人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、ダウンロード版の売上が全体の3割を超えたと発表

その他 全般

スクウェア・エニックス、ダウンロード版の売上が全体の3割を超えたと発表
  • スクウェア・エニックス、ダウンロード版の売上が全体の3割を超えたと発表
  • スクウェア・エニックス、ダウンロード版の売上が全体の3割を超えたと発表
スクウェア・エニックスは、2015年3月期第2四半期決算説明会にて、HDゲームタイトルの販売比率を発表しました。

現在好評サービス中の『FFXIV』をはじめとするオンラインゲームや、多くのユーザーから発売が期待されている『FFXV』など、そのゲーム性はもちろんのこと高細密で描かれた美しいグラフィックを誇る開発力にも注目が集まっており、その人気や話題性に裏付けられた同社のデジタルエンタテインメント事業は堅調に推移。「売上高は、5期連続の増収となる見込み」との報告も寄せられています。

そんな同社が今回の説明会の中で、HDゲームにおけるダウンロード版とパッケージ版の地域別売上高比率を公表しました。ダウンロード版の具体的な販売数や比率などが発表される機会は少ないため、興味深いデータと言えます。

日本における同社HDゲームの売上高比率は、パッケージ版が82.8%、ダウンロード版が17.2%と、根強いパッケージ版の支持が窺えます。しかし北米ではパッケージ版が63.2%、ダウンロード版が36.8%という結果が出ており、市場が大きく変化していることが見てとれます。

また欧州も、パッケージ版63.6%、ダウンロード版36.4%と、ほぼ北米と同じ比率を記録。これらを合算し全体の比率で計ってみると、パッケージ版67.4%に対し、ダウンロード版32.6%と、売上高の約1/3をデジタルダウンロードが占めていることが明らかとなりました。

今回の売上高比率は2014年4月から9月までを参考としており、加えて他社ソフトの販売などは含んでいないため、この数字だけでゲーム業界の状況全てを推し量ることはできませんが、ダウンロード版の需要が高まりつつあるという傾向は間違いないでしょう。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』脱初心者の8箇条、『アイドル事変』サービス終了、『ウルトラストII』隠しコマンドで真豪鬼が…など(7/24)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』脱初心者の8箇条、『アイドル事変』サービス終了、『ウルトラストII』隠しコマンドで真豪鬼が…など(7/24)

  2. 名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

    名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

  3. 【Inside Of Company】「お洒落すぎる」と話題の株式会社アカツキを見学、受付から想像を超えた世界が……!

    【Inside Of Company】「お洒落すぎる」と話題の株式会社アカツキを見学、受付から想像を超えた世界が……!

  4. 『魔界戦記ディスガイア』史上最弱キャラ“プリニー”が「ゆるキャラグランプリ」初参戦!

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. 【クイズ】GAMEMANIA!:『FF』特集 ― 『FF III』で初登場したのは?

  7. 『刀剣乱舞』「JINS」とのコラボモデル第2弾の情報を公開、8月3日から予約受付開始!

  8. 【特集】「海外ゲームに登場する勘違いニッポン」10選

  9. 【週刊インサイド】『PSO2』にルツやアリサが登場! 技術で彩るセイバーコスプレや『BLAZBLUE』『RWBY』『ペルソナ4』などのクロスオーバー格闘ゲーにも注目集まる

  10. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

アクセスランキングをもっと見る