人生にゲームをプラスするメディア

インドネシアで「ガンプラ」!?その展示理由とは

その他 玩具

【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
  • 【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは
ジャカルタモーターショーには、部品メーカーの出展も盛況。自動車メーカーがひしめく展示ホールを出て屋外展示を眺めていたら、「ガンプラ」(ガンダムのプラモデル)を展示しているブースを発見した。

気になってよく見てみると、展示されていたガンプラは6体。いずれも緻密なディテールを持ち、どうやらカスタマイズされているらしい。いったいなぜモーターショーでガンプラを展示しているのだろうか?

これは「BM1」というオイルブランドを展開するビルメガー・アバディ社のブース。同社はジャカルタを本拠地とし、自動車やオートバイ用、それに産業用などさまざまな潤滑オイルを製造販売している。そしてガンプラは、同社が開催したガンプラカスタムコンテストの上位6作品なのだという。

どうしてコンテストを?という質問には「品質に自信は持っているのだが、欧米の有名ブランドに比べると、知名度やブランドイメージといった部分がまだまだ及ばない。そこで少しでも多くの人にBM1というブランドを知ってもらい、親しみを持ってもらうためにコンテストを開催することにした」との回答。

そして開催理由よりもさらに気になるのが、なぜガンプラなのか?ということだ。それは「バンダイのガンプラはインドネシアでもメジャーなホビーで、タミヤとともに幅広い年齢層に親しまれているから」だとか。まだ運転免許を取得できない子供の興味をひきつけ、将来の顧客を育てることにつなげることができる、というのも理由だったという。

レギュレーションは、作品のどこかに必ずBM1のロゴを入れること、そしてカラーリングにコーポレートカラーのブルー/イエローをあしらうこと、という2点のみ。

なおこのコンテストはバンダイの承認を得ており、展示された作品の選考には川口克己氏(ガンプラ名人として知られるバンダイ社員)も審査に参加したとのことだ。最終結果はモーターショー来場者による一般投票で決定するという。

ちなみに、いろいろ説明してくれた社員のイチ推しは、ガレージでメンテナンスを待つ「ベアッガイ」。「ベアッガイがいちばんkawaiiでしょ!」ということだった。

【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは

《古庄 速人@レスポンス》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

    【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  3. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  6. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

  8. 「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  9. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

アクセスランキングをもっと見る