人生にゲームをプラスするメディア

坂本真綾さんインタビュー前編:劇場版「ペルソナ3」第2章 “変化していくアイギスへの思い”

『PERSONA3 THE MOVIE #2 Midsummer Knight’s Dream』が6月7日(土)より公開となった。アイギス役の坂本真綾さんに、アイギスへの思いやその魅力などを語っていただいた。

その他 アニメ
坂本真綾さん
  • 坂本真綾さん
  • 坂本真綾さんインタビュー前編:劇場版「ペルソナ3」第2章/アイギス役“変化していくアイギスへの思い”
  • 坂本真綾さんインタビュー前編:劇場版「ペルソナ3」第2章/アイギス役“変化していくアイギスへの思い”
2013年11月に全国で上映された『PERSONA3 THE MOVIE #1 Spring Of Birth』から約半年、第2章となる『PERSONA3 THE MOVIE #2 Midsummer Knight’s Dream』がいよいよ公開となる。春から幕を開けた物語は夏へ。この第2章ではついに人気キャラクター・アイギスが登場する。
このたびアニメ!アニメ!ではアイギス役の坂本真綾さんにインタビューを敢行した。アイギスへの思いやその魅力などをご本人に語っていただいた。
[取材・構成: 細川洋平]

『PERSONA3 THE MOVIE』
http://www.P3M.jp

「PERSONA3 THE MOVIE #2 Midsummer Knight’s Dream」
2014年月6月7日(土)より、新宿バルト9・梅田ブルク7 ほかにて 全国ロードショー

■ 理(まこと)という名前が呼び慣れないんです

―アニメ!アニメ!(以下、AA)
劇場作品として制作されることを聞いた時はどんなお気持ちでしたか。

―坂本真綾さん(以下、坂本)
何部作かの劇場作品になると聞いてびっくりしました。ゲーム(*)に初めてアイギスが登場した時からかなりの年月も経っているので、今も人気が続いているんだなと実感しました。続編や別ストーリーではなく、P3のストーリーを改めて映画にするのは、P3のシナリオそのものが魅力的だったからなんだろうなって。
ゲームの収録の時は膨大なセリフ量の台本をひたすら1人で録っていました、大変でしたけど話が面白いからどんどん読めるんです。小説のようにト書きも細かくて、キャラクターの心情の変化も丁寧。今回の映画は、P3のストーリーがすごくしっかり描かれて いた証明になると思います。
*『ペルソナ3』、原作ゲームは『P3』と表記

―AA
ゲームと異なり劇場版では主人公に結城 理(ゆうき・まこと)という名前がつきました。

―坂本
理(まこと)という名前は呼び慣れないですね(笑)。はじめ台本にはふりがながないので全然違う名前で読んでいて、現場に来て初めて「まこと」と読むことを知りました(笑)。
理役の石田さんとはドラマCDからご一緒していたので雰囲気は分かっていましたけど、絵が動くとより新鮮な感じがしました。

―AA
今回シナリオを読んでいく中で新しい発見はありましたか?

―坂本
アイギスと理の出会いのシーンがより印象的なシーンになっており「あ、こんな素敵な出会い方してたんだ」と新鮮でした。

■ 変化していくアイギスへの思い

―AA
ゲームから劇場アニメになるにあたり、坂本さんの中でアイギスへの印象は変化しましたか?

―坂本
P3では(岳羽)ゆかりとか(桐条)美鶴といった、魅力的な女性キャラクターがいっぱいいる中で、アイギスはロボットだし、普通の女の子という雰囲気もありません。もう少し客観的な立ち位置のキャラクターで最後まで行くのかなって思っていたんです。それがどんどん人間ぽく、女の子として普通の感覚を持った、強いけどかわいい女性みたいに変わっていったのがすごくうれしかったですね。『Episode Aegis』(*)でさらに掘り下げていただいた時はびっくりしました。
※『ペルソナ3フェス』に追加されたP3の後日談となるシナリオ

最初ゲームでは無機質でさっぱりと、クールに演じていたんです。けれど、その後、ドラマCDとかではコミカルでポンコツな部分がより膨らまされていって(笑)。今、私の記憶にあるアイギスは結構マヌケなんですよ(笑)。
映画でまたクールに戻しきれるのか、難しいのはそこでしたね。アイギスのどの部分がみんなにとって一番印象的なのだろうと考えました。

―AA
ポンコツな部分というのは、今回の第2章ではまだ出てきませんか?

―坂本
第2章でもちょこっと描かれてますけど、本当はそんなものじゃないんですよね(笑)。かなりとんちんかんです(笑)。抑揚のないアイギスが今後どう変わっていくのか、流れを感じてもらえればと思います。

―AA
坂本さんは、アイギスのキャラクターの人気はどう感じられていますか?

―坂本
続編(『Episode Aegis』)の中で活躍すると聞いた時に、そんなに人気あったんだと気づきました(笑)。それまで誰からもアイギスを特別に誉めてもらったこともなかったし(笑)。
主人公たちの成長を少し俯瞰したところから見守っているようなところがあるので、「メイン」というイメージはなかったんです。だから思いっきりメインで描かれる『Episode Aegis』で、「おお~、そんなに注目されてたのかぁ」と思いました(笑)。

―AA
実際すごく人気があるのに、意外です(笑)。

―坂本
P3の時はちょっとスパイスを効かせるために主人公達の学園生活とは違う部分を持った女の子っていう認識でした。後になり彼女の生い立ちだったり、精神面での葛藤みたいなものもすごく深く描いてもらったおかげで、よりアイギスの事を詳しく知れたし、より好きになりました。
P3でがっちり『アイギス』像を描いていただいたからこそドラマCDとかで遊びつつキャラを膨らますことができたんですよね。

ただ、そういうプロセスを経て、今回のようにまた初心に返るという作業は普通あんまりないんです。当初無心で演じていた部分も含め、いろいろ理解した上でもう一回最初から演じ直すというのは難しいですね。

―AA
その分今回のアイギスが、坂本さんご自身が吸収してきたうえでのものだと思うとたのしみです。

―坂本
でもやっぱり難しいですね(笑)。最初の方がよかったって言われちゃうかも知れない(笑)。あんまり難しく考えすぎないで、と思っています。
それとゲームと違ってみなさんと一緒にアフレコができるのはすごく嬉しいですね。会話のやりとりが面白い作品ですからね。

―AA
アフレコの現場はどんな様子でしたか?

―坂本
映画になって自分が今までやってきたキャラクターを改めて見直すというのはたぶんみなさん同じだと思います。みんな仲もいいしよく知っている人たちですけど、よい意味でみんなすごく緊張感を持っていて、現場がピリッとしています。

後編に続く

坂本真綾さんインタビュー前編:劇場版「ペルソナ3」第2章 “変化していくアイギスへの思い”

《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

    海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

  2. 『メタルギアソリッド』がボードゲーム化!E3 2019でプレイお披露目予定

  3. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  4. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

アクセスランキングをもっと見る