人生にゲームをプラスするメディア

悠木碧さんインタビュー「ブレイドアンドソウル」ジン・ヴァレル役 “外殻は論理で、感情は感覚で”

アジアで絶大な人気を誇る『ブレイドアンドソウル』が日本進出した。さらにアニメ化し4月より放送している。今回主人公・ジン・ヴァレル役を演じる 悠木碧さんにインタビューを決行、本作への想いを伺った。

PCゲーム オンラインゲーム
悠木碧さんインタビュー「ブレイドアンドソウル」ジン・ヴァレル役  “外殻は論理で、感情は感覚で”
  • 悠木碧さんインタビュー「ブレイドアンドソウル」ジン・ヴァレル役  “外殻は論理で、感情は感覚で”
  • 悠木碧さんインタビュー「ブレイドアンドソウル」ジン・ヴァレル役  “外殻は論理で、感情は感覚で”
  • 悠木碧さんインタビュー「ブレイドアンドソウル」ジン・ヴァレル役  “外殻は論理で、感情は感覚で”
「ブレイドアンドソウル」ジン・ヴァレル役
悠木碧さんインタビュー
キャラクターの外殻は論理で、
感情は感覚で演じていく

5月20日にオンラインゲームが日本でサービスを開始し、アジアで絶大な人気を誇る「ブレイドアンドソウル」。4月より放送中している、剱一族の寡黙で美しき剣士・アルカが主役のアニメ版も佳境を迎える。
ゲーム版・アニメ版ともにキーパーソンとなるアルカの宿敵、ジン・ヴァレルを演じる悠木碧さんにとって、この役は「一つの夢が叶った」という、挑戦ともいえる役だった。ジン・ヴァレルへの想いや、アニメ最終話のアフレコを終えた現在の気持ちを聞いてみた。
[取材・構成=川俣綾加]

『ブレイドアンドソウル』(TBSテレビ)
http://www.tbs.co.jp/anime/blade/
『ブレイドアンドソウル』公式サイト(NCsoft)
http://www.ncsoft.jp/bns/

■ 「いつかこんなキャラクターを演じてみたい」が叶ったアニメ

――アニメ!アニメ!(以下、AA)
冷徹で無口なジン・ヴァレルは悠木さんのこれまでのイメージを塗り替えるような役どころでした。この役はどのように決まったのでしょうか。

――悠木碧さん(以下、悠木)
アニメをやるのかオンラインゲームをやるのか、全くわからない状態でオーディションを受けました。この時ジン・ハズキの台本もジン・ヴァレルの台本と一緒に届いて「ジン・ヴァレルの台本は間違って届いたんだろうな」って思っていたんです。
でも間違っていたのはハズキのほうで、本当に驚きました(笑) ジン・ヴァレルに決定したと一報を受けた時も「私、どんなミラクルを起こしちゃったんだろう!?」なんて思うくらい、経験の無いキャラクターだったのでドキドキでした。

――AA
ジン・ヴァレルはアニメではまだまだ謎の多い人物です。悠木さんの考えるジン・ヴァレルはどんな人物ですか?

――悠木
これから色々と明らかになる部分ですが、“可哀想な人”です。もっと本当に冷酷で人間の部分を忘れられていたなら人を殺しても苦しまずに済んだけど、そうではないんです。
アニメでは苦しみを誰も理解してくれないという孤独や葛藤がすごく描かれていて、何よりみんなに「化け物」と呼ばれるのがあまりに可哀想で、悲しくて。もう、「あの子は女の子なんだよ!」と叫びたいです。アフレコでは私だけでもジン・ヴァレルの味方でいたいなと思いながら、いつも演じています。

――AA
ゲームとアニメの両方で演じていますが、演技の違いなどは?

――悠木
ゲームの時はプレイヤーに個性が無い状態でジン・ヴァレルが一方的に話しかけるような状態なので、能動的なキャラクターにしないと彼女が話すきっかけがなくなってしまうんです。「これをプレイヤーに伝えたら悔しがるだろうな」みたいなサディスティックな部分が強いキャラクターとして演じました。

アニメでは色々なキャラクターが起こすアクションに対して、受けの答えが多く、独り言は多いんですがあまり人と会話していないというか。受動的で、他人とは別次元で生きている感じで、ぼんやりしていることが多いんですよね。ゲームよりは寡黙で人形のようなイメージでいます。だからこそ、少ないセリフで彼女の恐さ、冷たさ、人形っぽさを出していこうと頑張りました。


――AA
冷たさや怖さを表現するために工夫したことは?

