人生にゲームをプラスするメディア

「日本ゲーム大賞 2014 アマチュア部門」最終審査進出作品17本を動画で紹介 ― 表彰は「東京ゲームショウ」で

その他 全般

ノミネート作品は動画でも紹介
  • ノミネート作品は動画でも紹介
  • 「日本ゲーム大賞 2014 アマチュア部門」大賞に輝く作品は?
  • 日本ゲーム大賞 2014 ロゴ
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、「日本ゲーム大賞 2014 アマチュア部門」において、最終審査に進出する17作品を決定しました。

「日本ゲーム大賞」は、本年より募集作品テーマ(今年のテーマは「動き」)と、個人制作による作品を評価する「個人賞」を新設し、応募総数は昨年を上回る315作品となりました。応募作品は、アマチュアならではのオリジナル性、特筆すべき優れた点に加えて、企画性、斬新性、ゲームバランス、プログラム、グラフィックなどの選考基準に基づき、業界誌編集者やクリエイターが審査を実施。VTRによる第一次審査、試遊による第二次審査の結果、17作品が最終審査に選出されました。

「日本ゲーム大賞 2014 アマチュア部門」では、この後17作品の最終審査を行い、受賞作品を決定。幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ 2014」の一般公開日初日(2014年9月20日)に「大賞」「優秀賞」「個人賞」「佳作」の発表および授賞式が開催される予定です。大賞作品には副賞として賞金50万円が贈呈されます。


◆「日本ゲーム大賞 2014 アマチュア部門」

主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
後援:経済産業省

応募資格:年齢、性別、国籍、個人、法人、団体を問わず(アマチュアを対象)
応募期間:2014年3月10日(月)~6月30日(月)
※募集はすでに終了しています。

募集テーマ:「動き」
審査方法:
 第一次審査「VTR審査」 - 315作品から76作品を選出
 第二次審査「試遊審査」 - 76作品を審査員が試遊し17作品を選出
 最終審査「最終試遊審査」 - 当該17作品を有識者により再試遊

表彰:
 大賞(1作品) - トロフィー、副賞50万円
 優秀賞(該当数) - トロフィー、副賞5万円
 個人賞(該当数) - トロフィー、副賞5万円
 佳作(該当数) - トロフィー
発表授賞式 会場:幕張メッセ「東京ゲームショウ 2014」内イベントステージ
発表授賞式 日程:2014年9月20日(土)予定

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

公式サイトやYouTubeには、最終審査進出17作品の紹介動画も公開されています。作品の中には、市場で発売されているゲーム作品と何の遜色もないようなハイレベルなものもあり、一言に「アマチュア」とは侮れない作品ばかりです。未来のゲームクリエイターの作品に興味がある方はぜひ、各作品の紹介動画もチェックしてみてください。


◆「日本ゲーム大賞 2014 アマチュア部門」 最終審査進出作品


※作品タイトル五十音順
■うごかんどう

プラットフォーム:スマートフォン/タブレット
制作者:うごかし隊
学校名:ECCコンピュータ専門学校
紹介動画 URL:http://youtu.be/fSo8yqjcGPc

■紙しらべ

プラットフォーム:ニンテンドーDS
制作者:おひるね
学校名:HAL大阪
紹介動画 URL:http://youtu.be/fi88V4Jv1X4

■GALANDA(ガランダ)

プラットフォーム:PC
制作者:digression
学校名:HAL東京
紹介動画 URL:http://youtu.be/vhdYsP9lZhY

《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

    「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  2. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  3. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

  6. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  9. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

アクセスランキングをもっと見る