人生にゲームをプラスするメディア

【女子もゲーム三昧】74回目 久しぶりにWiiザッパーで遊べるぞぉぉ! Wii U『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』をプレイ

「女子もゲーム三昧」担当のみかめです。パーティーゲームにはとんと縁のない筆者ですが、今回はWii Uダウンロードソフト『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』をレビューいたします。

任天堂 Wii U
【女子もゲーム三昧】74回目 久しぶりにWiiザッパーで遊べるぞぉぉ! Wii U『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』をプレイ
  • 【女子もゲーム三昧】74回目 久しぶりにWiiザッパーで遊べるぞぉぉ! Wii U『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』をプレイ
  • 【女子もゲーム三昧】74回目 久しぶりにWiiザッパーで遊べるぞぉぉ! Wii U『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』をプレイ
  • 【女子もゲーム三昧】74回目 久しぶりにWiiザッパーで遊べるぞぉぉ! Wii U『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』をプレイ
  • 【女子もゲーム三昧】74回目 久しぶりにWiiザッパーで遊べるぞぉぉ! Wii U『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』をプレイ
  • 【女子もゲーム三昧】74回目 久しぶりにWiiザッパーで遊べるぞぉぉ! Wii U『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』をプレイ
  • 【女子もゲーム三昧】74回目 久しぶりにWiiザッパーで遊べるぞぉぉ! Wii U『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』をプレイ


「女子もゲーム三昧」担当のみかめです。パーティーゲームにはとんと縁のない筆者ですが、今回はWii Uダウンロードソフト『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』をレビューいたします。「わいわい」「みんなで」と、いかにもなタイトルですが、頑なに独りでプレイします。だってWiiザッパー対応ですよ!今こそ眠っているWiiザッパーを引っ張り出す時ではないでしょうか!?

調べたところ、最後にWiiザッパー対応ゲームが発売されたのは2011年。実に3年ぶりとなります。もちろん本作は Wii U用ソフトなので、Wii U GamePadのみでも遊ぶことが可能です。

■3つのモードから選択!


ゲームは「アドベンチャー」「サバイバル」「サドンデス」の3から選択。「アドベンチャー」がいわゆる「ストーリーモード」になります。「サバイバル」はゲームオーバーになるまでひたすらプレイするモード。「サドンデス」は2プレイからになりますので、今回は割愛いたします(笑)

紙を幾重にも重ねた仕掛け絵本のような世界観。ペーパーモンスターという、まるでペーパークラフトのような敵を撃ち、ステージクリアを目指します。ステージは海や火山など6種類。1ステージごとに目標が設定されており、時間内に達成すればゲームクリアです。ハートのゲージが0になるとゲームオーバーとなります。

■久しぶりのザッパー!


Wiiザッパーを握るのも久しぶり。この感覚…懐かしい。スナイパーの血が騒ぎます。WiiザッパーとWii U GamePadどちらを使用するかはモード選択時に決めることが可能。ステージごとに使い分けられます。最大5人まで登録できるので、多人数でアーケードのガンシューティングをプレイしている気分が味えます。

弾の数は画面下中央に。なくなると「リロード」と表示されます。数字はこれまでのスコアです。

右手は添えるだけ…とはいかないのがシューティング。がっちり脇をしめて、身体の前で固定しながらモンスターを狙い撃ちます。Wiiザッパーを上に向けるとリロード。弾がなくなると照準にリモコンのマークが表示されるのでとてもわかりやすいです。

淡々と敵を撃つのではなく、指定された点数を越える、特定のモンスターのみを撃つなど、その都度お題が出されます。連射するか狙い撃つかを選択しなければならないので、飽きずにプレイすることが可能です。緑色の風船パワーアップ系、逆に赤の風船はマイナス系で、一見単純そうに見えて奥深いプレイが楽しめます。ステージとステージの合間に魚を撃ってボーナスを得たり、ステージ自体がボーナスだったりと、ちょくちょくお楽しみ要素も差し込まれています。一人でも十分楽しいのですが、大勢でやったほうが断然面白いだろうなぁと感じました(笑)

また、「アドベンチャー」モードではノルマを達成すると星を得ることが可能。星100個すべて揃えるという、やり込み要素もあります。

オマケの「ギャラリー」ではペーパーモンスターを3Dで閲覧可能。正直、誰が得するんだろう…と思ったのですが、ペーパークラフト風のモンスターの造形を眺めるのもなかなかオツなものです。モンスターが好きな子供も喜びそう。ちなみにこの世界ではカメは飛ぶものらしく、某飲料を飲まなくても翼が授けられています(笑)

■Wii U GamePadでシューティング!


