人生にゲームをプラスするメディア

「ゲームは1日1時間」は正しかった?オックスフォード大学の研究結果より

その他 全般

「ゲームは1日1時間」は正しかった?オックスフォード大学の研究結果より
  • 「ゲームは1日1時間」は正しかった?オックスフォード大学の研究結果より
「1日1時間以内のビデオゲームは子供達に良い影響を与える」という最新の研究結果が、小児科学の専門誌「Pediatrics」で発表されました。

オックスフォード大学のオックスフォード・インターネット・インスティチュートの研究員であるAndrew Przybylski博士率いる研究チームが、イギリス全土の10歳から15歳の子供5000人に対して、ゲームに費やす時間とともに生活への満足度や友人との関係性などを質問し、この研究結果を得たそうです。

調査結果によると、ゲームをプレイしない子供達と比較すると、1日1時間以内ゲームをする子供達は生活への満足度が高く、社交的だとしています。その他にも、1人もしくは他の子供とビデオゲームをプレイすることにより幸福感や、一体感を得られると示しています。

しかし、1時間以上プレイする子供達には、落ち着きがなくなったり、注意力散漫になったりするという問題が出てくるとも述べています。これはゲーム以外の活動の機会を逃したり、子供にふさわしくないゲームに触れているからではないかとしています。

Przybylski博士は「これまでは、ビデオゲームは非常に有益なものか、それとも暴力的行為につながるものかといったように、調査環境が二極化しがちだったが、この調査結果で、より細やかな新しい見方を提供できるかもしれない」とイギリスのTV局BBCに対して述べています。

また、この結果で得られた良い影響も悪い影響もわずかなものであったとしながら、本調査がビデオゲームの悪影響を心配する家族の不安を和らげるものになるように期待しているとのことです。

ともあれ、「ゲームは1日1時間」は正しいとする研究結果が示されたことから、この名言を約30年前に語った高橋名人の偉大さを再認識することになるのかもしれません。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

    『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  3. ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

    ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

  4. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選、ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、『アズールレーン』軽巡洋艦・ホノルルが近日登場…など(1/16)

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  7. 春麗が「オニツカタイガー」とコラボ! 百烈脚もより強力に?

  8. 『HOUSE OF THE DEAD』最新作のプレ・ロケテストの開催が決定!セガが世界に誇るガンシューティング

  9. 「エドモンド本田」のフィギュアが登場、百烈張り手が光って唸る!

  10. 海外セガが謎の予告イメージを公開!―『テーマホスピタル』後継作との噂も

アクセスランキングをもっと見る