人生にゲームをプラスするメディア

親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能

Kickstarterにて、25.8mm×25.0mmの超極小ディスプレイ「TinyScreen」の資金調達キャンペーンが進行中です。もちろんゲームもプレイ可能となっており、スマートウォッチとしても運用することが出来るようです。

その他 フォトレポート
親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能
  • 親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能
  • 親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能
  • 親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能
  • 親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能

Kickstarterにて、25.8mm×25.0mmの超極小ディスプレイ「TinyScreen」の資金調達キャンペーンが進行中です。もちろんゲームもプレイ可能となっており、スマートウォッチとしても運用することが出来るようです。



「TinyScreen」は、Android 4.3以降のOSやiOS 7以降を搭載した端末ともBluetoothを介して同期出来る超小型ディスプレイ。小型ジョイスティックなどを接続することによりゲームを操作することが可能で、既に『Flappy Bird』や『アステロイド』のクローンゲームを準備中とのことです。


本製品は「Arduino」を小型化したオープンソースプラットフォーム「TinyDuino」向けのディスプレイとなっており、キャンペーンページでは「TinyScreen」「TinyDuino」のほか、動画再生用キット(65ドル)やゲームプレイ用キット(75ドル)、スマートウォッチ用キット(90ドル)など各種バンドルセットが公開されています。

公開されているトレイラー映像では、もはや「手のひらサイズ」どころの騒ぎではない極小モニタの実演ムービーもチェック出来ます。更に、ゲームプレイ用キットにロボットコントロール用モーターなどを追加した「Robot Control Kit」も165ドル以上の資金援助で入手可能。電子工作に親しんだ経験のあるユーザーにとっては、ハックし甲斐のあるデバイスと言えるでしょう。リリースは2015年2月を予定しています。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO アーケード』期間限定「ジャンヌピックアップ召喚」開催!「★3(R)ジル・ド・レェ(セイバー)」もラインナップに登場

    『FGO アーケード』期間限定「ジャンヌピックアップ召喚」開催!「★3(R)ジル・ド・レェ(セイバー)」もラインナップに登場

  2. マサカド公実装&『ベヨネッタ』コラボも発表!『D2メガテン』ファンミーティングレポート

    マサカド公実装&『ベヨネッタ』コラボも発表!『D2メガテン』ファンミーティングレポート

  3. もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

    もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

  4. 『FGO』ディライトワークスの“切り込み隊長”第1スタジオ「DSS」!「神は細部に宿る」ゆえに求める挑戦・結果・成長

  5. 「ひなビタ♪」歴1ヶ月のファンは初めてのライブを楽しめたのかー「Sweet Smile Pajamas Party」夜公演レポート

  6. アリアナ・グランデの腕に『ポケモン』イーブイのタトゥーが彫られる、ゲーム好きな一面も明らかに

  7. 【コスプレ】色気たっぷりなバニーガールも!「コスプレ博 in TFT」美女レイヤーまとめ【写真166枚】

  8. 中国からコスプレイヤーの魔王がやって来た!フォロワー数300万以上の存在感を放つ【インタビュー】

  9. 『Fate』アストルフォ&アルトリア〔リリィ〕がフィギュア化!2騎の可憐なサーヴァントをその手に

  10. 『エースコンバット7』世界の歴史解説―「ストレンジリアル」ってどんな世界?【年末年始特集】

アクセスランキングをもっと見る