人生にゲームをプラスするメディア

重さ僅か1.8g! スマホに貼り付けて使うジョイスティック、クラウドファンディングを開始

モバイル・スマートフォン iPhone

重さ僅か1.8g! スマホに貼り付けて使うジョイスティック、クラウドファンディングを開始
  • 重さ僅か1.8g! スマホに貼り付けて使うジョイスティック、クラウドファンディングを開始
  • 重さ僅か1.8g! スマホに貼り付けて使うジョイスティック、クラウドファンディングを開始
スマートフォンに装着できる物理的なジョイスティック「タクトスライダー(TactSlider)」のクラウドファンディングが、「マクアケ(Makuake)」にて開始されています。

スマホ向けゲームアプリがブームとなっており、また大ヒットを記録するタイトルの登場も少なくありません。指先だけの簡単操作で、刺激的なアクションや手強いパズルゲームなど様々なジャンルを満喫することができます。

当初は簡単なゲーム性のものが多かったスマホ向けゲームアプリですが、様々なユーザーの要望に応えるべく、高度なアクション性を持つタイトルも増えてきました。また操作方法も、従来のタッチだけでなく、画面上に仮想のコントローラを据える「バーチャルパッド」という入力方法も生まれ、多くのタイトルがこれを採用しています。

据え置き機などで慣れ親しんだコントローラに近い操作性を持つバーチャルパッド。利便性の高さは折り紙付きですが、人によっては手応えのないコントロール操作に戸惑う方もいます。タッチパネルを活かしているため仕方のない問題ですが、実際に手応えのある操作を望む声も小さくありません。

そんな方々に朗報となるのが、クラウドファンディングサイト「マクアケ」にて支援を募集している「タクトスライダー」です。これは、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンでゲームを楽しむ時に活用できる、簡易型のジョイスティックとなります。

物理的なジョイスティックなので、指に手応えが生まれ確かな操作感が伝わってきます。しかもその重量は僅か1.8gとなり、重さが負担になることもありません。画面に装着するときは特殊なシートで張り付きますが、粘着性ではないので画面にも優しく、また寿命も200万回以上となります。

装着強度も2kgまでの耐性を持ち、スクリーンプロテクターの上からでも装着が可能。もちろんあらゆるゲームに向いているわけではありませんが、画面上に十字キーが表示されるタイトルに関しては比較的利用が可能とのこと。また使用可能が確認されているゲーム一覧も公開されています。(URL:https://docs.google.com/file/d/0B6PHmchf1UN5ZWd5NTB1RGd6T2s/edit

この「タクトスライダー」に興味が湧いた方は、「マクアケ」にて詳細を確認してみてはいかがでしょうか。また本製品の魅力を映像で伝える動画も公開されているので、そちらも併せてチェックしてみてください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=nmaol-zqaGg
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』ヨーギラス大量発生!あなたは色違いゲットできましたか?【読者アンケ】

    『ポケモンGO』ヨーギラス大量発生!あなたは色違いゲットできましたか?【読者アンケ】

  2. 可愛い女の子を操ってリズムに乗って駆け抜けろ!『Muse Dash』iOS/Android配信開始!

    可愛い女の子を操ってリズムに乗って駆け抜けろ!『Muse Dash』iOS/Android配信開始!

  3. 『ZOIDS FIELD OF REBELLION』配信終了まで約1ヶ月、「ゾイド」ファンにとってはどういうゲームだったのか?【特集】

    『ZOIDS FIELD OF REBELLION』配信終了まで約1ヶ月、「ゾイド」ファンにとってはどういうゲームだったのか?【特集】

  4. 『FGO』意外と知られていなかった?クエスト情報の「Target」表記の意味を運営が紹介

  5. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  6. 魔神セイバーくるか?『FGO』に実装される可能性が高そうなサーヴァント6選【特集】

  7. 誰もが羨む色違いカイオーガ、見つけるまで帰れま(以下略)【ポケモンGO 秋田局】

  8. ミニリュウを4,457匹捕獲して、色違いが出現する確率を調べてみた【ポケモンGO 秋田局】

  9. 『FGO』「帝都聖杯奇譚」って何?&イベント内容をCMから考察【特集】

  10. 『アズールレーン』駆逐艦「文月」が公開―イラストレーターはしらたま先生!

アクセスランキングをもっと見る