人生にゲームをプラスするメディア

IGNが選ぶ『ニンテンドー3DSゲーム』TOP25

任天堂 3DS



先月末に放送されたNintendo Directにて、ニンテンドー3DSの新たなラインナップとしてNew ニンテンドー3DSおよびNew ニンテンドー3DS LLが発表され、年末にかけてソフト/ハード共に拡充が図られる3DSですが、海外大手ゲームサイトのIGNがこれまで発売された3DSゲームタイトルのベスト25を発表しています。

今回公開されたランキングには、定番のシリーズ物から新規IP、ダウンロード専用タイトルも選出されており、ファンも納得のラインナップとなっているのではないでしょうか。ランキングは以下より。

25. すれちがいMii広場ゲーム(StreetPass Games)
24. レイトン教授と奇跡の仮面(Professor Layton: Miracle Mask)
23. ドンキーコング リターンズ 3D(Donkey Kong Country Returns 3D)
22. 洞窟物語3D(Cave Story 3D)
21. 極限脱出ADV 善人シボウデス(Virtue’s Last Reward)
20. 新・光神話 パルテナの鏡(Kid Icarus Uprising)
19. モンスターハンター3(トライ)G(Monster Hunter 3 Ultimate)
18. 真・女神転生IV(Shin Megami Tensei 4)
17. バイオハザード リベレーションズ(Resident Evil Revelations)
16. スターフォックス64 3D(Star Fox 64)
15. 引ク押ス(Pushmo)
14. スチームワールド ディグ(SteamWorld Dig)
13. 世界樹の迷宮IV 伝承の巨神(Etrian Odyssey 4)
12. New スーパーマリオブラザーズ 2(New Super Mario Bros 2)
11. ルイージマンション2(Luigi’s Mansion Dark Moon)
10. ブレイブリーデフォルト(Bravely Default)
9. マリオゴルフ ワールドツアー(Mario Golf World Tour)
8. マリオカート7(Mario Kart 7)
7. Shovel Knight
6. ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D(The Legend of Zelda: Ocarina of Time 3D)
5. ポケットモンスター X & Y(Pokemon X & Y)
4. とびだせ どうぶつの森(Animal Crossing: New Leaf)
3. ファイアーエムブレム 覚醒(Fire Emblem: Awakening)
2. スーパーマリオ 3Dランド(Super Mario 3D Land)
1. ゼルダの伝説 神々のトライフォース2(Zelda Link Between Worlds)

なや、IGNの記事は日付が2013年になっていますが、TOP25リストは2014年9月5日にアップデートされた最新のものとなっています。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【ネタバレ注意】『大逆転裁判2』WEB体験版をプレイしてみた!その衝撃的な内容とは…

    【ネタバレ注意】『大逆転裁判2』WEB体験版をプレイしてみた!その衝撃的な内容とは…

  2. 海外レビューハイスコア『マリオカート8 デラックス』

    海外レビューハイスコア『マリオカート8 デラックス』

  3. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

    『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  4. 【3DS DL販売ランキング】『ファイアーエムブレム エコーズ』首位、『おそ松さん ニート脱出スパイラル!!』初登場ランクイン(4/20)

  5. 「一番くじ ゼルダの伝説」発売日が5月20日に決定!「目を覚まして時計」など景品ラインナップも一挙公開

  6. 3DS『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』PVが公開―アリステル篇のキャラを紹介!

  7. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  8. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』限定版にはDLCサントラを同梱、ムービー集を収録した「VALENTIA COMPLETE」も

  9. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  10. 海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

アクセスランキングをもっと見る