人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が平成26年3月期決算を発表、営業赤字464億に

その他 全般

「平成26年3月期決算短信」スクリーンショット
  • 「平成26年3月期決算短信」スクリーンショット
任天堂は、平成26年3月期決算を発表しました。

売上高5717億2600万円(前年同期比 10.0%減)、営業利益464億2500万円の赤字、経常利益60億8600万円の赤字(前年同期比 41.9%減)、純利益232億2200万円の赤字となりました。

平成26年1月17日に発表された平成26年3月期通期連結業績予想と差異があり、予想の売上高5900億円には届いていません。差異が生じた理由は、ニンテンドー3DSハードウェア及び、Wii Uハードウェア、Wii Uソフトウェアが想定した販売数に至らなかったことで、売上高が想定を下回ったとしています。

当期のニンテンドー3DS(3DS LL/3DS/2DS)は、昨年10月に全世界で同時発売された『ポケットモンスター X・Y』が1,226万本の販売を記録、日本では前期に、欧米では昨年6月に発売された『とびだせ どうぶつの森』は全世界で380万本(累計766万本)を販売しています。また、自社の有力タイトル『ルイージマンション2』『ゼルダの伝説神々のトライフォース2』『マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー』も、それぞれ200万本以上販売。さらに、サードパーティーのタイトルからもヒット作が生まれて、販売数量はハードウェアが1,224万台、ソフトウェアが6,789万本となっています。

Wii Uでは、自社有力タイトル『スーパーマリオ 3Dワールド』『New スーパーマリオブラザーズ U』『New スーパールイージ U』など、5本がミリオンセラーとなりました。しかし、ハードウェアは272万台、ソフトウェアは1,886万本と、Wii Uビジネス全体は総じて低調な推移となっています。この他、ニンテンドーDS(DSi LL/DSi/DS Lite/DS)の販売数量は、ハードウェアが13万台、ソフトウェアが1,029万本、Wiiの販売数量はハードウェアが122万台、ソフトウェアが2,616万本となっています。

次期の見通しとして、任天堂はニンテンドー3DS『マリオゴルフ ワールドツアー』を全世界で5月に発売、欧米で、Miiの気ままな生活を見守るソフト『トモダチコレクション 新生活』を6月に発売するとしています。また、『大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS』を全世界で夏に発売するほか、継続して有力タイトルを発売するとのこと。Wii Uについては、全世界で5月に『マリオカート8』、今年冬に『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』を発売。プラットフォーム活性化のための取り組みを重点的に行うとしています。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

    【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  2. たつき監督、アニメ「けものフレンズ」から離れることを明らかに―ファンからは離脱を嘆く声

    たつき監督、アニメ「けものフレンズ」から離れることを明らかに―ファンからは離脱を嘆く声

  3. 【TGS2017】コスプレブースを彩ったコスプレイヤーたちを写真100枚でお届け!

    【TGS2017】コスプレブースを彩ったコスプレイヤーたちを写真100枚でお届け!

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 【昨日のまとめ】たつき監督がアニメ「けものフレンズ」から離れる、『D×2 真・女神転生 リベレーション』インタビュー、スイッチ/PS4『LOST SPHEAR』体験版が配信…など(9/25)

  7. 【TGS2017】華やかなコンパニオンとコスプレイヤーがステージに次々と登場!コンゾンジャパンブースフォトレポート

  8. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  9. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  10. 【特集】タイトル名だけでゲーム内容を想像したら大変な事になった!

アクセスランキングをもっと見る