人生にゲームをプラスするメディア

7月17日よりアーケードで稼働開始の『恋姫†演武』、勝利の鍵を握るシステムを一挙公開

UNKNOWN GAMESは、2D対戦格闘となる新作アーケードゲーム『恋姫†演武』を、7月17日に稼働開始すると発表しました。

その他 アーケード
7月17日よりアーケードで稼働開始の『恋姫†演武』、勝利の鍵を握るシステムを一挙公開
  • 7月17日よりアーケードで稼働開始の『恋姫†演武』、勝利の鍵を握るシステムを一挙公開
  • 7月17日よりアーケードで稼働開始の『恋姫†演武』、勝利の鍵を握るシステムを一挙公開
  • 7月17日よりアーケードで稼働開始の『恋姫†演武』、勝利の鍵を握るシステムを一挙公開
  • 7月17日よりアーケードで稼働開始の『恋姫†演武』、勝利の鍵を握るシステムを一挙公開
  • 7月17日よりアーケードで稼働開始の『恋姫†演武』、勝利の鍵を握るシステムを一挙公開
  • 7月17日よりアーケードで稼働開始の『恋姫†演武』、勝利の鍵を握るシステムを一挙公開
  • 関羽
  • 張飛
UNKNOWN GAMESは、2D対戦格闘となる新作アーケードゲーム『恋姫†演武』を、7月17日に稼働開始すると発表しました。

数多い美少女たちが一同に会し、それぞれの目的のために刃を交わす『恋姫†演武』。天下未だ定まらぬ乱世を舞台に、彼女たちの可憐ながらも力強い戦いの日々が、全国のP-ras MULTI設置店にていよいよ幕を開けようとしています。

また今回の発表に合わせて公式サイトの「スタッフ雑記」では、「『恋姫†演武』をより楽しむための知識」が公開されました。本作の駆け引きは基本的に地上戦にて、通常技を使ったものがメインとなりますが、知っておくと戦いを有利に進められるポイントも数多くあります。その中から特徴的なものをいくつか紹介させていただきます。

◆『恋姫†演武』をより楽しむための知識 抜粋


■有利と不利
『恋姫†演武』においての基本中の基本は、攻撃をヒットさせたら有利、ガードされたら不利ということです。ガードさせて有利フレームが取れると言う技は、一部、ガードクラッシュ状態を引き起こす技以外に存在しませんので、ガードしているのに一方的に攻め続けられるという状況は発生しません。相手の技をガードしたら自分のターンが回ってきたと考えて良いでしょう。

■対空
全キャラクターの前ナナメ下+Bの攻撃判定中には空中攻撃無敵が付いています。地上戦を意識させつつ、相手の地上技を読んで飛び込むようにしないと前ナナメ下+Bの的になってしまいます。

■EX必殺技
必殺技コマンド+A+Bと入力することで、計略ゲージを1ゲージ使用して出すことが出来るEX版が全ての必殺技に存在します。そのほとんどには攻撃判定が出るまで完全無敵が付いています。これで不利な状況からの脱出や、攻めが可能です。

とにかく1ゲージあれば、苦しい状況から脱出できるチャンスが得られるので、ゲージを無駄遣いしないよう注意しましょう。ただし、EX必殺技はガードされると不利フレームが長いので、反撃を食らってしまいます。

■反撃と刺し返し
相手の技をガードすると有利になりますが、相手の攻撃が必殺技や崩撃コンボ始動技であれば反撃を入れることが可能な場合が多いです。遠距離Bや近距離Bでの反撃が、とても大事なダメージ源となります。また相手の技のリーチを把握すれば、相手の攻撃が届かない距離で刺し返すことも可能です。『恋姫†演武』において、一番のダメージ源は崩撃コンボではなく、反撃と刺し返しということを覚えておきましょう。

■ファーストアタック
ラウンド開始後に相手より先に攻撃をヒットさせるとボーナスとして計略ゲージが1ゲージ増加します。1ゲージ手に入れることでEX必殺技の無敵を生かして不利な状態から脱出したり、無理に攻めていけるようにもなりますので、必ずファーストアタックを狙っていきましょう。

■先行入力
硬直がとける5F前からボタンを押しっぱなしにすることで、硬直後最速で技が発生します。コマンド技であれば、最後のコマンド方向を入れたままにしてボタンを押しっぱなしにすると良いでしょう。これで起き上がりにEX必殺技を出したり、ヒット、ガード硬直後に最速で反撃を出す事が可能になります。

■崩撃コンボ
『恋姫†演武』で最も特徴的なシステムが「崩撃コンボ」です。「通常技→キャンセル通常技」という連携も一部キャラクターにしか存在しないほどコンボが短いゲームですが、「崩撃」属性技をカウンターヒットさせることで特殊なヒットエフェクトが発生し「崩撃コンボ」を決めるチャンスとなります。崩撃コンボ中は「床バウンド」「壁バウンド」「打ち上げ」の3種類の属性を持つ技を各1回ずつ組み込むことが可能です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


この他にも、「全キャラクター共通崩撃技」「投げ抜け」「アタックレベル」「各種無敵」といった項目が詳細に解説されているので、17日の稼働開始に備えチェックしておき、一歩有利な状態で本作に挑んでみてはいかがでしょうか。

(C) BaseSon / UNKNOWN GAMES
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. 韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

  3. 『トワイライトプリンセス HD』サントラ7月27日発売…CD3枚組で全108曲を収録

  4. 『ポケカ』よもやま─「プレイヤー兼イラストレーターから見える景色ってどんな感じ?」【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る