人生にゲームをプラスするメディア

小野義徳氏がカプコンバンクーバーでのディレクター業を退く ― 「次回作については慎重に考えたい」

ゲームビジネス 人材

カプコンの小野義徳氏が、同社バンクーバースタジオでのディレクター業を退いたことが分かりました。これは同氏のTwitterにて投稿されたもので、担当を離れることになった理由や詳しい事情は明らかになっていません。

小野氏は、『Dead Rising』シリーズで知られるカプコンのバンクーバースタジオ、そして同作に関わったスタッフへ感謝の意を同時に伝えています。


その後に続いた投稿では、カプコン社内における自身の役職には変わりがなく、元々担当していたプロジェクトにこれまで通り取り組み続ける旨を強調しています。また、「次回作については時間をかけて慎重に考えたい。その前にサッカーワールドカップを観戦したいところですが」と言ったコメントが見られています。

このTweetに対しては海外ファンから多くの返信が寄せられており、新作『ヴァンパイア』を期待する声や、「小野さんの作るものならなんだって楽しみです!」と言った温かいコメントが集まっているようです。

※UPDATE (2014/6/17 9:30): 記事初出時、「ディレクター業を解任になった」と記述していましたが、事実関係がはっきりしないことを踏まえて表現を一部訂正しました。また、小野氏のその後のツイートを基に情報を加筆しました。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

    Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

  3. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  6. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  7. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  8. エンタテイメント業界の重鎮が語る多様化の時代に求められるコンテンツ像とは? (3)

  9. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る

1