人生にゲームをプラスするメディア

有志による『ロックマンDASH3』再起動プロジェクト、2D版の配信が開始

ファミコン時代から続く名作アクションシリーズ『ロックマン』。2Dから3Dまでシリーズ作は多岐に渡り、国内のみならず海外でも多くのファンを抱えています。その派生のひとつである『DASH』シリーズの最新作として期待を集めていたのが、『ロックマンDASH3』です。

その他 全般
有志による『ロックマンDASH3』再起動プロジェクト、2D版の配信が開始
  • 有志による『ロックマンDASH3』再起動プロジェクト、2D版の配信が開始
ファミコン時代から続く名作アクションシリーズ『ロックマン』。2Dから3Dまでシリーズ作は多岐に渡り、国内のみならず海外でも多くのファンを抱えています。その派生のひとつである『DASH』シリーズの最新作として期待を集めていたのが、『ロックマンDASH3』です。

一度は、プロローグ版をニンテンドーeショップで配信する予定が発表されたものの、諸事情により配信が見送られ、後に本作の開発中止が発表。待ち望んでいたファンには厳しい状況を迎える展開になってしまいました。

しかし、『ロックマン』シリーズを支え続けたファンの底力が並ならぬものがありました。ファン有志による『ロックマンDASH3』再起動プロジェクトが立ち上げられ、同プロジェクト代表の涼風ゆや氏を筆頭に、これまで熱心な活動が行われてきました。そして、その大きな成果として先日、PCで楽しめる『2D版ロックマンDASH3 THEプロローグ!』の配信が幕を開けました。



『DASH』といえば3Dアクションのシリーズですが、本作は「本家風のミニゲームを作ろう」との発想に基づき、2Dアクションゲームという形になっています。カプコンとは直接的な関係のないファンメンド作品であり、いわば同人的な立ち位置になる本作ですが、日本語版と英語版が用意されていたり、『ロックマンDASH1』『2』のコンポーザーである友澤眞氏に新曲を書き下ろしてもらうなど、力の入りようは相当なものであることが伺えます。

『ロックマンDASH3』再起動プロジェクトのブログには、涼風氏が関わった経緯や、本作の制作状況などが赤裸々に記されています。そんな開発秘話や、涼風氏から見た現状なども綴られているので、興味がある方はそちらもご覧になってみてください。また本作のダウンロードは、このブログからのリンクで辿ることができます。なお、現在デバック報告なども寄せられているとのことで、「不都合等が残っていることをご理解の上プレイ頂ければと思います」と述べています。

■『ロックマンDASH3』再起動プロジェクト ブログ 「2D版DASH3配信開始!」
URL:http://rockmandash3.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

「一般人が出来うる限りのことはした」との一言が、涼風氏の様々な気持ちを雄弁に物語っています。その想いを受け取りたい方、『DASH』シリーズの新たな可能性に触れたい方などは、このブログをチェックし、『2D版ロックマンDASH3 THEプロローグ!』をダウンロードしてみてください。

(C) ロックマンDASH3再起動プロジェクトblog All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

    「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

  2. ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

    ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

  3. 【週刊インサイド】『FGO』×ローソンコラボキャンペーンが話題に! 気品あふれる中国コスプレイヤーやユニークな特集もご覧あれ

    【週刊インサイド】『FGO』×ローソンコラボキャンペーンが話題に! 気品あふれる中国コスプレイヤーやユニークな特集もご覧あれ

  4. 「神秘的な美しさ」「本物みたい」『FGO』マリーからネロまで気品あふれる中国コスプレイヤー板醫生【インタビュー】

  5. ポケモンカード「GXウルトラシャイニー」11月2日発売─あの「テテフ」はもちろん、色違いGX「ジガルデ」&「レックウザ」も収録!

  6. アーケード『ソウルリバース』2019年2月下旬稼働終了─「皆さまに合わせる顔もなく、伏してお詫びを申し上げる次第」

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る