人生にゲームをプラスするメディア

【あぴゅレビュ!】第74回 想像をかりたてる視覚トリック『Monument Valley』 、1時間の冒険へようこそ

クラフトのようなぬくもりとパステルの色調が美しい、『Monument Valley』。ゲームでありながら400円で絵画を購入した気分にもなれる、視覚トリックをつかったアドベンチャーゲームです。

モバイル・スマートフォン iPhone
【あぴゅレビュ!】第74回 想像をかりたてる視覚トリック『Monument Valley』 、1時間の冒険へようこそ
  • 【あぴゅレビュ!】第74回 想像をかりたてる視覚トリック『Monument Valley』 、1時間の冒険へようこそ
  • 【あぴゅレビュ!】第74回 想像をかりたてる視覚トリック『Monument Valley』 、1時間の冒険へようこそ
  • 【あぴゅレビュ!】第74回 想像をかりたてる視覚トリック『Monument Valley』 、1時間の冒険へようこそ
  • 【あぴゅレビュ!】第74回 想像をかりたてる視覚トリック『Monument Valley』 、1時間の冒険へようこそ
  • 【あぴゅレビュ!】第74回 想像をかりたてる視覚トリック『Monument Valley』 、1時間の冒険へようこそ
  • 【あぴゅレビュ!】第74回 想像をかりたてる視覚トリック『Monument Valley』 、1時間の冒険へようこそ
  • 【あぴゅレビュ!】第74回 想像をかりたてる視覚トリック『Monument Valley』 、1時間の冒険へようこそ
  • 【あぴゅレビュ!】第74回 想像をかりたてる視覚トリック『Monument Valley』 、1時間の冒険へようこそ
クラフトのようなぬくもりとパステルの色調が美しい、『Monument Valley』。ゲームでありながら400円で絵画を購入した気分にもなれる、視覚トリックをつかったアドベンチャーゲームです。

■プレイヤーの視点で足場が繋がっていればOK
本作は、白い衣装の「姫」をゴールまで導くことを目的とします。この姫は何者なのかを解明するべく、10章のステージを冒険していくことになりますがストーリーは語り部からぽつり、ぽつりと語られる程度。なので、プレイヤーの数だけ想像した物語が生まれるのが面白いところですね。

ステージでは、タップしながら姫を導いていきましょう。足場がないと歩いてくれないので、時にはギミックを動かして足場を作る必要があります。このギミックが本作最大のキモ。プレイヤーの視点から足場が繋がっていれば、高低差関係なく移動することができます。だまし絵なのに、姫がスタスタと歩いていく姿は何度見ても不思議ですね。

■カメラ機能があるのが面白い
ステージをクリアすると、カメラアイコンが表示されて撮影を行うことができます。ピンチイン、アウトもできますので、細部を見たりシチュエーションを考えて撮ると面白いです。

また、ステージはひとつの建造物をクリアしていくだけではありません。最初の建造物をクリアすることでステージギミックが動き、次の建造物へ向かうことがあります。これが冒険している感じをより演出していいんですよね。なかにはひとつの建造物なのに、からくり仕掛けのように変形するものもあってびっくりするような場面も待っていますよ。

プレイを進めるたびになぞが深まる本作、あなたの目でその真相を確かめてみて!

なまえ:Monument Valley
ぶんるい:パズルアドベンチャー
1回のプレイ時間:10分~1時間ほど
対応OS:iOSねだん:400円
ひとにつたえたい度:5(5点満点中)

今日の一言「グッズページはアプリ内から飛べます!」

それではまた来週!!
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』カーマが、まさかのダブルピース!?─ReDrop氏の描く“イライラのアサシン”がTwitterに降臨

    『FGO』カーマが、まさかのダブルピース!?─ReDrop氏の描く“イライラのアサシン”がTwitterに降臨

  2. “昔ながら”からの脱却―『ワールドフリッパー』のドット絵はなぜ今風に見えるのか?こだわりが凝縮した開発インタビュー

    “昔ながら”からの脱却―『ワールドフリッパー』のドット絵はなぜ今風に見えるのか?こだわりが凝縮した開発インタビュー

  3. 【こーの『ドラクエウォーク』ぷれい日記】冥獣装備ふくびきの結果やいかに!?くものきょじんLv30にもチャレンジしました

    【こーの『ドラクエウォーク』ぷれい日記】冥獣装備ふくびきの結果やいかに!?くものきょじんLv30にもチャレンジしました

  4. 『サカつくRTW』新実装「レーン特徴」の詳細が明らかに!レジェンド“オランダトリオ”コラボフェスも開催決定【公式生放送まとめ】

  5. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  6. 「タワーディフェンス」の人気タイトル、スタイリッシュな『アークナイツ』と“何でもアリ”が加速する『千年戦争アイギス』を比較してみた

  7. 『アークナイツ』の二次創作に関するガイドラインが発表─「非営利目的」「日本国内での発表・流通」ならOK

  8. 「装甲騎兵ボトムズ」スコープドッグをイメージした“基板アート”iPhoneケース登場! レンズ発光ギミックにむせる

  9. 『FGO』でも「清少納言」と「紫式部」は仲が悪い?新イベントで明らかとなったその関係を紹介!

  10. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

アクセスランキングをもっと見る