人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】「セガサターン」とは ─ 20年前の今日発売を迎えた、セガの名ハード

ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「セガサターン」です。

その他 全般
【今日のゲーム用語】「セガサターン」とは ─ 20年前の今日発売を迎えた、セガの名ハード
  • 【今日のゲーム用語】「セガサターン」とは ─ 20年前の今日発売を迎えた、セガの名ハード
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「セガサターン」です。

「セガサターン」は、1994年11月22日に発売された家庭用ゲームハード。発売元はセガ・エンタープライゼス(現在は株式会社セガ)で、発売時の国内価格は44,800円。セガが手がけた6番目のゲームハードなので、太陽系第六惑星の土星にちなんだ名前になりました。

ラインナップの特徴としてはアーケードからの移植作も多く、加えて他のゲームハードと比べて移植の出来が良いと言われることも多い傾向にありました。また当時、『サクラ大戦』や『NiGHTS(ナイツ)』、『バーチャファイター』などのハード専用タイトルも好評を博しました。

本体には、セーブエリアを増やす「パワーメモリー」などを挿入できるカートリッジの差し込み口がありますが、端子の接触部分が少なく接触不良が起きやすいハードでした。さらに、「パワーメモリー」を使用し続けているとセーブデータに影響を及ぼす不具合が発生することもあり、愛用しているユーザーの間では「あるある」ネタのひとつにもなっています。なお、カートリッジの隙間に堅紙などを入れて応急処置をするユーザーもいました。

この他に、本体にはリチウム電池(CR2032)が必要で、電池が切れると本体に保存してあるセーブデータが消えてしまうという点も。どこまでもセーブデータ関連に悩まされたハードでした。

「セガサターン」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。
■ゲーム大辞典:「セガサターン」 URL:http://game-lexicon.jp/word/%E3%82%BB%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. ファンによる『FF7 リメイク』最新トレイラーと2015年公開版の比較映像─4年間の進化が明らかに

    ファンによる『FF7 リメイク』最新トレイラーと2015年公開版の比較映像─4年間の進化が明らかに

  3. 『デレマス』城ヶ崎美嘉の60cm大「スマートドール」の予約受付開始!(※現在は「再入荷予定なし」に)

  4. 60cm大ドール“ドルフィードリーム”で『デレマス』の「高垣楓」が登場!

  5. 『アレスタ』新作、そして『エスプレイド』移植決定! エムツー、『M2 Shot Triggers』新作をアキバで発表

  6. 【コスプレ】たとえ鬼畜でもこの愛宕なら結婚したいぞ!中国レイヤー鬼畜瑶在不在【写真39枚】

  7. マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力

アクセスランキングをもっと見る

1