人生にゲームをプラスするメディア

『英雄伝説 閃の軌跡II』リィンの義妹エリゼ参戦、巨大ロボ同士の新バトルシステム「騎神戦」詳細も公開

ソニー PS3

エリゼ
  • エリゼ
  • 『英雄伝説 閃の軌跡II』リィンの義妹エリゼ参戦、巨大ロボ同士の新バトルシステム「騎神戦」詳細も公開
  • 『英雄伝説 閃の軌跡II』リィンの義妹エリゼ参戦、巨大ロボ同士の新バトルシステム「騎神戦」詳細も公開
  • セリーヌ
  • 『英雄伝説 閃の軌跡II』リィンの義妹エリゼ参戦、巨大ロボ同士の新バトルシステム「騎神戦」詳細も公開
  • 『英雄伝説 閃の軌跡II』リィンの義妹エリゼ参戦、巨大ロボ同士の新バトルシステム「騎神戦」詳細も公開
  • 灰の騎神ヴァリマール
  • 機甲兵
日本ファルコムは、PS3/PS Vitaソフト『英雄伝説 閃の軌跡II』の最新情報を公開しました。

『英雄伝説 閃の軌跡II』は、人気ストーリーRPG『英雄伝説』シリーズ最新作。前作『英雄伝説 閃の軌跡』の続編となる本作では、内戦状態となった巨大国家エレボニア帝国を舞台に、若き士官学院生たちの激動の日々が壮大なスケールで描かれていきます。

今回の公式サイト更新では、新たに参戦が決定した主人公リィンの義妹「エリゼ」、多くの謎を秘めた黒猫「セリーヌ」、今作で新たに実装されるバトルシステム「騎神戦」や特殊クラフト「騎神召喚」、その他追加キャストコメントなどが公開されました。

◆キャラクタープロフィール


■エリゼ・シュバルツァー(15歳/使用武器「レイピア」)
CV:後藤沙緒里さん

リィンの義妹にあたるシュバルツァー男爵家の長女。清楚かつ凛とした佇まいの可憐な少女で、同じ「聖アストライア女学院」に通うアルフィン皇女とは親友関係にあります。実の兄ではないリィンに対して単なる兄妹以上の感情を抱いており、“道”を見失っていたリィンを諭すためにたった一人で士官学院を訪れるなど、兄への想いから時折大胆な一面を見せることもありました。内戦が激化する中、《VII組》に対するリィンの想いを感じ取ったエリゼは、兄の進むべき道のため、自ら剣を手に取ることを決意します。

■セリーヌ(Celine)
CV:相沢舞さん

士官学院に入学する際、エマがこっそり連れてきていた黒猫。優美で艶やかな毛並みを持ち、何故か人語を操ることができます。実はエマの「飼い猫」ではなく「お目付け役」だった彼女は、リィンが騎神の起動者(ライザー)としての資格を備えているかを測るため、度々リィンの周囲で彼を試すような行動を取っていました。前作ラストでリィンと共に《灰の騎神》ヴァリマールに乗り込み、激闘を繰り広げるも、《蒼の騎神》に完敗。危機を察知したセリーヌは、リィンの意志に反してヴァリマールに戦場からの離脱を指示してしまいます。

◆用語解説


■《灰の騎神》ヴァリマール
CV:松原大典さん

トールズ士官学院の旧校舎地下に封印されていた人型の有人兵器。暗黒時代の初期に造られたとされており、その美しい工芸品のような騎士の姿は現代の導力兵器や結社《身喰らう蛇》の人形兵器のどちらとも異なるデザインをしています。乗り手である起動者(ライザー)と同調することで、通常の導力兵器を遙かに凌駕する超常的な力を発揮しますが、その能力は未知数で、未だ多くの謎を秘めています。《灰の騎神》以外にも、《蒼の騎神・オルディーネ》など様々なバリエーションが存在するらしいのですが……。

