人生にゲームをプラスするメディア

『信長の野望201X』が発表!現代日本を舞台にしたRPG

モバイル・スマートフォン iPhone

『信長の野望201X』が発表!現代日本を舞台にしたRPG
  • 『信長の野望201X』が発表!現代日本を舞台にしたRPG
  • メインビジュアル
  • ロビー画面
  • バトルシステム
  • 概要
コーエーテクモゲームスは、8月26日にネットワーク事業戦略発表会を開催しました。

この発表会では、代表取締役社長の襟川 陽一氏、ネットワーク事業部長の小林 伸太郎氏、ネットワーク副事業部長の藤重 和博氏などが登壇。据え置きゲームアプリ、オンラインゲーム、ポータルサイト運営などの「ネットワーク事業」の現状の報告と、新タイトルの発表や海外展開を含む今後の戦略が説明されました。

この記事では、全体的なレポートに先駆けて、今回発表された注目情報をお伝えいたします。

◆現代に甦る「信長の野望」


iOS/Android/PCタイトル『信長の野望201X』がシリーズ最新作として発表されました。ジャンルはRPGとなっており、舞台は現代日本。シリーズに登場した魔物たちが現代に出現し、陰陽師の末裔たちが現代に甦った戦国武将たちと共に戦っていきます。

またシブサワ・コウ氏はゼネラル・プロデューサーとして本作に関り、奇門遁甲を視覚化したバトルシステムが楽しめるとか。

■ストーリー
その日、京都に穴が空いた――
穴から溢れ出した異形の「幽魔」たちは、周辺地域へ次々と侵攻。
幽魔の支配地は空間の歪みに覆われ、人々が踏み入ることすら不可能となった。
そして、その内部は驚くべきことに戦国時代の日本へと変貌していた…

この未曾有の事態を収拾するため、政府は全国から「適性」を持つ者たちを召集。
支配地の奪還に向けた臨時組織を編成する。

今まさに、現代市民と戦国武将による奇想天外な共同作戦が始まろうとしていた。
すべては、現在と戦国の日本を在るべき姿に戻すために――

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『信長の野望201X』は今冬サービス予定で、価格は基本無料のアイテム課金制です。

◆のぶニャが新作


iOS/Androidアプリ『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』がシリーズ最新作として発表されました。本作は、ぐるぐるをキーワードとしたダンジョンRPGで、手塚一郎氏によるループものに。戦闘システムは、スロットバトルと呼ばれるシステムを採用。またGPS機能を搭載し、歴史イベントとのコラボやご当地キャラクターが手に入るイベントなどが行われます。

ゲーム意外にも、舞台化やボーカロイドのIA、ファミリーマート、キャットフードメーカーとのコラボが発表されました。

『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』は今冬サービス予定で、価格は基本無料のアイテム課金制です。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』一部伝説ポケモンは期間限定に―オフラインイベントのトラブルについて謝罪も

    『ポケモンGO』一部伝説ポケモンは期間限定に―オフラインイベントのトラブルについて謝罪も

  2. 『ポケモンGO』イベントボーナス期間延長!7月28日午前9時まで、伝説ポケモンも出現

    『ポケモンGO』イベントボーナス期間延長!7月28日午前9時まで、伝説ポケモンも出現

  3. 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

    『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

  4. 「『ポケモンGO』に関する利用実態調査結果」が発表―全体の6割以上が非課金ユーザー

  5. 『ディアホライゾン』小説や4コマ漫画の連載がスタート、ゲーム版の事前登録も受付開始!

  6. 【レポート】重大発表続々の『アルケミアストーリー』発表会、プラネタリウムで見る360°PVに思わずため息が…

  7. 【特集】原作者から「やりすぎ」のツッコミも―原作愛から産まれた『リ・モンスター』の“これまでとこれから”

  8. 『ポケモンGO』遂に伝説のポケモンが登場!ルギア/ファイヤーなどにみんなで挑め!

  9. アニメ〈物語〉シリーズが初のゲームアプリ化! ジャンルはパズルに─「終物語」スペシャル放送内CMにて新情報が

  10. あのホラーPCゲームを完全リメイク!『青鬼』iOS/Android向けに配信開始

アクセスランキングをもっと見る