人生にゲームをプラスするメディア

秋葉原に「あきばサンダル」専門店がオープン…そもそも“あきばサンダル”ってなに?

 東京・秋葉原といえばオタクの聖地。最近、秋葉原を盛り上げているのが“地下アイドル”と呼ばれるアイドルだ。地下アイドルのひとつ「仮面女子:アリス・プロジェクト」グッズとして注目されていた「あきばサンダル」の専門店がこのほどオープンした。

その他 全般
仮面女子:アリス・プロジェクト
  • 仮面女子:アリス・プロジェクト
  • あきばサンダル
  • あきばサンダル
  • 奥田民生と仮面女子:アリス・プロジェクト
  • 大橋卓弥と仮面女子:アリス・プロジェクト
  • ORANGE RANGEと仮面女子:アリス・プロジェクト
 東京・秋葉原といえばオタクの聖地。最近、秋葉原を盛り上げているのが“地下アイドル”と呼ばれるアイドルだ。地下アイドルのひとつ「仮面女子:アリス・プロジェクト」グッズとして注目されていた「あきばサンダル」の専門店がこのほどオープンした。

 地下アイドルとは、ファンとの距離が近いライブスペースで、歌を中心に活動を続けているアイドルたちをさす。そういったライブスペースは地下にあることが多いことから、「地下アイドル」と呼ばれるようになった。ほぼ1年365日ライブを行っている地下アイドルも多く、かつチケットもそれほど高くないということで、地下アイドルのライブにはは幅広いファン層が訪れる。

 最近勢いがある地下アイドルユニットのひとつが「仮面女子:アリス・プロジェクト」だ。150名以上が所属し、日々、秋葉原カラオケパセラに常設されている劇場「パームス」にてライブを開催している。

●あきばサンダル専門店がオープン

 その仮面女子がイメージガールを務め、ライブ会場で販売するグッズのひとつに、「あきばサンダル」と呼ばれるサンダルがある。いわゆる“きゅっきゅサンダル”だ。

 恐竜の足のようなデザインで、幼児向けサンダルと同じように歩くたびに「キュピキュピ」「ピコピコ」、音が鳴る。サイズはM(23~25cm)とL(25~28cm)で、けして子ども向けではない。カラーバリエーションはラベンダー、オレンジ、ブルー、イエロー、グリーン、ピンク、ブラック、レッドが用意されている。価格は1足1,500円。

 秋葉原で「キュピキュピ」が聞こえると「あ、仮面女子のファンだな」とわかる。ファンのほとんどがこれを購入、着用してライブに臨む。

 ライブに足を運ぶファンに支持されていたあきばサンダルだが、8月14日には「あきばサンダル専門店」がオープンした。秋葉原パームス劇場から100mほど離れた、昌平橋近くにある「アイドル物販学園」1階が店舗だ。あきばサンダルの購入がより簡単になった。

●芸能界でも徐々に浸透中

 地下アイドルの仮面女子ではあるが、秋葉原から外に出たときには積極的にあきばサンダルをアピールしている。例えば音楽フェスに参戦するたびに、共演アーティストにあきばサンダルを渡している。奥田民生やスキマスイッチの大橋卓弥、ORANGE RANGEなど大物アーティストにあきばサンダルを渡したことが報告されている。Twitterによると、元AKB48の前田敦子にもロッキンジャパンで渡せた模様。

地下アイドルのファンが履くピコピコサンダル……秋葉原に専門店

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『UNDERTALE』ホロライブ・宝鐘マリンさんより判明!フラウィ「なんて すてきな アイデア!」の声はトビー・フォックス氏本人

    『UNDERTALE』ホロライブ・宝鐘マリンさんより判明!フラウィ「なんて すてきな アイデア!」の声はトビー・フォックス氏本人

  2. ゲーム関連アワード2021第2弾!「ゲームパッドアワード 2021」投票受付開始ー抽選でAmazonギフト券5,000円プレゼント

    ゲーム関連アワード2021第2弾!「ゲームパッドアワード 2021」投票受付開始ー抽選でAmazonギフト券5,000円プレゼント

  3. ポケモン投票企画「#キミにきめた」結果発表は「デデンネ」が第1位に―第8位「マッシブーン」もよく頑張った!

  4. ポケモンシャツに『ポケモン ルビー・サファイア』の柄が追加!第1弾はキモリ・アチャモ・ミズゴロウなど34種類を用意

  5. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る