人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブの「ダンボール戦機W」、ベトナムでアニメとプラモデル連動ビジネスを展開

アジアの急成長国ベトナムで、この11月より『ダンボール戦機W』のテレビアニメ放送とプラモデル販売がスタートした。

その他 アニメ
「ダンボール戦機W」ベトナムでアニメとプラモデル連動ビジネス展開
  • 「ダンボール戦機W」ベトナムでアニメとプラモデル連動ビジネス展開
アジアの急成長国ベトナムで、この11月より『ダンボール戦機W』のテレビアニメ放送とプラモデル販売がスタートした。同国で玩具やキャラクタービジネスなどを手がけるGO GO Entertainmentが発表した。
まず2014年11月28日よりケーブルテレビのSAO TVで放送を開始する。放送時間帯は金曜日の18時半からと作品のターゲットである子どもたちが見やすい時間である。

一方プラモデルも11月28日に販売を開始している。プラモデルはバンダイが発売するもので、価格は359,000ベトナム・ドン(約2000円)から499,000ベトナム・ドン(約2800円)となる。イオンやParkson百貨店、Vincom Centerなど現地の大型商店のほか、玩具チェーンや書店などでも取り扱う。
小売価格はベトナムの物価水準から見ると決して安くない。しかし、2013年7月から同じくテレビアニメとプラモデルを同時展開した『ダンボール戦機』では、作品の人気に支えられ5万個を販売する大ヒットとなっている。日本アニメのベトナム進出の成功例となっている。
GO GO Entertainmentでは、こうした成功を受けて『ダンボール戦機W』では、前作以上の取り組みを目指す。日本への旅行をプレゼントするゲームショーのイベントなどで訪日ブームを盛り上がるベトナムのファンにアピールする。

『ダンボール戦機』とは、『妖怪ウォッチ』などで知られるレベルファイブが手がけたゲームソフトを中心にテレビアニメやマンガなどでを展開する人気作品だ。男児に人気が高く、プラモデルの累計出荷が国内外で900万個を超える。
GO GO Entertainmentは2007年12月にベトナム初の日系キャラクター事業会社として、梅沢靖氏が設立した。日系企業の強みである作品への理解などを活かし、これまでに『ドラえもん』、『ジュエルペット』のベトナム進出を手がけた。2013年からは「ポケモン」のベトナムにおけるマスターライセンシーとなり、小学館の「ポケモン」関連書籍の出版エージェントなども務める。

『ダンボール戦機W』ベトナムでのプラモデル販売
発売元 :株式会社バンダイ
販売開始 :2014年11月28日(金)~
商品と価格
LBX018 アキレス・ディード / LBX019 ペルセウス / LBX020 エルシオン
価格: 各359,000VND
LBX030 イカロス・フォース / LBX031 イカロス・ゼロ / LBX036 アキレスD9
価格: 各399,000VND  
LBX038 オーディーンMk-2
価格:499,000VND
※全て税別

[アニメ!アニメ!ビズより転載記事]

「ダンボール戦機W」ベトナムでアニメとプラモデル連動ビジネス展開

《アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.biz》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

    「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

  2. 12年に及ぶプロジェクト『FF15』で田畑氏が残したレガシーとは?ーそして『FF16』に求めること【特集】

    12年に及ぶプロジェクト『FF15』で田畑氏が残したレガシーとは?ーそして『FF16』に求めること【特集】

  3. いるはーと VS ???―インサイドちゃんの番組特別企画「VTuberハートフル頂上決戦」が11月22日に配信決定!

  4. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る