人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ、「妖怪メダル」生産体制の増強を発表 ─ 「妖怪ウォッチ」関連の新商品展開も示唆

バンダイナムコグループは、5月8日に実施した決算説明会の質疑応答にて寄せられた「妖怪ウォッチ」に関する質問に対して、生産体制や新たな商品展開を示唆する返答を行いました。

その他 玩具
「妖怪ウォッチ 妖怪メダル第1章」
  • 「妖怪ウォッチ 妖怪メダル第1章」
  • 3DS『妖怪ウォッチ』パッケージ
バンダイナムコグループは、5月8日に実施した決算説明会の質疑応答にて寄せられた「妖怪ウォッチ」に関する質問に対して、生産体制や新たな商品展開を示唆する返答を行いました。

『DARK SOULS II』120万本(欧米)や『GOD EATER 2』70万本など、コンテンツ部門でのヒット作を順調にリリースしている同社ですが、アニメにゲームにと大人気の「妖怪ウォッチ」関連商品となる「妖怪メダル」の大ヒットも、記憶に新しいことと思います。

この「妖怪ウォッチ」に関連する生産体制に対しての質問が決算説明会で寄せられ、同社は「我々の想定を超える人気となっており、お客様にご迷惑をおかけしております」と述べた上で、フィリピン工場での生産なども行うことで生産体制の増強を図る旨を説明しました。

主力となる「妖怪メダル」は、1月の発売以来3月までに700万枚を販売する一大ヒット商品となりましたが、今後生産体制を整え、6月までの累計生産数が2,500万から3,000万枚に達する予定を発表。これにより、入手しやすくなる環境が整えられることとなるでしょう。

加えて、玩具やカード、プラモデルなどにも今後手と拡げていき、IPの水平展開を図る旨を明かすと同時に、「女児にも人気が高いIPですので、商品ターゲットの拡大も考えたいと思います」と述べました。

また、「妖怪ウォッチ」関連の商品が好評のため、他のIP商品の販売に影響は出ているのかという主旨の質問に対しては、「我々がこれまで展開しきれていなかった小学生男児をメインターゲットにしていることから、足元では大きな影響は出ていません」と答え、コンテンツ同士でぶつかり合う状況は起きていないと語りました。

(C)L5/YWP・TX
(C)2014 NAMCO All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

    『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

  2. セガハード3種がモチーフになった「microSDHCカードセット」10月29日発売!予約受付は本日13日から

    セガハード3種がモチーフになった「microSDHCカードセット」10月29日発売!予約受付は本日13日から

  3. 『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

    『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

  4. メガドラ風カラーを採用した数量限定の『レトロフリーク』が12月下旬に登場!

  5. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  6. ゲームのやりすぎは子供の学力に「少しだけ」影響する―海外研究結果

  7. 「セガサターン体組成計」の再販が開始!メガドライブモデル&ドリームキャストモデルの商品化も決定

  8. 悪い事は言わん…ゲーマーとガノタは「ガンダムビルドダイバーズ」観とけ!【コラム】

  9. 爆乳湯切り!爆乳ピンボール!『閃乱カグラ』新作発表会はやはり爆乳尽くし―セクシーすぎてYouTubeでは配信停止に

  10. 類似ゲームのサバイバル。そしてメガドライブ復活!【オールゲームニッポン】

アクセスランキングをもっと見る