人生にゲームをプラスするメディア

『スーパーヒーロージェネレーション』新たに7体のユニット参戦が判明!新要素「EXステージ」も明らかに

バンダイナムコゲームスは、PS3/PS Vitaソフト『スーパーヒーロージェネレーション』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
仮面ライダーバース
  • 仮面ライダーバース
  • 『スーパーヒーロージェネレーション』新たに7体のユニット参戦が判明!新要素「EXステージ」も明らかに
  • ジャンナイン
  • 『スーパーヒーロージェネレーション』新たに7体のユニット参戦が判明!新要素「EXステージ」も明らかに
  • ジャスティスガンダム
  • 『スーパーヒーロージェネレーション』新たに7体のユニット参戦が判明!新要素「EXステージ」も明らかに
  • 仮面ライダーエターナル
  • 『スーパーヒーロージェネレーション』新たに7体のユニット参戦が判明!新要素「EXステージ」も明らかに
バンダイナムコゲームスは、PS3/PS Vitaソフト『スーパーヒーロージェネレーション』の最新情報を公開しました。

『Gジェネ』シリーズのスタッフが手がける最新作となる『スーパーヒーロージェネレーション』は、「仮面ライダー」や「ウルトラマン」、そして「ガンダム」のクロスオーバーを実現する意欲的なヒーローSRPGです。

参戦シリーズの意外な組み合わせで注目を浴びた本作ですが、更なるストーリーが展開したり新たな強敵と戦うことができる「ブレイクシステム」といった特徴的なシステムにも関心が寄せられています。そしてこのたび、更なる楽しみを引き出してくれるEXステージの存在が明らかとなりました。

ステージ攻略を進めていくと現れるEXステージとは、名だたる強敵たちが次々と襲い来る高難度ステージのこと。しかも、ミッションブレイクを達成することで新たな展開へ発展することも。通常ステージを凌駕する、クロスオーバーの大乱戦を存分に堪能できます。

また、新たな参戦ユニットや手強い予感を覚えるエネミーユニットなども公開されたので、こちらも併せてチェックしながら、本作の発売を心待ちにしておきましょう。

◆新たに判明したユニット


【プレイアブルユニット】
■仮面ライダーバース
自分の目的を達成する為にグリードと戦う仮面ライダー。豪快な性格で、何かを説明したりするのも面倒と言って省いたりと大雑把な振る舞いも多いが、観察眼が鋭く、相手の本質を即座に見抜く事ができる。

危なっかしい行動ばかりする仮面ライダーオーズとアンクのコンビに対しては、持ち前の人の良さから放っておけず、何かと手助けをしている。ちなみにわざとかどうかはわから
ないが、アンクの事を終始「アンコ」と呼んでいる。

銃口部に、セルメダルを収納するセルバレットポッドを装着し大量のエネルギーを発射する「バースバスター・セルバースト」は、敵を撃破した際にSPを5ポイント回復する「SPゲット」の効果を持つ。声は岩永洋昭氏。

■ジャンナイン
敵であったジャンキラーが正義の心に目覚めた姿。ウルトラマンギンガと戦う中で、その言葉に心を動かされ、共に悪に立ち向かう事を決意して、強い味方となった。その事により目の色が赤から黄色に変わり、名前もジャンナインへと変化した。

正義の心に目覚めたジャンナインが使用する「ジャンキャノン」は、連射性能に優れておりさらにはビームと実体弾の使い分けをする事で、敵を圧倒する。

■ジャスティスガンダム
「ニュートロンジャマーキャンセラー」によって無限に近いエネルギーを持つモビルスーツ。2基を接続した「ツインランサー形態」としても運用が可能な「ラケルタビームサーベル」や両肩部に装備された展開式の投擲兵器「バッセルビームブーメラン」等の近接戦闘兵器を持ち、さらにバックパックに装備された「ファトゥム-00」と呼ばれるリフターユニットの分離、遠隔操作によってトリッキーな近接戦闘を得意とする。

