人生にゲームをプラスするメディア

発売5周年を迎えた『シュタインズ・ゲート』、IBMとのコラボアニメを順次公開!テーマは「コグニティブ・コンピューティング」

『シュタインズ・ゲート』とIBMのコラボによる、オリジナルアニメの公開がスタートしました。

その他 アニメ
トップページ
  • トップページ
  • 発売5周年を迎えた『シュタインズ・ゲート』、IBMとのコラボアニメを順次公開!テーマは「コグニティブ・コンピューティング」
『シュタインズ・ゲート』とIBMのコラボによる、オリジナルアニメの公開がスタートしました。

これは、角川書店による日本IBMおよび、本日10月15日で5周年を迎えるMAGES.原作の『シュタインズ・ゲート』とコラボレーション企画です。アニメは約4分のショートアニメーションで全4回を予定。「コグニティブ・コンピューティング」が実現する未来を『シュタインズ・ゲート』の世界観で描かれます。

『シュタインズ・ゲート』は、2009年に発売されて大ヒットを記録し、アニメ・映画・小説など数多くのメディアミックス作品も生んだ科学アドベンチャーシリーズの第2弾作品です。本作のストーリーが進む上で重要な役割を果たすアイテムが、1975年に発売されたIBMのポータブル・コンピューター「IBM5100」をモデルにした「IBN5100」です。「シュタインズ・ゲート」は、2000年に米国の大手電子掲示板に現れ、「2036年から来たタイムトラベラー」と名乗ったジョン・タイターという人物の話をモチーフとして取り入れられています。ジョン・タイターはタイムトラベルの目的として「1975年に遡って、IBM5100を手に入れること」と語っており、『シュタインズ・ゲート』では「IBN5100」でしか動かないプログラムを解析するために主人公たちが「IBN5100」を探し求めます。

『シュタインズ・ゲート』の作者であるMAGES.代表取締役社長志倉千代丸氏は、科学やコンピューターに造詣が深く、「IBM5100」を『シュタインズ・ゲート』で取り上げたことから日本IBMの関係者との面談の機会を通じてIBMが研究するテクノロジーに強い関心を持ったとのこと。今回のコラボレーションでは、IBMが研究を進めている次世代コンピューティング「コグニティブ・コンピューティング」を軸に4つのアニメーション作品が新たに制作されました。



コグニティブ・コンピューティングは、人間と機械が自然言語で対話をすることで機械が学習し、人間がより的確に判断をできるように支援をするという次世代のコンピューティングです。米国の人気クイズ番組で歴代チャンピオン2名よりも多く賞金を獲得した「IBMWatson」を中心に、コグニティブ・コンピューティングは学術研究や医療、製薬などの産業分野における活用が進んでいます。

今回のコラボレーション企画において、角川書店はアニメ『シュタインズ・ゲート』制作委員会の幹事として、制作を推進。日本IBMは、コグニティブ・コンピューティングに関する情報を提供し、シナリオの制作に協力しているとのことです。

今後、4本のオリジナル作品は英語字幕を付きのバージョンも配信される予定です。

(C) IBM japan. All Rights Reserved.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを更新!やはり「こすってつまんでパンツを穿かせるRPG」の関連作品か?

    コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを更新!やはり「こすってつまんでパンツを穿かせるRPG」の関連作品か?

  2. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを公開!クリックで服が透け…

    コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを公開!クリックで服が透け…

  3. e-Sportsのコーチをお探しなら!「Lead Gamers」2月上旬公開―事前登録も開始

  4. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを更新!スイッチ向け作品の可能性が濃厚か?

  5. 『FFXIV』エオルゼア料理があなたの胃袋に?ファンメイドの料理レシピ本が公開に

  6. 「ドラゴンボール」新作ゲームの情報が明らかに―「Z」世界を舞台にしたアクションRPG!

アクセスランキングをもっと見る