人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】「AAAタイトル」とは ─ ゲーム業界の活性化には欠かせない重要な存在

その他 全般

近作の国産タイトルでは最高レベルの売上を見せている『妖怪ウォッチ2』
  • 近作の国産タイトルでは最高レベルの売上を見せている『妖怪ウォッチ2』
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「AAAタイトル」です。

「トリプルエータイトル」と読み、当初は欧米のメディアが使い始めましたが、次第にメーカー側の人間も使用するようになり、今ではユーザーも含めてゲーム業界全般で使用されつつあります。

ゲーム関係のサイトなどでもかなり定着した感のある単語ですが、意外なことに厳密な定義というものはありません。目安とするならば「大ヒットしたゲーム」、開発中の場合は「大ヒットになるであろうタイトル」などを指すことが多い言葉です。

また使用する者の立場によっても尺度が異なり、メディア側では販売本数だけを考慮し「300万本以上売れたゲーム」とする場合も多いのですが、開発陣やユーザーなどは「メーカーの顔となるゲーム」「莫大な予算をつぎ込んだゲーム」「クオリティの高いゲーム」などの意味合いで使う場合も多々あり、改めて定義するのは難しいことを伺わせます。なおAAAタイトルの下は「Aクラス」となり、「AAクラス」は無いようです。

今月は東京ゲームショウも控えており、期待が集まっている大作の最新情報やまだ明かされていない新作の発表などが、開催と同時に次々と舞い込いこんでくるのは自明の理。その中には当然、AAAタイトルも列挙されることでしょう。今年の年末商戦や2015年の覇権を争うAAAタイトルは、どのような頭角を見せてくれるのでしょうか。実に楽しみです。

「AAAタイトル」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。近年のメーカーの傾向なども記されています。
■ゲーム大辞典:「AAAタイトル」 URL:http://game-lexicon.jp/word/AAA%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

    『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  2. 【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

    【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

  3. ドラマ「光のお父さん」第1話の制作秘話を原作者が語る―サイト「一撃確殺SS日記」にて連載開始

    ドラマ「光のお父さん」第1話の制作秘話を原作者が語る―サイト「一撃確殺SS日記」にて連載開始

  4. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  5. 『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

  6. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】若いころはゲームキャラと恋ができたのに…

  7. 【昨日のまとめ】海外レビューハイスコア『マリオカート8 DX』、『EGGLIA~赤いぼうしの伝説~』英語版が製作、『サカつくシュート!2017』と「GIANT KILLING」がコラボ…など(4/22)

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 東方Project第16弾は『東方天空璋』! リリースは夏コミ─体験版の配布予定も

  10. 【昨日のまとめ】「P5D.jp」「P5U.jp」など『ペルソナ5』関連の複数ドメイン見つかる、『スプラトゥーン2』amiibo要素の続報、「一番くじ ゼルダの伝説」5月20日発売…など(4/21)

アクセスランキングをもっと見る