ラケルタビームサーベルを連結した「アンビデクストラス ハルバード」は、通常より高出力かつ長刀身のビーム刃を形成でき、得意の格闘戦において絶大な威力を発揮する。

【エネミーユニット】
■仮面ライダーエターナル
世界で破壊活動を行なう傭兵集団「NEVER」のリーダー。自分の仲間であろうと失敗した者は容赦なく切り捨てる冷酷非情な性格をしており、巨大光線兵器「エクスビッカー」を使って風都を地獄に変えようとしている。仮面ライダーWと互角以上の戦闘能力を持ち、マキシマムドライブを発動する事で「T2」以外のガイアメモリを無力化してしまう。

「エターナルエッジ」による攻撃は、ランダムでステータスを低下させる「ランダムダウン」の効果がある。声は松岡充氏。

■仮面ライダーソーサラー
「クリエイト」の魔法を使って、科学より魔法が発展した世界へと創り変えた金色の魔法使い。その目的は今の世界を終わらせて自分の世界=ファントムの世界を創る事であり、その為に「タナトス」と呼ばれる装置で魔力を集め、それを一気に解放する事で魔法使い達をファントムへと変えようと暗躍する。戦闘の際は、「ディースハルバード」と呼ばれる巨大な斧と高等な魔法を自在に操り、相手を圧倒する。

タナトスの器の力を利用してファントムの世界を創る事を企む金色の魔法使いで、仮面ライダーウィザードすらも手玉に取る強さと魔力を持ち、ヒーローの前に立ち塞がる。声は陣内孝則氏が演じる。

■カミーラ
世界を破滅に導こうとしていた闇の巨人達のリーダーであり、かつてのウルトラマンティガの恋人。非常に嫉妬深い性格で、様々な策をめぐらせてウルトラマンティガに闇の姿を取り戻させ、自分達の仲間に引き込んで共に世界を闇に染めようとしている。声は芳本美代子氏が演じている。

■スサノオ
ガンダムを超える為に更なる力を手に入れた「アロウズ」のモビルスーツ。実体剣でありながら、刃の表面にビームを発生させる事で双方の利点を持った強化サーベル「シラヌイ」および「ウンリュウ」に加えて、腹部と両肩から放つ巨大な火球「トライパニッシャー」など武装面が大幅に増強され、圧倒的な強さを誇る。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『スーパーヒーロージェネレーション』は、2014年10月23日発売予定。価格は、PS3の通常版が7,600円(税抜)、スペシャルサウンドエディションが10,450円(税抜)、PS Vitaの通常版が6,640円(税抜)、スペシャルサウンドエディションが9,500円(税抜)です。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
(C)石森プロ・東映
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)円谷プロ
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『仁王2』期間限定の「最終体験版」配信開始!異形の妖怪「両面宿儺」やハクスラ要素「茶器」などの新情報も公開

    『仁王2』期間限定の「最終体験版」配信開始!異形の妖怪「両面宿儺」やハクスラ要素「茶器」などの新情報も公開

  2. 『ロックマンゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』の名作ぶりに酔え!ゼットセイバーからロックマン大戦争まで魅力をお伝え

    『ロックマンゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』の名作ぶりに酔え!ゼットセイバーからロックマン大戦争まで魅力をお伝え

  3. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  4. 『グラブル ヴァーサス』舞えよ胡蝶!DLC第2弾「ナルメア」の配信日が3月3日に決定

  5. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  6. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  7. 『英雄伝説 創の軌跡』主人公の1人「リィン・シュバルツァー」を中心とした主要人物&キーワード公開!VII組のキービジュアルもお披露目

  8. 『FF7 リメイク』召喚獣「サボテンダー」と「コチョコボ」の紹介映像公開!クラウドをサポートするその姿は、可愛くも頼もしい

  9. 『仁王2』今のうちに“落命”慣れしておけ!「最終体験版」プレイレポート

  10. 『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』パッケージはオリジナル版とどう違う?並べて確認してみた

アクセスランキングをもっと見る