続いてWii U GamePadでもプレイ。Wii U GamePadを水平にして、上下左右に動かしながら画面の照準をターゲットに合わせ、タッチペンで画面を叩いて発射します。リロードはタッチペンを画面手間に弾けばOK。Wiiザッパーはリロードの際に必ず画面から照準が外れますが、Wii U GamePadは連射の合間にリロードが可能。WiiザッパーのクセでWii U GamePadを立ててしまいそうになりますが、慣れるとこれが非常にラクです。というか、ラクすぎてしまうかも…

■どちらでプレイするかはお好みで

WiiザッパーとWii U GamePadどちらもプレイした結果、アーケードのガンシューティングっぽさを体感したいときはWiiザッパー、もっと気軽にシューティングをプレイしたい時はWii U GamePadと、その用途によって使い分けるのがよさそうです。リロードと照準合わせがポイントになると思うのですが、よりリアルさを求める方は断然Wiiザッパーがオススメです。もちろん、Wii U本体しか持ってない方でも、Wii U GamePadで十分ガンシューティングが楽しめます。

こんな人にオススメ
・Wiiザッパーで遊べる新しいゲームがほしい
・シューティング初心者
・友達や家族と遊べるパーティーゲームがほしい
・残酷表現が苦手だけどガンシューティングで遊びたい
・子供にシューティングゲームで遊ばせたいけど残酷なのはイヤ!

久しぶりのWiiザッパーに、つい時間を忘れてプレイしてしまいました。タイトルからしてまごうことなきパーティーゲームですが、価格のわりに独りでも十分遊べる内容なので、殺伐としたゲームの合間に、息抜がてらプレイしてみてはいかがでしょうか?


Wii U『わいわい!みんなでシューティング クラフトアイランドからの脱出!』はニンテンドーeショップで配信中。価格は1,000 円(税込) です。


■著者紹介
みかめゆきよみ
ゲーム好き、日本史好きの漫画家兼フリーライター。
ゲームはジャンル問わずなんでもござれ。難しければ難しいほど燃えるドMゲーマーです。
歴史・ホラー漫画、歴史コラム、イラストなど雑多に活動しています。
サイト「車輪の真上」
http://zwei.lomo.jp/syarin/

(C)2014 Bigben Interactive
Licensed to and published by Rainy Frog LLC.
Waiwai! is a trademark of Rainy Frog LLC.
《みかめ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』に登場して欲しいモンスターは?ミラボレアス、イビルジョーを抑えたのは“和風”なアイツ

    『モンハンライズ』に登場して欲しいモンスターは?ミラボレアス、イビルジョーを抑えたのは“和風”なアイツ

  2. 『あつまれ どうぶつの森』フータに「さかなクン」が鋭い指摘! 魚知識の豊富さで人気動画が再注目

    『あつまれ どうぶつの森』フータに「さかなクン」が鋭い指摘! 魚知識の豊富さで人気動画が再注目

  3. 『ポケモンユナイト』意外と差が出る「ゴール」の豆知識!土壇場で勝てるシュート技術を身につけよう

    『ポケモンユナイト』意外と差が出る「ゴール」の豆知識!土壇場で勝てるシュート技術を身につけよう

  4. 『ポケモンユナイト』サンダーが倒されたらどうすべき? 正念場で勝利を掴む3つのテクニック

  5. 『ポケモンユナイト』上級者がやってる「だっしゅつボタン」活用術!あらゆる面で大活躍

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. 『ポケモンユナイト』「サーナイト」は異常な火力で敵を倒しまくれる強ポケ! その秘密・魅力・対策を紹介

  8. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  9. 『スプラ2』や『アソビ大全』など任天堂の人気タイトルが最大30%オフ!サマーセール、8月5日から開催

  10. 有毒?無毒?どっちなんだい!『あつまれ どうぶつの森』に登場するミズクラゲって何者?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

アクセスランキングをもっと見る