人生にゲームをプラスするメディア

『ファイナルファンタジーXV』キャラの切り替えや、押しっぱ問題について田畑氏が言及

ソニー PS4

『ファイナルファンタジーXV』キャラの切り替えや、押しっぱ問題について田畑氏が言及
  • 『ファイナルファンタジーXV』キャラの切り替えや、押しっぱ問題について田畑氏が言及
  • 『ファイナルファンタジーXV』キャラの切り替えや、押しっぱ問題について田畑氏が言及
  • 『ファイナルファンタジーXV』キャラの切り替えや、押しっぱ問題について田畑氏が言及
  • 『ファイナルファンタジーXV』キャラの切り替えや、押しっぱ問題について田畑氏が言及
  • 『ファイナルファンタジーXV』キャラの切り替えや、押しっぱ問題について田畑氏が言及
  • 『ファイナルファンタジーXV』キャラの切り替えや、押しっぱ問題について田畑氏が言及
  • 『ファイナルファンタジーXV』キャラの切り替えや、押しっぱ問題について田畑氏が言及
  • 『ファイナルファンタジーXV』キャラの切り替えや、押しっぱ問題について田畑氏が言及
スクウェア・エニックスは、東京ゲームショウで伝えきれなかった内容を伝える番組「FF零式HD緊急トークショウ ロング版」を実施しました。

この番組には、様々な情報を提供するディレクター・田畑端氏と、進行役を務めるマーケティング部マネージャー・大藤昭夫氏が登場。『ファイナルファンタジー 零式 HD』に『ファイナルファンタジーアギト プラス』、そして『ファイナルファンタジーXV』の最新情報が次々と飛び出しました。

まず、番組名のタイトルにもなっている『FF 零式 HD』からは、今回の放送用に作られたゲームプレイ映像が公開に。東京ゲームショウで披露する予定だった下りまでたどり着けなかったため、今回映像で紹介する運びとなりました。

次に明かされたのは、2015年1月15日配信予定のPS Vitaソフト『FFアギト プラス』に関しての新情報。基本無料タイトルですが、特典を付属するパッケージ版も同日発売を予定しています。その封入特典として、玄武王ギルガメッシュの鎧を模した「玄武甲冑【王の鎧】」と、軍神シヴァのまとう衣装を再現した「軍神衣【氷の女王】」が予定されていることは既にお伝えした通りですが、そのデザイン画が公開となりました。

それぞれ男女2種類が用意されるため、男性版のシヴァの衣装、そして女性版のギルガメッシュの衣装という、シリーズを通しても珍しいアレンジがデザイン画として描かれており、ファンにとっては興味深いビジュアルを拝見できる機会を得ることができました。また、こちらも特典となる「クラススーツ」にも、男女のデザイン画が登場。パッケージ版の購入を考えている方には、判断材料のひとつになったことでしょう。

そしてもっとも放送時間を割いた話題は、多くのユーザーが注目する『FFXV』への質疑応答でした。これまで寄せられた質問を大藤氏がまとめ、そのひとつひとつを田畑氏に投げかけるという形で、興味深い新情報から現段階の仕様まで、様々な驚きが飛び出す一問一答となりました。特に見逃せないと思われるポイントを抜粋して、下記にまとめさせていただきます。

◆質疑応答


■「結局、2013年のE3トレーラーは嘘なの? あんなふうにプレイできないの?」
「都庁前で戦ってるあれですよね」と確認した田畑氏は、「出来ます」とはっきり断言。TGSで公開した仕様は、仮の環境から本番の環境へ移行中のもので、その移行作業はまだ完全に済んでおらず、全てを移行するにはまだ時間がかかるとのことでした。また、E3トレーラーは「理想型ではなく、あくまで基本形。あれを発展させていくのが目標」とのコメントもありました。

■「押しっぱ問題を詳細に教えてよ」
押しっぱ問題とは、「攻撃も防御もボタンを押せばできる」と発言したコメントから、押しているだけで戦闘できるのか、そんなの簡単すぎないかとの懸念がユーザーの間に広がった問題のこと。これに関して、まず防御は「MPを消費する」とのこと。そのため押しっぱなしだけで戦闘をクリアすることはできず、また基本防御だけで全ての攻撃が避けられるわけではありません。

