人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】「MAGES.」とは ─ 「科学アドベンチャー」から高橋名人の入社まで、話題性豊かな会社

ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「MAGES.」です。

その他 全般
【今日のゲーム用語】「MAGES.」とは ─ 「科学アドベンチャー」から高橋名人の入社まで、話題性豊かな会社
  • 【今日のゲーム用語】「MAGES.」とは ─ 「科学アドベンチャー」から高橋名人の入社まで、話題性豊かな会社
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「MAGES.」です。

「MAGES.」とは、様々なゲームの開発で知られている会社です。この他にも、クロスメディア事業等の運営や音楽事業、スクール事業など、多方面に渡る意欲的な活動も行っています。

同社は2011年6月に、「株式会社5pb.」と「株式会社AG-ONE」の合併により生まれました。また2012年に、ファミリーコンピュータ全盛期から名を馳せている「高橋名人」こと高橋利幸氏が入社したことでも大きな注目を集めました。

代表作には「科学アドベンチャー」シリーズなどがあり、一作目の『CHAOS;HEAD』、大きなブームを巻き起こした『STEINS;GATE』、リリースされている中では最新作となる『ROBOTICS;NOTES』は全てTVアニメ化を果たしており、ユーザーから厚い支持を受け続けていることが分かります。

そしてこの12月には、多くのユーザーから関心を集めている待望の新作『CHAOS;CHILD』が待望のリリースを迎えます。妄想をトリガーとする個性的なシステムや連続して起きる陰惨な事件を下地にどのような物語が紡がれるのか、実に楽しみですね。

「MAGES.」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。
■ゲーム大辞典:「MAGES.」 URL:http://game-lexicon.jp/word/MAGES.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE 』case57「コクーン殺人事件 その1」

    【漫画】『ULTRA BLACK SHINE 』case57「コクーン殺人事件 その1」

  3. なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

  4. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE 』case56「狂信」

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る