人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】「東京ゲームショウ」とは ─ 今年は、本日からいよいよ開催

その他 全般

【今日のゲーム用語】「東京ゲームショウ」とは ─ 今年は、本日からいよいよ開催
  • 【今日のゲーム用語】「東京ゲームショウ」とは ─ 今年は、本日からいよいよ開催
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「東京ゲームショウ」です。

「東京ゲームショウ」とは、新作ゲームの展示および試遊を、各プレスや一般来場者に向けて大々的に行う、日本国内では最大規模となるコンピュータゲームの見本市です。コンピュータエンターテインメント協会が主催となり、千葉県にある幕張メッセにて開催されています。かつては、東京国際展示場にて開催された経歴もあります。

記念すべき初開催は、1996年。以来、開催する回数や開催期間の変更などを経て、2007年以降は年に1回、秋(9月下旬頃)に4日間に渡って開催されるのが大まかな目安となっています。会場規模のサイズや、一時期の入場者数・展示者数の伸び悩みなど、折々に悩みを抱えていましたが、会場規模を拡大した2012年には総入場者数が22万3,000人を超える盛況ぶりを見せ、2013年には27万人を数え来場者数の最高記録を達成しています。

米国で開催されるElectronic Entertainment Expo(通称「E3」)、欧州で開催されるGamescomと並び、世界三大ゲームショウの一つとしても数えられています。それだけに各ゲームメーカーの力の入れようも凄まじく、今年も注目作が数多く名を連ねています。開催初日となる本日より、最新情報も次々と飛び出すことでしょう。皆様、どうかお見逃しのないようしっかりとチェックしてください。

「東京ゲームショウ」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。
■ゲーム大辞典:「東京ゲームショウ」 URL:http://game-lexicon.jp/word/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  2. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  3. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  4. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  7. 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  8. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

  9. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

アクセスランキングをもっと見る