人生にゲームをプラスするメディア

セガサミーHD、平成27年3月期第2四半期決算を発表 ― 営業利益72%減

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングス決算スクリーンショット
  • セガサミーホールディングス決算スクリーンショット
セガサミーホールディングスは、平成27年3月期第2四半期決算を発表しました。

売上高1542億4500万円(前年同期比 4.9%減)、営業利益34億5200万円(前年同期比 72.2%減)、経常利益33億4200万円(前年同期比 76.6%減)、四半期純利益は20億7900万円の損失となりました。

コンシューマ事業では、パッケージゲーム分野にて、『ペルソナ4 ジ・アルティマックスウルトラスープレックスホールド』などの新作タイトルの販売し、パッケージ販売本数は、米国142万本、欧州196万本、日本71万本、合計410万本となり、前年同期実績を上回る結果となっています。なお、日米で販売したPS3・Xbox360『ペルソナ4 ジ・アルティマックスウルトラスープレックスホールド』の販売本数は、23万本とのことです。

携帯電話・スマートフォン・PCダウンロード等のデジタルゲーム分野では、オンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』『ぷよぷよ!!クエスト』『チェインクロニクル~絆の新大陸~』等のタイトルが堅調に推移。デジタルゲーム分野での国内配信タイトル数は、平成26年9月末時点で139本(うち、売切り型74本、無料プレイ型65本)となっています。

玩具販売事業では「アンパンマンシリーズ」及び「ジュエルパッド」などを中心に販売、アニメーション映像事業では劇場版「名探偵コナン異次元の狙撃手」の配給収入やTVシリーズ「弱虫ペダル」のライセンス収入、物販収入などが好調に推移したとのことです。

アミューズメント機器事業は、『StarHorse3 Season III CHASE THE WIND』CVTキット等の販売、『戦国大戦』CVTキットやカード等の消耗品の販売、『ボーダーブレイク』シリーズ、『セガネットワーク対戦麻雀MJ5 EVOLUTION』などのレベニューシェアタイトルによる配分収益を計上。国内のアミューズメント施設数は、前年同期連結累計期間の202店舗から198店舗になっています。また、アミューズメント施設事業は前期に引き続き、既存店舗の運営力強化を行ったものの、消費税率引き上げによる売上高減少の影響を受けたとしています。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  2. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

    【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  3. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  4. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  5. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  6. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  9. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る