人生にゲームをプラスするメディア

『ロストディメンション』覚醒者たちの最新映像が到着! 新キャラやギフトの育成要素が明らかに

フリューは、PS3/PS Vitaソフト『ロストディメンション』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
『ロストディメンション』覚醒者たちの最新映像が到着! 新キャラやギフトの育成要素が明らかに
  • 『ロストディメンション』覚醒者たちの最新映像が到着! 新キャラやギフトの育成要素が明らかに
  • 『ロストディメンション』覚醒者たちの最新映像が到着! 新キャラやギフトの育成要素が明らかに
  • 『ロストディメンション』覚醒者たちの最新映像が到着! 新キャラやギフトの育成要素が明らかに
  • マナ
  • 『ロストディメンション』覚醒者たちの最新映像が到着! 新キャラやギフトの育成要素が明らかに
  • 『ロストディメンション』覚醒者たちの最新映像が到着! 新キャラやギフトの育成要素が明らかに
  • 『ロストディメンション』覚醒者たちの最新映像が到着! 新キャラやギフトの育成要素が明らかに
  • マルコ
フリューは、PS3/PS Vitaソフト『ロストディメンション』の最新情報を公開しました。

世界の破滅を望む「ジ・エンド」の野望を阻止すべく、巨大建造物「ピラー」に挑む特務機関「S.E.A.L.E.D.(シールド)」。特殊な能力「ギフト」を駆使する彼らの行く手を遮るのは手強い敵ばかりでなく、階層を進むたびに仲間を「消去」しなければならないという過酷なルールも立ちはだかります。

厳しい状況に置かれながらも戦い抜かなければならない「S.E.A.L.E.D.」のメンバーですが、このたび更なる3名が新たに公開されました。それぞれ戦闘に長けたギフトを有しており、激戦続くピラーでは頼もしい仲間と言えるでしょう。

またギフトに関わる新たなシステムも判明。それぞれのギフトは自由に成長・進化が可能となっており、自分の好みの戦闘スタイルに近づける育成方法も可能となります。製品版の登場に備え、今から各メンバーのギフトを確認し、育成方針の目安を決めておくのもいいかもしれません。

◆新キャラクター


■マナ・カワイ(CV:米澤円さん)
カワイイ物が大好きで、しかも感性が人とズレ気味なためちょっとイタい領域にまで踏み込んでしまっている少女。普段から使っている京都弁も、カワイイからという理由で使っている自己流で、生まれも育ちも池袋。自分に宿るギフトが“肉体強化”なのが気に入っていない様子。

・ギフト能力:アクセラレート(肉体強化)

■マルコ・バルバート(CV:斉藤壮馬さん)
念動力のギフト保有者。幼い頃に遭った事故で奇跡的に唯一の生存者となり、大富豪の家庭に引き取られた経歴を持つ。周囲の大人たちが見せる、自分に対する優しさとは裏腹な、熾烈な駆け引きを見て育ったマルコは人間不信となり、内向的で臆病な性格となった。

・ギフト能力:テレキネシス(念動力)

■ジョージ・ジャックマン(CV:三宅健太さん)
物体に触れることで、以前触れていた者の残留思念読み取れる、サイコメトリ能力の持ち主。アメコミヒーローに憧れたまま成長したような性格で、アメリカ人である自分が人を救うことは当然だと思っている。どこからか手に入れた達人のサムライソードに宿る達人の技で悪と戦う。

・ギフト能力:サイコメトリ(思念解読)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆



YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=JMsV1L7BHWs

また公式サイトでは、このたび明らかになった新キャラクターを担当する声優陣へのインタビューや、メインテーマを手がける浅倉大介氏のメッセージなども公開されています。本作を更に詳しく知りたい方は、そちらも併せてチェックしておきましょう。

『ロストディメンション』は、2014年8月7日発売予定。価格は、PS3のパッケージ版が7,180円(税抜)、ダウンロード版が6,480円(税抜)、PS Vitaのパッケージ版が6,280円(税込)、ダウンロード版が5,780円(税込)です。

(C)FURYU CORPORATION 2014 All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS Storeにて対象作品が最大85%オフとなるセール「Days of Play」開催! 『バイオハザード RE:3』や『仁王2』が登場

    PS Storeにて対象作品が最大85%オフとなるセール「Days of Play」開催! 『バイオハザード RE:3』や『仁王2』が登場

  2. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

    『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  4. PS5ローンチタイトル発表イベントが延期…今はお祝いの時ではない【UPDATE】

  5. 『モンハン:ワールド』もうキャンプ送りはイヤだ! 初心者がモンスターを狩るための10ヶ条【特集】

  6. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  7. 『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

  8. 【総力特集】『ローカルプレイ対応PS4ゲーム』20選―設定方法も解説!

  9. 「PS5での登場に期待する新作ソフトは?」結果発表―最も回答を集めたのは『FF』シリーズ!『アーマードコア』など名作復活を望む声も【アンケート】

  10. 『The Last of Us Part II』で痛々しく描かれる「暴力」が伝えるものとは……共同ディレクターにインタビュー

アクセスランキングをもっと見る