人生にゲームをプラスするメディア

Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的

SCEJAは、PS Vitaタイトル『フリーダムウォーズ』のver1.20アップデートを開始しました。

ソニー PSV
Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
  • Ver1.20配信開始!『フリーダムウォーズ』PvPプレイレポ ― 敷居は高いが、エンドコンテンツとしては魅力的
SCEJAは、PS Vitaタイトル『フリーダムウォーズ』のver1.20アップデートを開始しました。

このアップデートでは、PvPモードなどが実装。DL容量は119MBです。この他にも、「衣装・身体変更記録」「エイムアシスト」「追加デカール」「二級市民の特典追加」「モジュラー削除」などのコンテンツが実装されます。



◆PvPの主な仕様




■ランク
「撃破数」「蘇生数」「バトル勝利数」といったプレイヤーの行動によってポイント「CTP」が加算。「CTP」は20種類のランクが用意され、より多くの「CTP」を獲得する事でより上位のランクを獲得できます。その様子は、「個人戦技術序列」というランキングにも表示されます。

■GDPP
チームの勝敗と個人成績に応じたGDPPを入手することができます

■ゲームルール
「市民探索」と「敵軍排除」の2種類のルールが用意されていますが、どのルールになるかはランダムです。

■マップ
「砂漠(晴)」「市街地(昼)」「プラント区域1(夜)」にプラスして、新マップ「規模プラント内部」の中からランダムで選択されます。

■ダメージ補正
各武器と戦闘用アイテムで与えるダメージ値に補正がかるものがあります。値の設定は武器、アイテムごとに異なります。

■設置物
フィールドにAMOOボックスやサポートボックスは設置されません。

■荊ゲージの消費量
通常よりも、消費量が多くなります。

■荊での蘇生
荊による蘇生を行う場合、蘇生ゲージが表示されそれを満タンにすれば蘇生完了。従来のように即蘇生ではなく、1秒ほど掛かるようになりました。

■ジャミングブースター
PvP実装に伴い、敵を弱体化させる「ジャミングブースター」が実装されました。

<アンチソーン:コスト2>
荊による捕縛を無効化する。

<アンチフラッシュ:コスト2>
フラッシュGを無効化する。

<アンチジャマー:コスト2>
ジャミング状態を無効化する。

<トラップキャンセル:コスト5>
設置系のトラップの発動を無効化する。

◆プレイレポート




ついに実装されたPvPモード。その戦場は、かなりカオスでした。従来の対CPUとは異なりアクセサリーを除く全ての敵が人間ですので、通常のボランティアとは異なる立ち回り、そして戦略が必要となります。普段使わないテクニックや装備・アイテム、アクセサリーへの命令も必要になってきそうです。



また、新マップは高低さと広さがあり対人向きですが、それ以外の……特に砂漠ステージは狭い印象を受けました。そんな中、人数はアクセサリーを入れれば16人ですので、知らない間に倒される場面もしばしば。その戦場を華麗に駆け抜けるには、相当なやり込みが必要だと感じました。本作は、荊による高速かつ立体的なアクションが可能ですので、尚更です。また、いわゆる「対人装備」の準備も必要であり、モジュラーによる強化は必須と言えるでしょう。



ですが、ある程度戦えるようになれば、携帯ゲーム機としては高い水準のマルチプレイを楽しむ事ができます。戦略的でありスピーディーな対人戦。敷居は高いですが、エンドコンテンツとして見れば魅力的なモードです。



今はまだアップデートされたばかりでステージもルールも少ないですが、今後は追加や調整が行われることでしょう。そして、友人たちと最強の武器やチームとしての組み合わせを話し合ったり、お揃いの衣装を「衣装・身体変更記録」に登録したり、ボイスチャットでガチで戦うなど、新たな共闘の幕が開けようとしています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『マイクラ』がRPGに!?シリーズ新作『Minecraft Dungeons』先行プレイレポ―初心者必見お役立ち攻略情報も

    『マイクラ』がRPGに!?シリーズ新作『Minecraft Dungeons』先行プレイレポ―初心者必見お役立ち攻略情報も

  2. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

    『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  3. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  4. 『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

  5. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  6. 『FF7 リメイク』のモブや広告から見えてくるミッドガルの恐るべき社会状況と文化─本当にプレート上層は裕福で幸せなのか【特集】

  7. 『FF7』リメイク版で絶対に見たいシーン・遊びたい要素12選!あの名場面はリメイクでどうなる?

  8. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  9. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  10. 『モンハン:ワールド』もうキャンプ送りはイヤだ! 初心者がモンスターを狩るための10ヶ条【特集】

アクセスランキングをもっと見る