人生にゲームをプラスするメディア

Oculus Riftで戦艦「大和」を復元するプロジェクトが開始!既に目標額の約9割を達成

クラウドファンディングを募集できるサイト「CAMPFIRE」にて、「戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画」のプロジェクトが公開されています。

その他 全般
「CAMPFIRE」より
  • 「CAMPFIRE」より
  • 「CAMPFIRE」より
クラウドファンディングを募集できるサイト「CAMPFIRE」にて、「戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画」のプロジェクトが公開されています。

「戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画」は、バーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を使い、バーチャルリアリティ空間上に“乗れる、そして動く原寸大の戦艦大和”を建造するという、ゲーム開発者である仁志野六八氏によるプロジェクトです。

このプロジェクトは、歴史・軍事マニアが夢見る“第二次世界大戦で活躍した史上最大の戦艦 大和を見たい”というような気持ちを実現するため、VR技術を用いた企画を考えたとのこと。なお、仁志野六八氏は既にテスト版として駆逐艦雪風を制作しており、今回は戦艦大和を制作するために必要な多くの費用の募集を始めました。

「戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画」の目標金額は1,000,000円で、本日(12月4日)より2015年2月9日まで支援を受け付けています。既に915,391円(記事執筆時)を集めており、目標達成は間近でしょう。



なお、CAMPFIREの「戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画」プロジェクトページでは、支援者へのリターンや建造予定の詳細などが公開されています。
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ゲーム19XX~20XX第17回:『FFVII』発売の年にして、数々の革命的作品が登場した1997年のゲームに注目!

    ゲーム19XX~20XX第17回:『FFVII』発売の年にして、数々の革命的作品が登場した1997年のゲームに注目!

  2. 教科書「NEW CROWN」のキャラデザ・イラストを『ラブプラス』箕星太朗氏が担当!「キャラクターも成長するように描いた」

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  4. 舞元啓介主催「にじさんじ最強雀士決定戦」が4月12日開催決定!優勝ライバーは誰だ【読者アンケート】

  5. なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

アクセスランキングをもっと見る