人生にゲームをプラスするメディア

【NYCC 2014】カプコンブース現地レポート

ゲームビジネス その他

カプコンブース
  • カプコンブース
  • 『バイオハザード リベレーションズ2』プレイブース
  • 『バイオハザード リベレーションズ2』プレイブース
  • 『MH4G』プレイブース
  • 物販コーナー
  • パネルイベント
  • 『逆転裁判123』をプレイブース
  • 『MH4G』プレイブース

現在開催中のNYコミコン2014のカプコンブースを現地からレポートします。

カプコンのブースは、メイン会場の入り口付近に構えられており、『Resident Evil: Revelations 2(バイオハザード リベレーションズ2)』『Phoenix Wright: Ace Attorney Trilogy(逆転裁判123)』『Monster Hunter 4 Ultimate(モンスターハンター4G)』をメインで展示していました。


『バイオハザード リベレーションズ2』の体験ブースは、開場と共に多くの来場者が詰めかけ、瞬時に長蛇の列ができあがりました。PS4版での展示となっているこの先攻体験版は、1人15分間プレイが可能となっています。


北米で来年発売となる『MH4G』プレイブースは、去年の『MH3G』に引き続き大きくとられており、こちらも開場と共にプレイ台がすべて埋まる人気ぶりでした。カプコンは北米でも『MH4G』を大々的にプロモーションしており、北米ファンの取り込みに力を入れています。


公式グッズの販売も行われており、サンディエゴ・コミコンでも好評だった『ロックマン』の「ヘルメットスタンド」や『モンハン』の「カプセルぬいぐるみ」、『バイオハザード』のコラボ腕時計などが販売されていました。


9日のカプコンのパネルイベントでは、『逆転裁判123』の北米発売日が開場で発表されたこともあり大きな盛り上がりを見せていました。11日には、『MH4G』のパネルイベントが予定されています。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  7. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  8. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  9. エピック・ゲーム・ジャパンの設立発表会が開催~Unreal Engineで日本市場に本格進出

  10. 【プレイレポ】「VR ZONE SHINJUKU」に使徒襲来!? 編集長率いる新米パイロットたちが『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』に挑戦

アクセスランキングをもっと見る