人生にゲームをプラスするメディア

謎深まるゲイムギョウカイ、今度の『ネプテューヌ』は何かが違う ― 新PV「ゼロ次元編」公開

その他 全般

謎深まるゲイムギョウカイ、今度の『ネプテューヌ』は何かが違う ― 新PV「ゼロ次元編」公開
  • 謎深まるゲイムギョウカイ、今度の『ネプテューヌ』は何かが違う ― 新PV「ゼロ次元編」公開
  • 謎深まるゲイムギョウカイ、今度の『ネプテューヌ』は何かが違う ― 新PV「ゼロ次元編」公開
コンパイルハートは、『新次元ゲイム ネプテューヌVII』の最新PV「ゼロ次元編」を公開しました。

RPGとして始まった『ネプテューヌ』シリーズは、そのメインシリーズのリリースやリメイクに加え、スピンアウト的な他ジャンルへの展開も意欲的に行っており、同社が誇る看板タイトルのひとつへと成長しました。

そのシリーズ最新作となる『新次元ゲイム ネプテューヌVII』が今月発表され、キャラクターデザインはお馴染みつなこ氏、そして制作もネプテューヌチームが担当することが明かされ、シリーズファンにとっての朗報が明かされました。

ですが具体的な詳細はまだ判明しておらず、上記の情報以外は「据置ハードでリリースされる」という点が確定しているだけで、あとは謎めいたPVが発表されたのみとなっていました。ですがこのたび、新たなティザーPV「PVゼロ次元編」が公開となり、気になるキーワードや見逃せない情報が断片的ながらも露わとなりました。

PVの最初に映し出されたものは、本作のロゴと「VII(ビクトリーツー)の“3つの次元、3つの物語”」という一文。そして、どこか退廃的なものを連想させるイメージ映像と共に、新キャラクターと思われる「天王星うずめ」が登場。赤毛と大きなメガホンが印象的な美少女です。

その後、「生き残る」「標本マニア」「ねぷのーと」「裂ける空」といったキーワードの数々と、どこか大人びているように見えるネプテューヌがカットイン。「あなたも名前にネプってつくなんて奇遇だね」や「せっかくデガブツとタイマン張れるチャンスなんだぞ!」といった台詞が飛び交い、謎と緊張感に彩られた映像は、「ゼロだって変えてみせる。今度こそ最後の戦いなんだ」との言葉で締めくくられます。

そして、ある意味もっとも謎めいたタイトルロゴが最後に登場します。このPVのタイトルは、前述したように『新次元ゲイム ネプテューヌVII』の「PVゼロ次元編」。なのに映像のラストを飾ったのは、『零次元ゲイム ネプテューヌZ 崖っ淵女神のラグナロク』というロゴでした。

果たしてこのロゴは、何を意味するのでしょうか。「“3つの次元、3つの物語”」との言葉は、3連作となるシリーズを表すものなのか。もしくは、『零次元ゲイム ネプテューヌZ』を含めた3作品が『VII』に収録されるのか。それとも、これらの推測とはまったく異なる意味を持つのでしょうか。新たな続報が届くたびに、その謎が深まっていく『新次元ゲイム ネプテューヌVII』。今は、更なる新情報を待ちましょう。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=mkQYEi_uI4M

『新次元ゲイム ネプテューヌVII』は、2014年発売予定。機種・価格ともに未定です。

(C)2014 IDEA FACTORY / COMPILE HEART
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

    「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

  2. 「セガサターン体組成計」発売するも即品切れ状態に―セガの中の人も購入できず

    「セガサターン体組成計」発売するも即品切れ状態に―セガの中の人も購入できず

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.3.0の注目ブキ10選、iOS/Android『PUBG MOBILE』5月中旬より配信、『アズレン』高難易度クエスト攻略のススメ…など(4/25)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.3.0の注目ブキ10選、iOS/Android『PUBG MOBILE』5月中旬より配信、『アズレン』高難易度クエスト攻略のススメ…など(4/25)

  4. カプコン、コーエーテクモから提訴されていた審決取消訴訟に勝訴

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 「レディ・プレイヤー1」は映画というポップカルチャーを体現した作品だった―CGの向こう側に見えるオタクたちの「オアシス」【レビュー】

  10. 12年ぶり完全新作「ゾイドワイルド」発表!2018年6月より展開、スイッチでのゲーム化も予定

アクセスランキングをもっと見る