■機甲兵(パンツァーゾルダ)
何者かの設計を受けて、RF(ラインフォルト)社第五開発部が密かに開発していた機動性・汎用性に優れた有人操縦タイプの人形兵器。《蒼の騎神・オルディーネ》などを参考にしており、全高7アージュほどの騎士のような形状をしています。帝都制圧の際、貴族連合の切り札として実践投入された機甲兵は運動性能が劣る正規軍の主力戦車「アハツェン」を圧倒。機甲師団を瞬く間に無力化するなど、目覚ましい戦果をあげるに至りました。

◆巨大ロボ同士が激突!新バトルシステム「騎神戦」


機甲兵(パンツァーゾルダ)など、特定の敵と戦う際は通常戦闘とは異なる「騎神戦」が発生します。

■基本システム
相手が機甲兵の場合、攻撃時に「ヘッド」「アーム」など部位を選択します。弱点部位に攻撃すると、高確率で敵が体勢を崩し、追撃が発生。弱点以外に攻撃すると、ガードされたり、反撃を受けてしまうことも。その他、部位選択が不要な戦技(クラフト)で攻撃することも可能です

≪騎神戦での専用クラフト≫
「残月」………次のターンが来るまで、100%の確率で回避カウンターが発生。

■パートナーシステム
・ヴァリマール本体を操るリィンに加え、サブシステムを操るパートナーを選択することで「EXアーツ」「チャージ」「神気」といった特殊コマンドが使用可能に。

▼「EXアーツ」
ヴァリマールが発動する強力なアーツ攻撃。パートナーとして選択するキャラによって、使用可能なEXアーツが変化。

「鳴神」……パートナーがサラの時のみ使用可能。落雷で攻撃し、数ターン敵の攻撃力・素早さを下げます。
「チャージ」……大地から霊力を吸収することで、EPを回復。
「神気」……EPを消費して、騎神のHP、CPを回復。


◆通常戦闘でヴァリマールが使用可能に!特殊クラフト「騎神召喚」


リィンが習得する特殊クラフト「騎神召喚」を使用することで、「騎神戦」以外の通常戦闘でもヴァリマールで戦うことができるようになります。

「召喚は1戦闘で1回限り」、「召喚時にCPを200消費」といった条件がある反面、並の敵であれば通常攻撃だけで一掃してしまうほど強大な力を発揮。騎神の力を有効に使い、敵とのバトルに挑みましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『英雄伝説 閃の軌跡II』は2014年9月25日発売予定。価格はPS3の通常版が7,800円(税抜)、PS Vita通常版が6,800円(税抜)、PS3限定ドラマCD同梱版が8,800円(税抜)、PS Vita限定ドラマCD同梱版が7,800円(税抜)です。

(C)2014 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. お台場「肉フェス」でプロゲーマーと対戦できる『FIFA 17』エキシビジョンマッチが開催

    お台場「肉フェス」でプロゲーマーと対戦できる『FIFA 17』エキシビジョンマッチが開催

  2. 【特集】今から始める『ダークソウル』シリーズガイド…君はどれから死にに行く?

    【特集】今から始める『ダークソウル』シリーズガイド…君はどれから死にに行く?

  3. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

    【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  4. 『ドラゴンクエストXI』最新PVを公開! 真の勇者の物語を演出する3種の画面に迫る

  5. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  6. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  7. 【特集】『蒼天のイシュガルド』から始める『ファイナルファンタジーXIV』…新米冒険者におくるアドバイス

  8. 日本一インディースピリッツ第4弾『The Sexy Brutale』6月8日配信決定

  9. 『DARK SOULS III』DLC第2弾「THE RINGED CITY」プレイレポ―輪の都で竜に挑み、最果ての砂漠で黄昏れる

  10. 【特集】『ファイナルファンタジーXIV』個性的なNPC20選…“通りすがりのイケメン”から“生首でも愛する狂気の女”まで

アクセスランキングをもっと見る