人生にゲームをプラスするメディア

11月は任天堂コンソールにとって素晴らしい月だった ─ 米国任天堂が『ポケモンORAS』などの売上を発表

米国任天堂は、11月は任天堂コンソールにとって非常に素晴らしい月であったと発表し、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』や『大乱闘スマッシュブラザーズ』の現在までの売上について報告しました。

任天堂 3DS
『ポケモンORAS』、『スマブラ for  Wii U』、amiiboのロンチイベント会場となったNYのNintendo World Store
  • 『ポケモンORAS』、『スマブラ for  Wii U』、amiiboのロンチイベント会場となったNYのNintendo World Store
  • ロンチイベントを待つファンたちの長い列
米国任天堂は、11月は任天堂コンソールにとって非常に素晴らしい月であったと発表し、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』や『大乱闘スマッシュブラザーズ』の現在までの売上について報告しました。

まずは米国でも11月21日に発売された『ポケモンORAS』から。 ロンチから10日で150万本の売上げを達成しており、これにはパッケージとDL版の両方が含まれています。

同タイトルはすでに世界出荷本数が770万本を突破しており、その人気は日本のみならず全世界で健在であることが証明されました。

また、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』は、ロンチから現在までに150万本を販売。 2014年に米国で最も売れた携帯機向けタイトルとなりました。

『ポケモンORAS』と同日にロンチを迎えた『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』は、71万本を販売。 同時にデビューしたamiiboは、リンクとマリオ、そしてピカチュウの人気が非常に高いことも報告されています。

米国の11月は、任天堂コンソールにとって非常に高い売上を達成した月であり、Wii U本体は前年比で10%アップ、ソフトは90%もの伸びを見せています。 特に11月23日の週は、2012年のロンチ以来、もっとも本体の売上が高かった週であるとしています。

さらに、ニンテンドー3DS向けソフトも前年比で40%アップと、こちらもとどまることを知らない人気ぶりで、クリスマスホリデーに向け、このまま勢いが衰えないことに期待したいところです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

  5. 任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

  6. 『スプラトゥーン2』次回フェス「トリック vs トリート」はハロウィン仕様! テンタクルズやステージもお祭り気分─特別な仮装ギアもプレゼント

  7. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  8. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  9. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る