――悠木
これはあくまで私の考え方ですが、声の演技って、まずはそのキャラクターの呼吸を考えることがスタート地点だと思うんです。元気な子ならいつもハフハフして呼吸が浅くてどたばたしてそうとか、おっとりした子はゆっくりした呼吸で、とか。ジン・ヴァレルは呼吸しない、というのをやってみようと思いました。無呼吸な状態でも生きられるなんて、怖いですよね。吸う音を小さく、まるで息をしていないかのような演技を序盤の軸にして、徐々に彼女の感情の揺れが出てくるとそれに合わせて呼吸も変化させています。戦闘力も高いタイプなのできっとすごく呼吸が深いはず。ゆっくり堂々と、一発の呼吸でひとっ飛びできるくらい。そんな呼吸をイメージしています。

――AA
お話を伺っていて思ったのは、演技に対してすごく論理的に考えるタイプなんですね。

――悠木
最初にキャラクターの外殻、外殻というのは声のトーンや先ほどの呼吸のお話ですね。これを作るときは論理的に考えていくほうがいいと思うんです。一方でキャラクターの感情や心の動きは自分のカンや感覚に頼っています。ジン・ヴァレルは作品の中でもヒントの少ない人物で、彼女が何を考えているか私にもわからない頭が良くて人知を超えた存在なので、そこはカンというか、彼女になったつもりで演じることを重視しました。


――AA
悠木さんが演じたことのないタイプのキャラクターだったと思いますが、そこはいかがだったでしょうか。

――悠木
ジンには本当に勉強させてもらいました。この子は身長が175cmあって私とは体格が全然違うんです。彼女のイメージに合わせた声の波形にするのがすごく難しくて、胸を開いたり、呼吸をさらに深いところまでのせてあげると、ちょうど彼女の体格感になるんだと学ばせてもらいました。私、これまで身長が160cm以上あるキャラクターをやることがあまり無かったので(笑)

――AA
幅を広げてくれたキャラクターということですね。

――悠木
広げてくれました。そして、夢が叶ったと思います。一度でいいからジンみたいなキャラクターを演じてみたくて、でも一生無いかもしれないな、なんて思っていたので。まだジンというキャラクターに足を踏み込んだ状態で、ゲームもまだまだ続いていくので彼女をもっと掘り下げていけたらいいなと思います。アニメは最終回に向かって走っていますが、オンラインゲームでまだまだ世界が広がっていきます。私も精一杯サドに演じています!(笑) アニメから入った方には、ぜひゲームも楽しんでいただきたいです。


――AA
オンラインゲームの「ブレイドアンドソウル」の魅力を教えてください。

――悠木
私視点でいうと、ゲーム版のジンはこれまで演じた史上最もサドです。ゲームはアニメよりもサドです! 「今から悠木と一緒にプレイしようかな」みたいな気持ちで楽しんでいただきたいです。ジン以外にも魅力的なキャラクターがたくさん登場して、何よりMMOの魅力は自分が作ったキャラクターが一番愛おしくなること。ぜひ「俺の考えた最強の美少女」を作って楽しんでいただきたいです(笑)。

――AA
もし、「ブレイドアンドソウル」の世界に入ったら悠木さんはどうしますか?

――悠木
ゲームだと、限りなくジンに近づけたキャラクターを作りたいです。プレイヤー名を自分の名前にしてプレイするのが夢です! アニメなら、カレンさんの旅館で働かせてもらいます。
私、絶対戦えないし、すぐにやられちゃいそうです(笑)カレンさんには「別世界で人と接する仕事をしていました」なんて自己PRをしてみたいです。

――AA
最終話放送に向けて、読者にメッセージをお願いします。

――悠木
ジン・ヴァレルは最終話が本気で、彼女の見せ場となります。これまで1話に吐息しかない、みたいなこともあって、私は現場では「ギャラ泥棒」なんて呼ばれたこともあったんですが(笑)、最後は喉が潰れるんじゃないかというほどしゃべっています。彼女がこれまで何を思ってきたかが明らかとなる、やっと彼女の深くてせつない部分がわかるお話になっていると思います。
彼女と一緒に戦っている気持ちになっているので最終話のアフレコ後は、アドレナリンが出すぎて眠れなくて、同時にせつなくて……そんな風になるくらい心を傾けて演じているので、最後まで見届けていただけると嬉しいです。

――AA
本日は、ありがとうございました!



『ブレイドアンドソウル』(TBSテレビ)
http://www.tbs.co.jp/anime/blade/
『ブレイドアンドソウル』公式サイト(NCsoft)
http://www.ncsoft.jp/bns/
《animeanime》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  3. 暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

    暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

  4. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  5. PC版『龍が如く0 誓いの場所』が日本語対応でSteam配信開始!

  6. このブーム、何事!?まだ間に合う『刀剣乱舞-ONLINE-』講座…その魅力を徹底解説

  7. 余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

  8. 人気爆発バトロワ『荒野行動』PC版が全世界でリリース―スマホ版プレイヤーは2億人突破

  9. 深層Webで謎のホラーゲーム『Sad Satan』が発見される…作者や制作意図は一切不明

アクセスランキングをもっと見る