人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2014】Chukong Technologyは『ブレイブフロンティア』や『サウザンドメモリーズ』の中国語版などをアピール

国内でも採用が増えているスマートフォン開発ライブラリ「Cocos2d-x」の開発で知られる中国のChunkong Technologyは、Coco Entertainmentのブランドで自社開発タイトルもリリースし存在感を持ちます。

モバイル・スマートフォン iPhone
Chukong Technologyのブース
  • Chukong Technologyのブース
  • 中国版ブレイブフロンティア
  • ポップも置かれていた
  • スマホケース
  • スマホケース
  • フィギュアも
  • 中国版サウザンドメモリーズ
  • アニメを原作にした作品
国内でも採用が増えているスマートフォン開発ライブラリ「Cocos2d-x」の開発で知られる中国のChunkong Technologyは、Coco Entertainmentのブランド(以前はPunchBoxを使用)で自社開発タイトルもリリースし存在感を持ちます。China Joyでも巨大なブースを構えていました。

某キャリアの「お父さん」のようなキャラクターを押すChukong Technology。ブース全体も白基調で、ますます某キャリア風の雰囲気。スマートフォンゲームに特化したパブリッシャー/デベロッパーで、ブースでは多数の実機を並べていました。

gumi/エイリムが開発し、今年の5月から中国でも配信開始された『ブレイブフロンティア』がブースで大きなスペースを取って展示されていました。販促物でしょうか、ロゴの入ったスマートフォンケースや、キャラクターのフィギュアなども展示されていました。

また、アカツキの『サウザンドメモリーズ』も業務提携に基づきChukongが中国で配信する予定で、こちらも体験できる実機が並んでいました。まだ配信はスタートしていませんが、ローカライズは進行しているようで、簡体字の画面が確認できました。

その他、中国の人気アニメを原作にした『泰時明月』、人気の釣りゲーム最新作『捕魚達人3』などが展示されていました。

成長著しい中国のモバイルデベロッパーですが、まだまだオリジナルを生み出す力は弱いと言われます。Chukongが日本産のタイトルを前面に押し出しているのを見ると、日本のデベロッパーにとってはチャンスが広がっていると感じられます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモン GO』北海道限定での「ファイヤー・デイ」が10月19日開催!地震で中止となったイベントが1年を経て実施へ

    『ポケモン GO』北海道限定での「ファイヤー・デイ」が10月19日開催!地震で中止となったイベントが1年を経て実施へ

  2. スマホ版『うたわれるもの』シリーズ三部作が無料配信決定!物語・音声・楽曲を余すところなく楽しめる全編AVG仕様に

    スマホ版『うたわれるもの』シリーズ三部作が無料配信決定!物語・音声・楽曲を余すところなく楽しめる全編AVG仕様に

  3. 育てるならハロウィン期間の今しかない!希少な「シャンデラ」をMAX強化─これがゴーストアタッカー、新エースの実力だ【ポケモンGO 秋田局】

    育てるならハロウィン期間の今しかない!希少な「シャンデラ」をMAX強化─これがゴーストアタッカー、新エースの実力だ【ポケモンGO 秋田局】

  4. 『ポケモン GO』10月18日開催の「ハロウィンイベント」詳細公開!延期されていた「10月コミュニティ・デイ」は10月26日に開催決定

  5. 『ポケマス』第2回プロデューサーレター公開―来年3月までの開発スケジュールや報酬調整の進捗が明らかに

  6. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  7. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  8. 火力最強は「やしゃのこん」!?シチュエーションごとの最強武器を田んぼで語る【ドラクエウォーク 秋田局】

  9. 『アズレン』SR潜水艦「U-110」の新衣装公開!「なぜ水着の下にパンツ履いてるん?」という疑問にイラスト担当・かぷりちお氏が答える

  10. 『ドラクエウォーク』実際に遊んでみたリアルな感想は?約9割が「満足」以上と回答するも、課金周りには厳し目な意見が【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る

1