった少年少女で日本を奪還するSRPG『V.D.』サービス開始…土田俊郎と下村陽子を起用
DMM.comは、ブラウザゲーム『V.D.-バニッシュメント・デイ-(V.D.)』のサービスを開しました。

『V.D.』は、突如消えた日本列島を舞台に、少年少女たちの成長と葛藤を重厚なストーリーで綴りるタクティカルバトルRPGです。カスタマイズなど全てが戦闘の勝敗に影響するゲームバランスで、プロデューサーに土田俊郎氏、音楽に下村陽子氏を起用しています。



本作は第一期、第二期と二度に渡るクローズドβテストが実施され、総勢15,500名のテスターが参加。数多くのテスターから寄せられた意見を踏まえ、CBTより大幅に進化・改修が行われました。


◆ストーリー




2023年 某月
日本列島を連鎖的な大地震が襲い、全国各地に未曾有の被害をもたらした。
そして、その地震の直後信じられない事態が発覚し、世界を混乱させた。
日本列島が跡形も無く消滅していたのである。
各国はあらゆる手段で日本へのアクセスを試みたがすべてが無駄に終わった。

―しかし、これは事件の始まりに過ぎなかった。

日本が消滅してから数日後、レイマン・インダストリーと名乗る企業から全世界に向けて、驚くべき内容の声明が発表されたのである。

全世界の古き人類に告ぐ。
現在日本は、この世界とは別の時空間内に存在しており、我がレイマン・インダストリーの管理下に置かれている。

我らはある目的のため、日本とその国民を奪取した。
その目的が達成されるまで、いかなる国であろうと、日本への干渉を 行うことはできない。
もし、我らに反抗しようと言う国があるのならば日本と同じ道を歩むと理解していただきたい。
我々にはそれを成せるだけの技術力と武力がある。

―そして、地震発生から半年後の日本。

◆登場キャラクターの情報を解禁


今回のサービスインに合わせて公式HPも更新。新たに7名のキャラクター情報が公開されています。

■三鷹 由香里 (CV:古川小百合)


東京出身。礼儀の正しいお嬢様だが、大人しそうな容姿とは逆に、何事にも物怖じしない性格。冷静な言動が多く、冷たい性格に見られがちだが、自分から嫌な役割を引き受けようとしている。

■名取 千春 (CV:山本希望)


宮城出身。おっとりとした内気な性格で、言いたいことがうまく言えず、大事なことも、姉に意見を求めて決めてもらう事が多い。姉の事が大好きで、周りからはシスコンと馬鹿にされている。

■能代 菜月 (CV:小林ゆう)


秋田出身。強襲班のナンバー2。落ち着いたクールな大人の女性にあこがれているが、性格は子供っぽく、飽きっぽい。おだてられると、イヤとは言えない性格。

■大井 こころ (CV:大西沙織)


静岡出身。いつもマイペースで、感情をあまり表に出さない。余計な会話はあまりしないが、仲間へのツッコミは的確に入れる。実は義理や人情に弱い。

■名取 穂香 (CV:巽悠衣子)


宮城出身。外見的に、妹にくらべて大人しく幼く見られることがあるが、実は強気できっちりとした性格。常に理想のお姉さんになろうと頑張ってきた。世話焼きで、小さい子供と妹が好き。

■春日 恭子 かすが きょうこ(CV:藤屋裕子)


福岡出身。生真面目で、冗談はあまり通じない委員長タイプ。男子に負けることを極端に嫌い、特に男子には気が強く、短気な面を見せる。実はプレッシャーに弱い一面も。

■南陽 りこ (CV:内田真礼)


山形出身。小柄だが運動神経が良く、はきはきとした性格。ただ、あまり周りの空気を読まない言動が多い。ゲームが得意で、ネットでも有名なゲーマーとしての一面を持っている。

■昭島 千尋 (CV:南條愛乃)
東京出身。本部から主人公のオブザーバーとして配属され作戦や施設の説明、生徒たちのフォローなど、常に主人公と行動を共にする。面倒見のよいお姉さんタイプで、その笑顔に皆が癒される。

■室戸 彩花 (CV:矢作紗友里)


