人生にゲームをプラスするメディア

差別的と批判を受けた『アッー!とホーム黙示録』、大幅に表現修正してリニューアル

モバイル・スマートフォン Android

差別的と批判を受けた『アッー!とホーム黙示録』、大幅に表現修正してリニューアル
  • 差別的と批判を受けた『アッー!とホーム黙示録』、大幅に表現修正してリニューアル
  • 差別的と批判を受けた『アッー!とホーム黙示録』、大幅に表現修正してリニューアル
  • 差別的と批判を受けた『アッー!とホーム黙示録』、大幅に表現修正してリニューアル
  • 差別的と批判を受けた『アッー!とホーム黙示録』、大幅に表現修正してリニューアル
ハッピーゲーマーは、『アッー!とホーム黙示録 ~人狼ゲームやらないか~』を大幅に表現修正したリニューアル作品となる、Androidアプリ『脱出!人狼学園【人狼を学校から追い出そう!】』の配信を、5月21日より開始しました。

様々なローカルルールとともに、世界各地で親しまれている「汝は人狼なりや?」は、村人と、彼らを襲う人狼側に分かれ、相手の正体を探り合う心理戦が問われるトークゲームです。そのゲーム性が大きな評判を呼び、カードゲームにアプリ化と多彩な展開を辿っており、多くのプレイヤーたちが今もなお楽しんでいます。

5月8日に配信が開始されたiOS/Androidアプリ『アッー!とホーム黙示録 ~人狼ゲームやらないか~』も、そんな人狼ゲームの派生作のひとつでしたが、設定面に関しては大きくアレンジを施しており、舞台となるのは村ではなく男子学園。また人狼もゲイであることを匂わせた改変が行われ、ネットスラングも盛り込んだコメディテイストのストーリーとなっていました。

しかしその内容に対し、「悪趣味で極めて差別的」「同性愛差別を助長する」との批判が殺到。ハッピーゲーマーは誤解を招いたことについて公式サイトで謝罪するとともに、アプリの配信を停止し、一部の画像やテキスト、表現などを修正した上で再リリースすると明かしていました。

そして改訂版とも言える、Androidアプリ『脱出!人狼学園【人狼を学校から追い出そう!】』が、5月21日より配信を開始。「人狼に噛みつかれてしまう(「アッー!」される)という事件が発生」との一件に端を発する物語へと変更されています。なお、「本作中の「アッー!」は、人狼に噛み付かれるといった意味合いの造語であり、それ以外の意味を何ら含んでおりません」との注釈も添えられていました。

現在公式サイトでは、ゲームプレイ動画の案内や、本作の概要やシステム、キャラクターなどが公開されています。改訂前には「ノンケ」といった役職もありましたが、本作では「学生」と改められています。現時点ではAndroid版のみの配信となっていますが、iOS版のリリースも予定。公式サイトから事前登録の受付も実施中です。

Androidアプリ『脱出!人狼学園【人狼を学校から追い出そう!】』は、好評配信中。価格は完全無料です。

(C) 2014 ハッピーゲーマー
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』イベントボーナス期間延長!7月28日午前9時まで、伝説ポケモンも出現

    『ポケモンGO』イベントボーナス期間延長!7月28日午前9時まで、伝説ポケモンも出現

  2. 『アイドル事変』数か月の長期メンテを経てサービス終了に

    『アイドル事変』数か月の長期メンテを経てサービス終了に

  3. 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

    『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

  4. 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』の新作モバイルゲーム開発決定、中国・台湾・香港・マカオ向けにリリース

  5. 広井王子新作『ソラとウミのアイダ』発表!舞台は尾道、宇宙漁師育成センターの少女たちを描く

  6. 『アンジュ・ヴィエルジュ』ドラゴンの撃破で、コードΣ14 スラー(CV:赤塚千夏)やオルトリン(CV:藤井ゆきよ)を獲得するチャンス!

  7. 『ポケモンGO』遂に伝説のポケモンが登場!ルギア/ファイヤーなどにみんなで挑め!

  8. 自律型人形兵器を育成する戦略SLG『少女前線』日本サービス決定…モーゼルや一〇〇式が美少女に

  9. スクエニ、『サムライ ライジング』のサービス終了を発表─スタートから約1年で幕引き

  10. 『ポケモンGO』全ジムで“レイドバトル”が開放―レベル20以上のプレイヤーが対象

アクセスランキングをもっと見る