人生にゲームをプラスするメディア

LINEとグリー、共同出資子会社を設立しグローバル向けタイトルを開発

LINEは本日開催したプレスカンファレンスで、グリーと共同出資の子会社を設立し、グローバル向けネイティブタイトルの開発に乗り出すことを明らかにしました。

ゲームビジネス 市場
LINEとグリー、共同出資子会社を設立しグローバル向けタイトルを開発
  • LINEとグリー、共同出資子会社を設立しグローバル向けタイトルを開発
  • LINEとグリー、共同出資子会社を設立しグローバル向けタイトルを開発
LINEは本日開催したプレスカンファレンスで、グリーと共同出資の子会社を設立し、グローバル向けネイティブタイトルの開発に乗り出すことを明らかにしました。

新会社はEpic Voyage株式会社(エピック・ボヤージュ)で、代表にはグリー執行役員の荒木英士氏が就任。取締役にはLINE上級執行役員の舛田淳氏とグリーでJapan Game事業本部の福田智史氏が就任。グリーが主導であることを伺わせます。

Epic VoyageではLINEが多数のユーザーを有するアジアを始めとするグローバル市場に向けたゲームタイトルを開発する予定。会社は10月31日に設立予定です。

LINEの舛田氏は「LINE GAMEは、2012年11月より本格展開を開始して以来、自社および外部コンテンツプロバイダーと連携して開発したゲームコンテンツを、LINEのプラットフォームを通してユーザーに提供しており、ゲームプラットフォームとしての存在感を高めてまいりました。昨今では、国内のみならず良質なコンテンツを世界に提供すべく、グローバルにおける展開にも一層注力しております。グリーは、国内最大のネイティブアプリ開発会社であり、その開発力やこれまで培われた実績は、まさに今、LINE GAMEが必要としているものであり、ともに新会社を設立できることを大変うれしく思います。LINEのプラットフォーム力を活かしながら、全世界のユーザーにより良いコンテンツを提供していきたいと思います。」とコメント。

グリーの青柳直樹氏は「今回のLINE社との事業提携を大変喜ばしく思います。グリーでは、日本、北米、韓国のスタジオでグローバルにモバイルゲームを開発していますが、新会社では、これまで培ってきた開発力を生かし、新たなゲームを生み出していくことを楽しみにしています。LINE社が持つグローバルなネットワークを通じて、より多くのお客さまに新しいゲーム体験と驚きをお届けしたいと思います。」と述べています。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

    米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

  2. マイクロソフトは発売前のXbox Series Xを、ライバル企業・SIEに提供していた―Xbox幹部「これは業界の信頼の証でした」

    マイクロソフトは発売前のXbox Series Xを、ライバル企業・SIEに提供していた―Xbox幹部「これは業界の信頼の証でした」

  3. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

    令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

  4. 【CEDEC 2012】桜井政博氏が問い掛ける「あなたはなぜゲームを作るのか」

  5. 「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

  6. ニブリスとFOG Studiosが提携して発売元探し、TGSにも

  7. 【TGS2016】 DMM GAMES VR×『刀剣乱舞-ONLINE-』を体験―息遣いを感じるほど美しくてリアルな三日月宗近が!

  8. 【GDC Next 2013】「すべてを記録する」Evernoteが学んだ、シンプルだけど難しい5つのレッスン

  9. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  10. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

アクセスランキングをもっと見る