人生にゲームをプラスするメディア

セガの新型「UFOキャッチャー」は、タッチパネル液晶画面で台がキープ可能!さらに4面パネルが透明に

その他 アーケード

筐体
  • 筐体
  • タッチパネル液晶画面
  • 前後の高さ調整、左右の高さ調整、角度調整
  • 『UFOキャッチャー9』ロゴ
セガは、11月20日より、『UFOキャッチャー9』を順次稼動すると発表しました。

『UFOキャッチャー9』は、前後左右のパネル4面がすべて透明になり、プライズの魅力が今まで以上に伝わりやすくなったUFOキャッチャーです。4面のパネルが透明になったことで、フィールドレイアウトの自由度が高まっただけでなく、LED照明でプライズを明るく照らして、その魅力を伝えます。

◆『UFOキャッチャー9』


・名称:UFO CATCHER 9
・ジャンル:プライズ
・稼働日:全国のアミューズメント施設にて11月20日~
・プレイ人数:1~2 人

■透明感アップ
フロントの柱がなく、背景パネルも透明となりました。プライズを様々な角度から閲覧できます。

■多彩なフィールドレイアウト
高さを前後で調整可能。前面は、左右別々に高さ調整が容易になっています。段差を利用したレイアウトなども可能で、プライズの形状に応じた多彩なレイアウトができます。

■初搭載!タッチパネル液晶画面
コントロールパネル上に、液晶タッチパネルを配置。プレイを続けるため、両替に行きたい時に自分の台をキープ出来たり、残り時間の表示、ワンポイントアドバイスを表示できます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


魅力あるプライズの存在に加え、プライズを自由にレイアウトできる汎用性やシンプルな操作性で、1985年に第一弾の「UFOキャッチャー」登場して以来、高い人気を保っているUFOキャッチャー。『UFOキャッチャー9』は、来年30周年を迎える「UFOキャッチャー」シリーズの記念すべき1台となりそうです。

(C)SEGA
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

    【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

  2. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  3. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  5. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  6. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

  9. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

アクセスランキングをもっと見る