人生にゲームをプラスするメディア

第18回メディア芸術祭、大賞は『Ingress』に!ゲームが受賞するのは『Wii Sports』以来7年ぶり

第18回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門の大賞に、米国のGoogles’s Niantic Labsが開発したゲームアプリ「Ingress」が選ばれた。

モバイル・スマートフォン iPhone
『Ingress』 (C)Google / Niantic Labs
  • 『Ingress』 (C)Google / Niantic Labs
  • GPSによる多人数同時参加型ゲーム「Ingress」 第18回文化庁メディア芸術祭大賞受賞
  • GPSによる多人数同時参加型ゲーム「Ingress」 第18回文化庁メディア芸術祭大賞受賞
第18回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門の大賞に、米国のGoogles’s Niantic Labsが開発したゲームアプリ「Ingress」が選ばれた。ゲーム関連の大賞受賞は、第11回の「Wii Sports」以来7年ぶりとなる。大賞作品がアプリであるのは、いかにも今日的だ。
「Ingress」は、モバイルの持つGPS(グローバル・ポジショニング・システム)と世界地図のデータベースを活用した多人数同時参加型のモバイルアプリゲームである。Niantic Labs はGoogleの社内起業プロジェクトから誕生した。現実の空間を仮想世界のゲームとつなげてしまうアイディアが多くの人に驚きを与えた。

文化庁メディア芸術祭は、過去一年間に発表されたメディア芸術の中から優れた作品を顕彰するために18年前にスタートした。狙いのひとつは、既存のアートの枠組みで評価出来なかった作品にもっとスポットを当てるものだ。メディア芸術祭にクロスオーバーな作品が多い理由のひとつでもある。
顕彰は4つのジャンルに分けられているが、なかでもエンターテインメント部門は多彩な作品に満ちている。“エンターテインメント”と括ることで、ゲームやウェブコンテンツ、映像作品、音楽プロジェクト、インスタレーション、パフォーマンスなどを多様な作品を網羅するからだ。
そうしたなかでいま人々に最も身近なデバイスであるスマートフォンとネット上のツールを結びつけ高い評価を受けたのが「Ingress」である。メディア芸術祭は贈賞理由として、近年のメディア芸術の課題であった「私たちはどこへ向かうのか?」を描くことに対して決定的なビジョンを示すことに成功していると評する。

このほかエンターテインメント部門では、優秀賞としてウェブ上のオープンソースプロジェクト「のらもじ発見プロジェクト」、3Dプリンターとスマートフォンを活用したガジェット「handiii」、映像作品「Kintsugi」、インタラクティブインスタレーション「3RD」を選んだ。エンターテインメント部門らしい多彩さだ。
新人賞のひとつに選ばれた『5D ARCHIVE DEPT.』も注目したい作品だ。九州の地域伝統のプロモーション映像だが、伝統と映像、ダンス、音楽、アイドル、CG、アニメーションと様々なカルチャー要素をひとつの作品に見事に食い合わせている。プロデューサー兼ディレクターの香月浩一氏は、アニメスタジオのサンライズでの制作の経歴もある。映像にどこか漂う非現実感も納得だ。

第18回文化庁メディア芸術祭
http://j-mediaarts.jp/

『Ingress』
https://www.ingress.com/

『5D ARCHIVE DEPT.』


第18回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門

■ 大賞
『Ingress』 
Googles’s Niantic Labs (創業者:John HANKE) (米国)
■ 優秀賞
『のらもじ発見プロジェクト』
下浜臨太郎/西村斉輝/若岡伸也 (日本)
『handiii』
近藤玄大/山浦博志/小西哲哉 (日本)
『Kintsugi』
APOTROPIA(Antonella MIGNONE / Cristiano PANEPUCCIA)  (イタリア)
『3RD』
Hedwig HEINSMAN / Niki SMIT / Simon van der LINDEN (オランダ)
■ 新人賞
『Auto-Complain』
Florian BORN (ドイツ)  
『Slime Synthesizer』
ドリタ/エアガレージラボ(川内尚文/佐々木有美) (日本)
『5D ARCHIVE DEPT.』
香月浩一 (日本)

GPSによる多人数同時参加型ゲーム「Ingress」 第18回文化庁メディア芸術祭大賞受賞

《animeanime》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』「虚数魔術」の入手がほぼ不可能に!? 新概念礼装の登場に合わせ、4種類の既存礼装が入れ替わり

    『FGO』「虚数魔術」の入手がほぼ不可能に!? 新概念礼装の登場に合わせ、4種類の既存礼装が入れ替わり

  2. 『ウマ娘』サクラバクシンオー役・三澤紗千香さんの「いかにもバクシンらしいツイート」が話題沸騰!本当にバクシンボイスが聞こえてくる…

    『ウマ娘』サクラバクシンオー役・三澤紗千香さんの「いかにもバクシンらしいツイート」が話題沸騰!本当にバクシンボイスが聞こえてくる…

  3. にじさんじの「英雄」「魔法使い」が沈黙を破る“異世界での過去”とは?―パズルRPG『エレスト』5周年インタビュー

    にじさんじの「英雄」「魔法使い」が沈黙を破る“異世界での過去”とは?―パズルRPG『エレスト』5周年インタビュー

  4. 『ウマ娘』ナリタブライアンの二つ名「影をも恐れぬ怪物」の条件が厳しいのは“史実”が原因!?─競走馬時代の驚くべき実績が、壁となって立ちはだかる

  5. 『ウマ娘』“福引チャンス”や“安心沢刺々美”の期待値は…?気になるイベントを「育成イベントギャラリー」で検証してみた【特集】

  6. 『ウマ娘』ジェミニ杯開催は6月14日!タウラス杯からの変更点もあり―決勝ラウンド進出条件が緩和

  7. 『逆転裁判』のパロディ動画「ウマ娘裁判」が話題に!『ウマ娘』キャラクターたちが繰り広げる本格法廷ミステリー

  8. しらび氏が『ウマ娘』アグネスタキオンのイラストを投稿!「りゅうおうのおしごと!」などで知られる著名イラストレーター

  9. 『FGO』6周年イベント「FGOフェス2021」開催決定!今年は“6日間”にわたり、コンテンツをオンラインで配信

  10. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

アクセスランキングをもっと見る