基本の防御以外にも、受け流しやテクニカルなガードの方法があり、「操作そのものは複雑にならないようにしつつ、ゲームとしては歯応えのあるものにする」との姿勢で制作を進行していると明かします。

また攻撃も、攻撃ボタンを押していると基本コンボが出ますが、方向キーとボタンの組み合わせで出てくるアクションが異なり、タイミングと入力の方向、周囲にいる味方や武器などの組み合わせで、その攻撃やコンボも変化していくとのこと。攻撃も、押しっぱなしで片付くわけではなさそうです。

■「キャラの切り替えは? 去年のE3でできるって言ったよね?」
「現在の仕様ではできません」と残念な返答となりましたが、こちらもはっきりと断言。多彩な要素を搭載し戦略性が増した「アクティブクロスバトル」(AXB)をより面白くするために、キャラの切り替えを断念する決断を下したと述べました。

■「ジャンプはどうした?」「フリーランが楽しみだったんですけど」「剣がクルクルするバリアなくさないでよ!」
これらの要素は、すべてありますとのこと。フリーランに関しては、トレイラーで見せたような強敵に対して専用の恰好いいフリーラン攻撃があるとも発言。「剣がクルクルするバリア」に関しては、「あれはファントムソードという状態で、あの状態になるとショートシフトという高速移動でバトルができます」と述べ、その状態を映像としても公開しました。

■「武器の選択とかはできないの? 全部自動なの?」
武器は、アクションごとに武器をセッティングするシステムとなり、バトルの前に組み合わせておく形となります。そのため、戦闘前のセッティングが重要となります。また装備している武器の中からメイン武器を選ぶことができ、その武器についている技を任意に発動させることも可能とのことです。

■「カジュアルユーザー向けに超簡単になっちゃったの? もうアクションRPGじゃないの?」
「ちゃんとアクションRPGです。ナンバリングなので間口は拡げたいがゲーム自体をカジュアルにするつもりはない」と発言。なお、シナリオクリアだけならば、LVを上げて装備を集めるなどすれば心配する必要はないとのことです。そして、ダンジョンはかなり手強くなっているらしく、コアなユーザーにはそちらも楽しみにして欲しいと明かしました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


この他にも、「情報の出し方が下手なんじゃね?」との問いには謝罪をし、今後はできるだけオープンかつ積極的に情報を公開していきたいと語り、今後もこういった放送を続けていく旨を告げる場面も。確約ではないものの、「こういった番組を、11月にまた放送したい」との発言もありました。

また概要だけの発表でしたが、連携が連鎖・発展するシステムなども発表され、今後の情報公開に期待が募る緊急トークショウとなりました。更なる要素が明かされていくであろう続報が、今から楽しみですね。

(C)2011,2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
(C)2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 名作JRPGが多数ラインナップした「PS Vita セール」が開催―PS Plus加入者は最大89%オフ!

    名作JRPGが多数ラインナップした「PS Vita セール」が開催―PS Plus加入者は最大89%オフ!

  2. 『バイオハザード RE:2』4Kプレイ映像が公開!ーより鮮明になり、恐怖は加速する…

    『バイオハザード RE:2』4Kプレイ映像が公開!ーより鮮明になり、恐怖は加速する…

  3. 『New ガンダムブレイカー』PS4版発売!レスポンス向上など今後の改善予定も

    『New ガンダムブレイカー』PS4版発売!レスポンス向上など今後の改善予定も

  4. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

  5. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  6. 涙を捧げるアクションRPG『CRYSTAR -クライスタ-』は、妹「みらい」を蘇らせる物語を紡ぐ─概要や気になるストーリーを公開

  7. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  8. 『モンハン:ワールド』次回イベクエで“歴戦王”のヴァルハザクが登場!狩王決定戦のクエストも配信開始

  9. PS4『Silence』 配信開始-生と死の狭間の世界で兄妹の絆を描くパズルアドベンチャー

  10. 『フォートナイト』シーズン4の変更点はどこ?新要素とともにマップを探索してみる【特集】

アクセスランキングをもっと見る