人生にゲームをプラスするメディア

親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能

その他 フォトレポート

親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能
  • 親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能
  • 親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能
  • 親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能
  • 親指サイズ(25.8mm×25.0mm)の極小ディスプレイ「TinyScreen」は、ゲームもプレイ可能

Kickstarterにて、25.8mm×25.0mmの超極小ディスプレイ「TinyScreen」の資金調達キャンペーンが進行中です。もちろんゲームもプレイ可能となっており、スマートウォッチとしても運用することが出来るようです。



「TinyScreen」は、Android 4.3以降のOSやiOS 7以降を搭載した端末ともBluetoothを介して同期出来る超小型ディスプレイ。小型ジョイスティックなどを接続することによりゲームを操作することが可能で、既に『Flappy Bird』や『アステロイド』のクローンゲームを準備中とのことです。


本製品は「Arduino」を小型化したオープンソースプラットフォーム「TinyDuino」向けのディスプレイとなっており、キャンペーンページでは「TinyScreen」「TinyDuino」のほか、動画再生用キット(65ドル)やゲームプレイ用キット(75ドル)、スマートウォッチ用キット(90ドル)など各種バンドルセットが公開されています。

公開されているトレイラー映像では、もはや「手のひらサイズ」どころの騒ぎではない極小モニタの実演ムービーもチェック出来ます。更に、ゲームプレイ用キットにロボットコントロール用モーターなどを追加した「Robot Control Kit」も165ドル以上の資金援助で入手可能。電子工作に親しんだ経験のあるユーザーにとっては、ハックし甲斐のあるデバイスと言えるでしょう。リリースは2015年2月を予定しています。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ジョジョ」第5部“黄金の風”が10月TVアニメ化! 第1話の先行上映イベントも開催

    「ジョジョ」第5部“黄金の風”が10月TVアニメ化! 第1話の先行上映イベントも開催

  2. 『ドラゴンクエストXI』主人公のアクションフィギュアが予約開始―他のキャラも今後登場か

    『ドラゴンクエストXI』主人公のアクションフィギュアが予約開始―他のキャラも今後登場か

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』を通して気づかされた好きな異性のタイプ、『スマブラSP』「リンク」の情報を公開、『バイオハザード RE:2』4Kプレイ映像をお披露目…など(6/21)

    【昨日のまとめ】『FGO』を通して気づかされた好きな異性のタイプ、『スマブラSP』「リンク」の情報を公開、『バイオハザード RE:2』4Kプレイ映像をお披露目…など(6/21)

  4. 「月曜日のたわわ」アイちゃん、たわわにフィギュア化! "ボタン弾け飛ぶ"交換パーツに注目

  5. 【昨日のまとめ】『FGO』水着になってほしいサーヴァントは誰?、『スマブラSPL』「トキメキ☆ボムラッシュ」の試聴を公開、『無双 OROCHI3』スイッチ版プレイ映像…など(6/20)

アクセスランキングをもっと見る