人生にゲームをプラスするメディア

岡部と牧瀬のすれ違いをコグニティブ・コンピューティングが「ご案内」 ─ IBMとのコラボアニメ第二弾登場

発売5周年を迎えた『STEINS;GATE』とIBMのコラボによるオリジナルアニメの第二弾「ナビゲーション編」が公開されました。

その他 全般
岡部と牧瀬のすれ違いをコグニティブ・コンピューティングが「ご案内」 ─ IBMとのコラボアニメ第二弾登場
  • 岡部と牧瀬のすれ違いをコグニティブ・コンピューティングが「ご案内」 ─ IBMとのコラボアニメ第二弾登場
  • 岡部と牧瀬のすれ違いをコグニティブ・コンピューティングが「ご案内」 ─ IBMとのコラボアニメ第二弾登場
発売5周年を迎えた『STEINS;GATE』とIBMのコラボによるオリジナルアニメの第二弾「ナビゲーション編」が公開されました。

人間と機械による自然言語での対話により機械が学習し、人間がより的確な判断を行える支援を実現する「コグニティブ・コンピューティング」。プログラミングなしに知識を蓄え、経験を通じて学習するこの新たな試みに注目している方も多いことと思います。

コグニティブ・コンピューティングの先駆けとなる「IBM Watson」は、アメリカの人気クイズ番組「Jeopardy!」にて歴代チャンピオン2名よりも多く賞金を獲得し、その能力の高さを示しています。学術研究や医療、製薬などの産業分野における活用も模索されており、今後更に期待が高まる分野のひとつと言えるでしょう。

このコグニティブ・コンピューティングが近い将来、どのような恩恵をもたらしてくれるのか。その可能性を『STEINS;GATE』の世界観で描くアニメ映像の第一弾「クッキング編」に続き、第二弾「ナビゲーション編」がこのたび公開となりました。

今回は、『STEINS;GATE』の主人公「岡部倫太郎」とヒロインのひとり「牧瀬紅莉栖」の衝突からスタート。原作ファンにはお馴染みの光景ですが、この後気まずくなった二人はそれぞれ、相手と鉢合わせしない帰り道を検索するため、コグニティブ・コンピューティングを活用します。こうして導かれた二人が、どのような結末に「案内」されたのか。その結果は、ぜひ動画にてご覧ください。


https://www.youtube.com/watch?v=2C9bT9xjmXo

(C) IBM japan. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

    「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

  2. 「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

    「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

  3. 「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

    「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

  4. マサカド公実装&『ベヨネッタ』コラボも発表!『D2メガテン』ファンミーティングレポート

  5. 『エースコンバット7』世界の歴史解説―「ストレンジリアル」ってどんな世界?【年末年始特集】

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 中国からコスプレイヤーの魔王がやって来た!フォロワー数300万以上の存在感を放つ【インタビュー】

  8. もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

アクセスランキングをもっと見る