高知出身。まじめな性格だが、おっちょこちょいで忘れっぽく、何かとメモを取ろうとする癖がある。好きな物は猫と和菓子。各地で発生した地震による被害者たちの救助を手伝いつつ、他の民間人と共に政府の支援を待っていたが、C.M.S.に救助され、過去の経歴を買われて新規に組織された特隊生の指揮を任されることとなる。

■亀岡 凛太朗 (CV:柊 唯也)


京都出身。小学校のときに鹿児島に引っ越してきた。ガサツで喧嘩っ早い。乱暴な言葉づかいで、人を選ばずズケズケとモノを言う。その為、敵を作りやすく嫌われるタイプなのだが行動力があり、周りからも一目置かれている。

◆ゲームが大幅改修!



第一期、第二期と合計約15,500人のテスターによりクローズドβテストが行われた本作。大勢のテスターから寄せられた意見を参考にゲーム難易度のバランスからゲームストーリーのテンポ、さらには仕様まで修正が加えられています。

◆好評だった「音楽」がさらにバージョンアップ!


クローズβテスト時、好評だった「音楽」っがさらにバージョンアップ。管楽器、弦楽器はもちろん、鳴り物まで、全て生のオーケストラを使用し音楽に厚みをプラス。

ブラウザゲームのレベルを超えた音楽に仕上げられているとのことです。プレイ時はヘッドフォン、もしくは良い音響環境でのプレイがオススメ。

◆主な改修ポイント



■システムの改善
・ロストシステムの削除
・メディックの登場タイミングを序盤に変更
・増援機能の解放タイミングの変更
・一部ミッション内容の変更
・一部トライアルの達成条件の修正
・序盤でのスカウト可能なキャラクターの増加
・序盤での開発可能な装備品の増加

■バランス調整
・各クエストのスタミナ消費量見直し
・クエスト報酬量やミッション報酬量の見直し
・各ボス出現クエストの難易度の見直し
・バトルバランスの調整
・武器・防具・キャラクターのパラメータ見直し
・一部キャラクターのスキル、必殺技の見直し
・非ストーリークエストの経験値効率UPおよびカテゴリーの増加

■メニューなどの改善
・全般にわたり、UIに関しての改善を行っております。
・ミッション画面の表示改善
・チュートリアルの修正
・ローディング中のTips表示
・新キャラクターがスカウトに追加された際の表示追加
・新装備品が開発に追加された際の表示追加
・ポイント所持上限がわかるようにバー表示を追加
・バトルにて敵の詳細が確認出来るよう表示追加
・バトルにて攻撃可能範囲が確認出来るよう表示追加
・バトルにて回復可能範囲が確認出来るよう表示追加
・バトルにて対象を選択しやすいように修正
・宝箱の内容をわかりやすいように修正
・強化画面表示の改善
・装備画面表示の改善

■その他
・序盤の展開をテンポアップするようシナリオを調整

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『V.D.-バニッシュメント・デイ-(V.D.)』は好評サービス中。料金は基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(C)DMM.com POWERCHORD STUDIO / GCRAFT, Inc.
Development by GCRAFT, Inc. / fuzz, Inc.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 6周年を迎えた『PSO2』クラウド版の反響や7周年に向けての意気込みは?酒井P&濱﨑Dに訊く

    6周年を迎えた『PSO2』クラウド版の反響や7周年に向けての意気込みは?酒井P&濱﨑Dに訊く

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. 伝説級ホラーゲーム『P.T.』を17歳のファンがリメイク、ゲームプレイの忠実な再現を目指す

    伝説級ホラーゲーム『P.T.』を17歳のファンがリメイク、ゲームプレイの忠実な再現を目指す

  4. Steam、ニンテンドースイッチProコントローラーにも対応へ―多数のPCゲームで利用可能に

  5. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  6. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  7. PC『シムシティ 2000』が無料で配布中!クラシックな街作りシミュを今すぐゲット

  8. 『龍が如く0 誓いの場所』、『龍が如く極』PC版発表!日本語も収録【E3 2018】

  9. 『PUBG』2018年の開発ロードマップが近く公開、アムステルダムで最終調整

アクセスランキングをもっと見る