人生にゲームをプラスするメディア

空飛ぶスケボー「HENDOホバーボード」国内販売が決定、価格は130万円

ドゥモアは、空中に浮かぶホバーボード「HENDOホバーボード」を国内向けに販売します。

その他 全般
空飛ぶスケボー「HENDOホバーボード」国内販売が決定、価格は130万円
  • 空飛ぶスケボー「HENDOホバーボード」国内販売が決定、価格は130万円
  • 空飛ぶスケボー「HENDOホバーボード」国内販売が決定、価格は130万円
ドゥモアは、空中に浮かぶホバーボード「HENDOホバーボード」を国内向けに販売します。

「HENDOホバーボード」は、米HENDO HOVER社が製作した次世代ホバーボードで、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」に登場する宙に浮くスケートボードのような商品です。特殊な地場を発生し浮遊させる仕組みになっており、アルミニウムや銅など、伝導性のある物質の上で2.5センチほど浮遊します。



もともとこの製品は、「Kickstarter」におけるクラウドファンディングで目標金額を超える48万ドルを集めており、それがドゥモアによって国内でも販売されることに。また、研究開発者向けに、「HENDOホバーボード」のコア技術である「マグネティック・フィールド・アーキテクチャー(MFA)」に基づいた小型エンジン開発キット「HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-」も販売されます。

「HENDOホバーボード」は2015年10月出荷予定で、価格は130万円(税別)。「HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-」は2015年7月出荷予定で、価格は15万円(税別)です。なお、ドゥモア・ショップにて予約受付中です。

■「HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-」仕様
本体サイズ:25×25×12cm
エンジン厚み:11.5×5cm
浮上距離:1~1.5cm
電池持続時間:10~15分
充電時間:1~2時間
本体重量:4.5kg
最大積載量:3 kg

■販売概要
開発:米HENDO HOVER社 http://www.hendohover.com
販売:ドゥモア
予約受付開始:2014年12月4日
販売方法:ドゥモア・ショップ http://domore.shop-pro.jp/
「HENDOホバーボード」価格:130万円(税別)出荷開始予定 2015年10月
「HENDO開発キット-THE WHITEBOX+-」価格:15万円(税別) 出荷開始予定 2015年7月
《すしし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『スパロボ』「アルトアイゼン」がHGシリーズでプラモ化!デザインは大張正己氏版―“バリっぽいポーズ”もバッチリ

    『スパロボ』「アルトアイゼン」がHGシリーズでプラモ化!デザインは大張正己氏版―“バリっぽいポーズ”もバッチリ

  2. 【コスプレ】「チェンソーマン」レゼから『モンハンライズ』ヒノエ・ミノト姉妹まで盛りだくさん!“中国版コミケ・夏”美女レイヤー11選【写真56枚】

  3. 『遊戯王』三幻神「オシリスの天空竜」「オベリスクの巨神兵」「ラーの翼神竜」がフィギュア化!神に相応しい“全幅約50cm”の圧倒的スケール

  4. 『遊戯王』中国オークションで「青眼の白龍(純金製)」に15億円入札―悪質目的ありとし、急きょ出品中止に

  5. 葛葉さん、ばあちゃるさんらが『ストVCE』で激突!! 6月25日開催「VTuber最強格闘王決定戦」に総勢10名のVTuber集う

アクセスランキングをもっと見る