人生にゲームをプラスするメディア

今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド
  • 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド
  • 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド
  • 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド
  • 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド
  • 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド
  • 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド
  • 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド
  • 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド

様々なプラットフォームにて絶大な人気を誇る『マインクラフト(Minecraft)』。ボクセルベースのサンドボックスゲームである本作は、集めたブロックで建物を作ったり、アイテムを作って冒険に出かけたり、農業を営んだりと、無限に近い楽しみ方があるゲームです。プレイヤーの発想によって遊びが具現化していく自由度を備えているのです。

そんな『マインクラフト』は、多人数でも同時に遊ぶことが可能です。マルチプレイをすれば、城を作って戦争したり、友人や恋人と共同生活したり、大人数で巨大な建造物を作ったりと、さらなる遊びの可能性が生まれます。しかし、画面分割などで簡単にマルチプレイが出来た家庭用版と比べて、PC版『マインクラフト』はサーバーの設定や管理が複雑で、少々敷居の高いものでした。

そこで登場したのが「Minecraft Realms(マインクラフトレルム)」です。


■Mojangの公式サーバホスティングサービス「Minecraft Realms」

今年新たにPC版にてローンチされた「Realms」。月額で料金を支払う有料サービスとなり、友達と遊ぶために様々な準備や知識が必要だったマルチプレイモードを「手軽に楽しめるように」というコンセプトで開発されました。

Realmsの概要

・月々の支払いによって公式サーバーをレンタル

・20人まで招待でき、10人まで同時にマルチプレイが出来る。

・現時点ではModをサポートしていない。

・普通とは違う目標がある特殊なワールド2種。

・ワールドを削除すること無く遊べるミニゲーム5種。


本記事では、その利用方法はもちろん、料金の支払い手順、ちょっとだけ解りづらい初期設定、Realmsで遊べるミニゲームまで、順番に解説していきます。

■「Realms」サービスを利用するまで

【ステップ.1】


Mojang公式サイト内にあるRealmsサービスページにて利用登録を行います。大きく表示されている「Realmsを購入」を選択しましょう。情報の入力は基本的にすべて英語で行う必要があります。なお、購入画面へは、『Minecraft』起動後のメニュー画面からもアクセス可能です。


Mojangアカウントのログインページへと移行します。『マインクラフト』を購入したアカウントでログインしてください。

【ステップ.2】


Mojangアカウントでログイン完了すれば支払画面へと移行します。Realmsを利用するには、前述した通り月額での支払いを行わないといけません。利用料金を下記にまとめたので、自身の利用計画と相談して支払いプランを決めましょう。

毎月の継続支払い

1ヶ月(30日)/10.40ドル

ワンタイム支払い

1ヶ月(30日)/13.00ドル

3ヶ月(90日)/35.00ドル 10% OFF

6ヶ月(180日)/62.00ドル 20% OFF


【ステップ.3】


支払方法の選択です。VisaとMasterのクレジットカードの他、PayPalによる支払いも受け付けています。今回はVisaカードの機能を持つドコモ口座 Visaプリペイドを利用して購入してみます。

【ステップ.4】


支払情報の入力です。氏名(Card Holder)カード番号(Card number)有効期限(Expiration Date)セキュリティーコード(CVV)の他、住所と郵便番号(Postal/ZIP Code)>が必要になります。住所はStateに県名Cityに市区町村Streetにそれ以下の住所を入力します。

最後に利用規約を読み、同意できる場合はチェックボックスにチェックを入れてPurchaseボタンをクリックで購入完了です。


■「Realms」を遊んでみよう

支払いが終了し、利用登録が完了すればあとは遊ぶだけ! とは言いつつも初期設定をしなければなりません。設定画面もしっかり日本語化されているので迷うことはないと思いますが、分かりにくい部分を重点的に解説していきます。


画像は二度目の作成画面

初めてRealmsに接続した時、ワールドの作成画面が表示されます。基本的にはシングルプレイでのワールド作成と同じ手順ですが、見慣れないものとして「テンプレートの選択」というものが有ります。これは既存の出来上がったマップを遊べるというもの「Spellbound Cave」と「Herobrine's Return」というものが有ります。前者は地底の底からスタートし、マニュアルに書いてある目標をクリアしていくゲーム。後者はストーリーが進行し、クエストをクリアしていくRPG的なゲームとなっています。情報が少なかったり、完全に英語で進行したりと若干敷居が高めなので、慣れてきてから選択してみるといいかもしれません。


■フレンドを招待してみよう


Realmsでフレンドと遊ぶ方法は少々特殊。Realmsワールドにフレンドを招待する必要があります。招待する方法は簡単で、「+」と表示されている部分を選択し、招待したい人の名前を入れるだけ。これで相手がRealmsを選択するとあなたのサーバーが表示されているはずです。


■ミニゲームを楽しんでみよう


Realmsの要素の一つにワールドをリセットせずに、何時でも遊ぶことができるミニゲームが有ります。ミニゲームは全部で5種類あり、それぞれ違った楽しみがあるので、探索や建築の合間に遊んでみるといいでしょう。

Cake Defense 2

1~3人でプレイ可能なモンスターからケーキを守るゲーム。モンスターを倒すことで手に入るゴールドでアイテムを強化できます。

Blocks vs. Zombies

タワーディフェンス型のミニゲーム。迫り来るゾンビをひたすら倒し続けます。ゾンビを倒すことでポイントを獲得でき、拠点をグレードアップすることで柵やタワーからの攻撃が追加されます。

The Walls

サバイバルPvPゲーム。壁で区切られた4つの空間でそれぞれ準備を行い時間が来ると壁が崩れ落ちて対戦がスタートします。サバイバルモードで鍛えたテクニックをフル活用して装備や要塞を作り、相手を圧倒しましょう。

Autospleef

足場を崩して相手を落とす対戦型のミニゲーム。スピードブーストやジャンプブースト、近距離しか見えなくなる設定などがあり、意外と熱い対戦を楽しむことができます。

Dash of Doom

様々な仕掛けがあるコースをダッシュで駆け抜けるレースタイプの対戦型ミニゲーム。数々のトラップを潜り抜けいち早くゴールを目指しましょう。


■まとめ

今までは自分でサーバーをレンタルするにも費用が高かったり、設定や管理が面倒だったりと何かと敷居が高かったPC版『マインクラフト』のマルチプレイ。公式サービスである「Realms」はMod導入などの拡張された遊び方は出来ないものの、特殊なワールドやミニゲーム、そして『マインクラフト』本来の面白さであるサバイバルモードをマルチプレイによって存分に楽しむことができます。また「現時点ではModをサポートしていない。」という文も「現時点で」と言及していることから将来的には実装される可能性もありそうです。

サーバーの設定方法が分からずにマルチプレイを断念していたプレイヤーも、本記事が参考になれば幸いです。マルチプレイによって開かれる新たな『マインクラフト』の楽しさを体験してみてください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■参考記事
ドコモユーザー必見!『マインクラフト』をプリペイドカードで購入する方法
http://www.inside-games.jp/article/2014/06/04/77266.html



記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

    タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

  2. Steam版『Fate/Extella』が発売決定!日本語にも対応か

    Steam版『Fate/Extella』が発売決定!日本語にも対応か

  3. 秋葉原での再出発 ― 新装開店したe-sports SQUARE AKIHABARAはどんな店なのか

  4. 【特集】『ファイプロワールド』のエディットで遊ぼう!―「じゃんげま」の伊戸ろめ子を作ってみた

アクセスランキングをもっと見る