人生にゲームをプラスするメディア

35年以上も前にナムコのスタッフが手がけたと言われる「旗振りゲームロボット」がオークションに

このたび「ヤフオク!」にて、ナムコに在籍していた技術者が制作したロボットが出品されています。

その他 玩具
「ヤフオク!」より
  • 「ヤフオク!」より
  • 「ヤフオク!」より
  • 「ヤフオク!」より
ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)といえば、さまざまなゲームやテーマパークを手がける会社ですが、かつてはアーケードゲームで一世を風靡したり、ロボットの制作も手がけていました。そしてこのたび「ヤフオク!」にて、そのナムコに在籍していた技術者が制作したと言われるロボットが出品されています。

今回出品されているのは、35年以上前に制作された「等身大旗振りゲームロボット」です。これは、ナムコ創成期のころTVゲーム開発に携わっていた技術者が制作したものとのこと。なお、当時に制作された一点もので、現在はうまく動かない状態です。

ナムコは「受付小町」と呼ばれる受付のロボットを制作したり、1981年から1982年にかけて開催された国際科学技術博覧会のマスコットキャラクター「コスモ星丸」のロボットを制作していました。今回の「旗振りゲームロボット」は、それらの祖先と言える存在かもしれません。

ただし、具体的に誰がどのように制作したのかは書かれておらず、またナムコがどのように関連していたのかは不明となっています。

「等身大旗振りゲームロボット」の現在(記事執筆時)の価格は50,000円となっています。8月28日まで出品されているようなので、レトロなロボット好きの方は要チェックです。
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 中国人気コスプレイヤー・星野saoriは魅了じゃ不満足!見る人を驚かせたいエンターテナーだ【インタビュー】

    中国人気コスプレイヤー・星野saoriは魅了じゃ不満足!見る人を驚かせたいエンターテナーだ【インタビュー】

  2. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

    ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  3. 実写映画版『名探偵ピカチュウ』予告編第一弾が海外向けに公開!

  4. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ピカチュウが喋ったことがショックすぎる

  6. 暴言に対してメンタルが弱い人はどうする!?【テラゾーのゲーム実況相談】

  7. ポケモンカード「タッグボルト」12月7日発売!史上最強のピカチュウとイーブイが登場

  8. 『デビル メイ クライ』再アニメ化!『悪魔城ドラキュラ』アニメ版とのクロスオーバーも……?

アクセスランキングをもっと見る